南天荘画廊 breaktime@

アクセスカウンタ

zoom RSS ぬいやすこ★仁摩サンドミュージアム(素敵な出会い)

<<   作成日時 : 2017/06/04 11:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日、夫と島根県の石見銀山近くの温泉津(ゆのつ)温泉に車で出かけました。

まもなく温泉津温泉に到着というときに、「仁摩サンドミュージアム」を発見。
ワクワクドキドキ。我を忘れて一目散に向かいました。

話はぬいの退職前にさかのぼります。1年生数学の教科書に1ページまるごと、仁摩サンドミュージアムの巨大砂時計の写真が載っていました。確か比例の所だったと思います。
「ちょうど1年かかって砂が下に落ちるらしいねえ。すごいねえ」などと生徒たちに説明したことを思い出します。
以来、何度も夏休みにその砂時計を見に行きたいと思ったのですが、あまりにも遠いのであきらめていました。
この度そういう思い出のある場所に行くことができ、感激しました。

さて、これが砂時計の実物大の模型です。
画像


砂時計の高さは5.2m、直径は1m、入っている砂(琴ケ浜の鳴き砂)の重さは1トンで、砂時計としては世界一の大きさで、ギネスにも載っているそうです。
真下から見上げるとこんな感じです。
画像



毎年大みそかになると、年女や年男合わせて108人によって、砂時計を180度回転させ、新年から新しく砂を落とし始めるそうです。

ぬいは、係りの方に「実は、以前教科書で・・・。ぜひ1度来てみたかった」との話をすると、とても喜ばれ次々と職員の方を連れてきてくださり、そのため何回も同じ話をしました(笑い)。
そして、ついに代表の方との記念撮影となりました。
画像


帰りにはオリジナルのメモ帳も頂き、ミュージアムの方々のあたたかいもてなしに感謝しながら、目的地の温泉津温泉に向かいました。


@1年をかけて落ちていく砂時計ってすごいですね。自分の気持ちによって時は早く流れたり、また、その逆であったりするのに 実は淡々と砂の落ちるように時は刻んでいるのに・・・。素敵な場所をご紹介いただきました。ありがとうございます。
6月10日は時の記念日ですね。母の誕生日でもあり、おかげさまで元気にきょうは女学校の同窓会へ出かけていきました。感謝!@

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ぬいやすこ★仁摩サンドミュージアム(素敵な出会い) 南天荘画廊 breaktime@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる