南天荘画廊 breaktime@

アクセスカウンタ

zoom RSS 口丸弘子絵織物展アーカイブ

<<   作成日時 : 2017/06/25 20:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6月21日に最終日となった口丸弘子絵織物展。
フェイスブックよりプログをみてくださる皆様にもご紹介します。
画像

2017新作『水辺にて』
画像

同じく『水辺の風景』

画像

初日、素敵なお着物で登場の口丸さん。
お着物の色が作品ともぴったりです。

画像

2日目、遠くは関東、四国からファミリーが集合されスペシャルタイム。
口丸さんの作品にご自身やお孫さん、お父様の思い出を織られていますが、このあったかい空気感が作品につながっているのだなぁと感じました。お孫さんがモデルになってる作品を見て、とても嬉しそうな様子、素敵なおばあちゃんうらやましいですね。

さて、5月20日、口丸さんの絵織物の先生でもあり、私にとっても中学からの同級生だった友人が旅立ちました。早速彼女を作品にして、特別コーナーに展示しました。たずねて来られたお客様が、ここで彼女のことを知り、思い出話をしてくださいました。まだまだ、したいことがいっぱいあったと思うけれど、これまでにも多くの作家に慕われ、かっこよく人気者の彼女。残念で哀しいけど同級生の誇りです。

画像

机の先は先ほどのファミリーコーナーですがたびの風景もたくさん作品にされています。仲良しお姉様と北欧旅行にいらしてその思い出の作品が娘さんの手で立派な本になっています。写真も編集もプロ仕様。お客様も、見入っておられました。
実は世界のあちらこちらいらしてるんですね。
お父様が海を渡ってお仕事をされていた血かな。

画像

船でお迎えし、ちょうど会場をでるところに展示した作品のタイトルは『また、あした』
というわけでまた次回お楽しみに。

口丸さん、充実した時間をありがとうございました。
最終日、私もひとつ大人になりました(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

口丸弘子絵織物展アーカイブ 南天荘画廊 breaktime@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる