南天荘画廊 breaktime@

アクセスカウンタ

zoom RSS ぬいやすこ★「門司港レトロ 日帰り旅」@

<<   作成日時 : 2017/11/30 07:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

新幹線小倉から普通電車に乗り換え10分余りで門司港着です。そこは門司港レトロとして人気があり、ぬいもかねてから「ぜひ1度行ってみたい」と思っていました。重要建造物に目がないですからネ。



一人旅の不安もなくはないですが、駅周辺に見どころが集まっているそうなので、気軽にまわれるかなあと思いました。

11月28日。いざ出発進行!



★いきなりハプニング

新神戸から新幹線に乗りくつろいでいた時、何気なく見たテロップで小倉から門司港行きの電車が人身事故のため運休ということを知りました。

この瞬間、気分は急降下。通りがかった車掌さんに「どうしたらいいですか」と尋ねると、「復旧のめどはついていません。もしかしたら新下関で降りていただくほうがいいかも。できるだけ新しい情報はお知らせしますので少々お待ち下さい」とのこと。



その後、友人が関門トンネルを歩いて渡ったという話を思い出し、その友人に詳しく聞こうかと、友人に電話をかけ始め「090」まで押したところで、さっきの車掌さんが現れ

「開通しました。かなり遅れていますが・・・」と教えてくれて安堵しました。

そのまま不通だったら、ぬいはどうしていたでしょうねえ。



小倉駅ではあわてていて、間違って駅の外に出てしまいました。「乗車券や〜い」と思ってももう出てきません。で、小倉から門司港までの切符を買い直し、再び駅構内に入り直しました。この日鹿児島本線の他の場所でも人身事故があったらしく、駅の構内は乗客でごった返し、駅員さんも走り回っていました。

苦労の末、やっと門司港駅に到着しました。



★歴史ある門司港駅(重要文化財)

残念ながら、駅舎は7年の歳月をかけて復旧工事中でした。門司港駅(当時は門司駅)は東京駅と同じ年明治24年にできたそうです。2019年に完成したらこんなすてきな元の姿になるそうです。(これは絵です)



画像




駅のホームに降り立って、今までに見た駅とはかなり違う趣に驚きました。

門司港駅は九州で最初にできた駅(九州鉄道の起点)だそうです。

歴史の重みを感じて、なんかとてもいい感じでした。

あたたかくてお天気も良く、幸先の良いスタートになりそうな予感がしました。

                               (続きます)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ぬいやすこ★「門司港レトロ 日帰り旅」@ 南天荘画廊 breaktime@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる