南天荘画廊 breaktime@

アクセスカウンタ

zoom RSS ぬいやすこ★岩井温泉 おぐら湯へ

<<   作成日時 : 2017/11/17 10:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前回、岩井温泉へ行ったのは、ブログの記録によると5年前の夏です。

あの時は7人の女子旅で、泊まった岩井屋は老舗旅館でとてもいいお宿でした。当時のことを懐かしみながら、今回は夫と岩井屋に泊まりました。

夫は車の運転の疲れもあってか、宿に着くとのんびり温泉三昧でした。なので、やむをえずというかこれ幸いというか、私一人ではじけました。

まずは、雨の中、5年前に買った「木彫りの十二支」のお店「おぐら屋」へ一目散です。
前回女将さん(80代の方)と親しくお話しをさせてもらったので、再会が楽しみでした。
いろいろお話しすると思い出してくださり、神戸の話で盛り上がりました。

勝手なお願いで、お店の前で写真に収まって頂きました。

画像


私も撮ってもらいました。嬉しそうでしょう!(手に持っているのは、おぐらやの大きな干支・・・何の干支やったかなあ・・・で、9千円のものです。
もちろん、持たせてもらっただけで、高いのでよう買いません)

画像


そうそう、今回も干支の戌を買いました(これは千円のものです)。来年は戌年だし、私も年女ですからね。

画像


まだ、今も現役で鳥取の伝統工芸士として頑張っておられる女将さんに、「お元気でいてくださいね」と堅く握手をしました。

さて、その後は岩井屋でパスポートを買い、雨の中隣接する「明石屋」と「花井旅館」の湯めぐりをしました。午後4時までとなっているのが、4時まわっても入れてもらえました。ちょっと申し訳ない気持ちもあり、ささっと入ることそれぞれ約10分程度。宿の方が「もういいんですか」と驚くほどの早業でした。

「そんなに急いでどうする?」ってとこなんですが、岩井屋以外の2つの旅館もウオッチングしてみたかったからです。なので満足できました。

翌日は、和菓子屋、地酒を求めて酒屋、それにあこがれの岩井窯などへちょこちょこっと行き、そうそう、おぐら屋にもお別れのあいさつに行き、帰路に着きました。(終わり)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ぬいやすこ★岩井温泉 おぐら湯へ 南天荘画廊 breaktime@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる