南天荘画廊 breaktime@

アクセスカウンタ

zoom RSS ぬいやすこ★大垣「枡本舗/衣斐(いび)量器」を訪ねて(最終)

<<   作成日時 : 2018/07/14 18:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

枡本舗(衣斐量器)は明治23年創業で、枡の全国シェア80%を誇る大垣の中でも、最古の老舗です。名のごとく、枡はもともとお米を図る計量としての役割がありました。


友人に1合枡をプレゼントしましたが、彼女は「1合がきちんと測れる!」と喜んでいました。私もお米を図るのに1合枡と5勺枡を活用しています。

前回のブログで紹介したように、工場のいろんな工程をつぶさに拝見し、職人の方がたがそれぞれの役割と真摯に向き合っておられる姿に触れ、感動しました。機械に頼らず手作業の工程が多く、また出来上がりも素晴らしかったです。まさに伝統の美です。
今まで以上にマスマス、枡の(枡本舗の)ファンになりました。

近々息子さん一家に会いにオーストラリアに行く友人がいます。彼女はその時に1合枡を持って行くと言っています。外国の人にも喜ばれるといいなと思います。

さて、大垣は今年市制100周年ということで、盛り上がっています。そして、名前のご縁から、日本テレビアナウンサーの桝 太一さんが、「大垣ます大使」を務めているそうです。
ぬいは思います。「桝さんには負けないゾ〜」ってね。
これから手土産は枡に決めました!

さて、我が家では今1升枡に、このようにお菓子を入れて楽しんでいます。檜の香りもして癒されます。
画像


それにしても、私が枡にこのようにハマるようになったのは、何年か前に友人から御土産にもらった1合枡がきっかけでした。
友人の「ぬいさんなら、活用してくれるのでは」との一言で(鶴の一声?)で、「あれやこれや」と考えるようになったんです。いわば友人がぬいの「マス人生」の生みの親ですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ぬいやすこ★大垣「枡本舗/衣斐(いび)量器」を訪ねて(最終) 南天荘画廊 breaktime@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる