南天荘画廊 breaktime@

アクセスカウンタ

zoom RSS 1129里みちこFUKUの日の詩がたりの会

<<   作成日時 : 2018/11/30 17:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年最後の詩がたりの会です。

画像

茅ヶ崎ヒーリングスペースでの充実した”いのちの四季展”を終えられてのきょうの詩がたりの会。

少ない人数でしたが、茅ヶ崎のMさんへの手紙をもとに里さんに詩がたりをしていただき、茅ヶ崎での感動も共に伝わってくる時間を過ごさせていただきました。
画像


終の場所かもしれなかったそこでのタンポポとの出会いが
もう一度生まれ変わることとなった、REBORN。

その時から次々とつながる出会いが茅ヶ崎で集まったのですね。
命・笑・学び・愛・光 みんなLが頭文字。
里さんの語りの中で教えていただきました。
お会いしたことのないMさんの笑顔を勝手に想像しています。



子どもたちの展覧会のよだかの星の名残で壁にはまだ額装された絵が飾られていた会場。
里さんの話とよだかがなりかたった小さな光が私のなかでは密かにリンクしていました。
おまけに里さんから黄色い星のプレゼント。
阪神電車の粋なはからいでした。



2019年2月14日14:00〜、先の茅ヶ崎ヒーリングスペースで里さんの詩がたりが行われるそうです。





月別リンク

1129里みちこFUKUの日の詩がたりの会 南天荘画廊 breaktime@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる