ぬいやすこ★「私がテレビに⁉️」

1月26日のお昼に友人から、「さっきテレビににあなたが出てたわよ」と電話がありました。

そうでした。1月17日に三宮センター街で震災関連の絵を見ていた時に、N HKの取材を受けたのでした。センター街の通りの真ん中にあったこんなのです。

S__9723907.jpg
S__9723910.jpg
S__9723912.jpg
S__9723911.jpg

こちらは前回のブログでも紹介しました。
S__9723909.jpg
これらの作品を見た感想を聞かれて、「震災直後の絵と現在のが対比するように描かれていて、感動しました。素晴らしい企画だと思います」
というようなコメントをしたと思います。
とはいうものの放映されることはなくちょっとほっとしていた感想でブログは締めくくったのです。

それが一変。

ともかく不思議なものです。実際には見ていないのに、テレビに出たとあって大興奮‼️

教会でお昼におにぎりを2個食べた後だというのに、近くの水道筋商店街で、はじけてしまいました。

①タコ焼き10個食べ、
②ケーキセットを食べ、
祝杯と称して
③3枚2000円のセーターを3枚買い、

意気揚々と帰路に着いたのでした。

@見たかったなあ、残念!@

ぬいやすこ★「あれから25年」

震災メモリアルの学校の玄関の飾りは、希望の灯りのランタンと、震災で亡くなられた7人の在校生に手向ける7本のローソク入りガラスのコップ。他には献花の花束ととマスに浮かべた菊の花。
S__9691139.jpg

17日には東遊園地で、係の方にいただいた菊の花びらを、水に浮かべました。
S__9691141.jpg

21日には、学校のマスに入れた花をこのようにまとめてみました。
S__9691143.jpg

17日には、三宮のセンター街で、震災関係の絵の展示をみました。
S__9691147.jpg
S__9691145.jpg
この時、NHKから取材を受け、なんやかやと絵の感想を言いました。
放映されずに、心底ほっとしました。なぜって、感想が軽すぎるからです。


@今年も祈りの日がやってきましたね@



白の会 初日

参加者の皆様のおかげで 無事に白の会、初日を迎えました。感謝です。

なんだかバタバタして写真を一枚も撮れず今となりました。

さて、きょうは成人の日。
新成人の皆さんおめでとうございます。

きょうの最後のお客様が教えてくださいました。
「二十歳の原点」
若い日の記憶に残った一冊です。
今、その作家高野悦子さんのもとを訪ねる漫画本があるそうです。
そこで、タイムスリップした現代の若者と悦子さんが
「いかに生きるか」を対話する本のようです。

これからを描いていく
若者たちに乾杯!

展覧会のご案内「白の会」

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

新年初の文字通り
First Exhibition
「白の会チャリティ展」のご案内です
1月13日(月)~18日(土)
会期中お休みはありません。
11:00~18:00 最終日は16:00まで

《出品作家》
青木 信男
石濱扶美子
ウロ 四宮
大岩 光江
川北 俊治
川本 治
口丸 弘子
児玉 悠杏
高木 清
佐々木節子
直井 満子
竹永貴美子
中瀬 邦一
仲野 清子
南熊 山人
増田 初美
山内 修身
吉崎 幹雄
吉田 正彦
和田 英利

田中 邦彦

南天荘画廊


令和と元号も新たに新しい年を迎えました。
”誰かのために”の主旨に集まった作家たちの展覧会が恒例になりました
震災前に始まり
震災時は展覧会の真っ最中
画廊も全壊 
その2年後、南天荘画廊としてREBORN再開し
白の会は今も続いています

あまりにも次々と続く自然災害
チャリティという言葉が遠慮がちになるほど無力に思うこともありますが
心がおだやかになればいいなと
続けていきます

ご参加いただいた皆様に深く感謝しています
ぜひ、ご高覧いただきますよう
よろしく願いいたします

初ぬいやすこブログ★「ぬいの、手ぬい」

明けましておめでとう🌅ございます。

倉敷旅行で買ったデニムのはぎれを使って、年末にポシェットを3個作りました。

大掃除もおせち作りも頑張らず、ひたすら…。
そしてついにお正月に、息子たちのお嫁さんに渡すことが出来ました。(1個は自分用)

S__9617422.jpg


製作にあたっては、苦労もありました。
何せミシンが苦手で、手縫いオンリーの私だけど、いつだって縫ったところがよくほどけてくるんです。
そのことで、友人にも笑われています。

玉結びに問題があるのか、他にも原因があるのか…。
でも、人にプレゼントするとなるとしてそんな呑気なことは言ってられません。

なので、ほどけないように同じところを何回も縫ったり、間違えた所は最初からやり直したり…。いつもの自分には考えられないことをしました。

そうやってやっと完成しただけにとてもいとおしく、「ほどけんとってや」と糸に願いをかけつつ、ポシェットを送り出しました(笑)。

なんだかんだ言って、針を持つ時間は至福のひと時でした。

★新年第一号のブログはぬいさんに助けてもらいました。タイトル「ぬいの手ぬい」はぬいぬいかぶりかな?さすが!今年もよろしくお願いします@★