展覧会のご案内「白の会」

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

新年初の文字通り
First Exhibition
「白の会チャリティ展」のご案内です
1月13日(月)~18日(土)
会期中お休みはありません。
11:00~18:00 最終日は16:00まで

《出品作家》
青木 信男
石濱扶美子
ウロ 四宮
大岩 光江
川北 俊治
川本 治
口丸 弘子
児玉 悠杏
高木 清
佐々木節子
直井 満子
竹永貴美子
中瀬 邦一
仲野 清子
南熊 山人
増田 初美
山内 修身
吉崎 幹雄
吉田 正彦
和田 英利

田中 邦彦

南天荘画廊


令和と元号も新たに新しい年を迎えました。
”誰かのために”の主旨に集まった作家たちの展覧会が恒例になりました
震災前に始まり
震災時は展覧会の真っ最中
画廊も全壊 
その2年後、南天荘画廊としてREBORN再開し
白の会は今も続いています

あまりにも次々と続く自然災害
チャリティという言葉が遠慮がちになるほど無力に思うこともありますが
心がおだやかになればいいなと
続けていきます

ご参加いただいた皆様に深く感謝しています
ぜひ、ご高覧いただきますよう
よろしく願いいたします

初ぬいやすこブログ★「ぬいの、手ぬい」

明けましておめでとう🌅ございます。

倉敷旅行で買ったデニムのはぎれを使って、年末にポシェットを3個作りました。

大掃除もおせち作りも頑張らず、ひたすら…。
そしてついにお正月に、息子たちのお嫁さんに渡すことが出来ました。(1個は自分用)

S__9617422.jpg


製作にあたっては、苦労もありました。
何せミシンが苦手で、手縫いオンリーの私だけど、いつだって縫ったところがよくほどけてくるんです。
そのことで、友人にも笑われています。

玉結びに問題があるのか、他にも原因があるのか…。
でも、人にプレゼントするとなるとしてそんな呑気なことは言ってられません。

なので、ほどけないように同じところを何回も縫ったり、間違えた所は最初からやり直したり…。いつもの自分には考えられないことをしました。

そうやってやっと完成しただけにとてもいとおしく、「ほどけんとってや」と糸に願いをかけつつ、ポシェットを送り出しました(笑)。

なんだかんだ言って、針を持つ時間は至福のひと時でした。

★新年第一号のブログはぬいさんに助けてもらいました。タイトル「ぬいの手ぬい」はぬいぬいかぶりかな?さすが!今年もよろしくお願いします@★