中尾あむ製本ワークショップ第3回

今回で3回目となった中尾あむ先生のワークショップ。
お題は「ハガキサイズの爪付箱」

87326938_2374885162613478_8378865102912225280_n.jpg
早速できあがった作品のお披露目。

87649665_2374885169280144_6443582380119687168_n.jpg

同じ形でも選んだ布によって完成の雰囲気が変わります。
3回目にして時間のかかりそうなお題をお願いしてしまいましたが、時間内に終わるように先生がご準備くださって皆さん余裕の完成。

箱って中に何が入るだろうなあっていうワクワクがたまらない。
中身があればって合理的で過剰包装はもったいないとかいう考えもありますが、素敵な箱はとっておきたいし、ましてや自分でつくったなんてことになればばおさらです。グラシン紙にはさんでお気に入りの版画をいれる。昔はそんなコレクションもありました。

はい、グラシン紙も好きなのです。

蓋の部分の綿入れや、象牙の爪付とか
箱もお宝!


次回は4月26日(日)14:00開始
小さなアクセサリー本の予定です。







この記事へのコメント