祝 3月17日

S__16982035.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大をふせぐために神戸市も公立校が15日までの休校が開けて10日に予定されていた卒業式が17日に延期になった。政府からのお達しで引き続き休校体制になるも、卒業式は3つのコロナウイルス対策に基づいて行なえることが学校に伝わった。
毎年、縁あって娘の卒業した学校に出席させてもらっているのだけれど、今年の卒業式は色々違った。それでも、胸にコサージュをつけ、卒業証書を持ち、花道をゆく卒業生の姿はなんら変わりなく少し照れながらも凛としている。形にこだわるのではないけれど、卒業式ができてよかった。先生方の精一杯の想いが伝わってくるあったかい卒業式で地域のおばさんも胸があつくなった。保護者として従来の卒業式のように壇上で証書をもらうわが子の姿を見届けられないのは寂しいかもしれないけれど、晴れた運動場で迎えるわが子の姿もこんなときだからなおさら頼もしく思うかもしれない。
限られた時間におきまりのサプライズで先生の想いに応えた生徒たちもあっぱれだと思う。

卒業おめでとう!まだまだこれからが長い。第一波のりきって次につなげて!

24日、次は小学校の卒業式。また、青空の下で迎えられますように。

誰も悪くない。おびえることなく早く普通の生活にもどって、みんなが身も心も元気でいれますように祈るばかりです。
きょうは、お墓参りにもいけたので手をあわせてきました。

この記事へのコメント