南天荘画廊 4月25日発信

しばらくご無沙汰していました。
画廊は川道政子さんの展覧会の状態で素晴らしい刺繍作品と可愛い人形たちと過ごしています。
残念ながら展覧会は正式にはお入りいただくことが出来ない、いわゆる無観客?状態ですが、少しめどが立ちましたらご案内させていただきます。時折通りすがりのお散歩中の方がガラス越しに覗いてくださっているようです。
S__18014257.jpg
《作品はマリーゴールドを持つ少女》



まず、きっと多くの方が心配されていると思うのでゲストブロガーのぬいさんのその後です。

これはブログではありませんとのことなのでそのままの記載はしませんが、4月7日に退院されました。これからリハビリが3か月から4か月かかるとお医者様から言われているそうです。でも、前向きにモチベーションをあげて、リハビリを頑張ると、それより早く治るとのこと。

なので私はきっと2か月くらいで治るのではないかと思ってます。

頑張ってくださいね!



さて、里さんのホームページにアップした詩はがきの紹介です。
satomichikomatsu.jpg

今回の”ステイホーム”という緊急事態宣言の主たる目標。
なかなか、簡単なようで難儀なこと。
また、家にいたくても医療関係者はじめ生活に欠かせない仕事を黙々とこなしてくださっている方々のことを思うと、仕事したくてもしない方が、命を守るために役に立つなら我慢しようと思わざるを得ません。

買い物も運動も周りにとって受ける側としてでなく、もしかしたらの与える側としての意識も、もっていなきゃいけないのだと身を引き締めます。

先の里さんの詩はがきの中で
ー時の訪れを希望の家で待つー
とありますが心に沁みます

希望の家…
みんなそれぞれ解釈は違いますが 
今日までの普通の幸せにどこか大事なことを忘れて
追われていたかもしれません

里さんが紹介してくださった岩波新書HP「B面の岩波新書」に掲載された文章です。

著者の許諾を得てPDFにもアップされています。多くの人に読んでほしいとのことでした。

藤原辰史:パンデミックを生きる指針ー歴史研究のアプローチ
概要は
1、起こりうる事態を冷徹に考える
2、国に希望を託せるか
3、家庭に希望は託せるか
4、スペイン風邪と新型コロナウイルス
5、スペイン風邪の教訓
6、クリオの審判

”人間という頭でっかちな動物は、目の前の輪郭のはっきりした危機よりも、遠くの輪郭のぼやけた希望にすがりたくなる癖がある。だからきっとウイルスに感染しない、自分はそれによって死なない、職場や学校は閉鎖しない、あの国の致死率はこの国ではありえない、と多くの人たちが楽観視がちである。私もまた、その傾向を持つ人間のひとりである”

そう文章は始まっています。
そして、私もまた、その傾向をもつ人間のひとりかもしれません。
とはいえ、先日も同世代の女優さんがあっという間に命を失うニュースが入りました。そこでまた色々と考えさせられます。でも、最後は希望をもって奮い立たせて毎日を送っています。

この文章で藤原氏は最後に武漢で封鎖の日々を綴って公開した作家方方の「日中福祉プランニングの王青④より下記の文を引用されています。
”ひとつの国が文明国家であるかどうかの基準は、高層ビルが多いとか、クルマが疾走しているとか、武器が進んでいるとか、軍隊が強いとか、科学技術が発達しているとか、芸術が多彩とか、さらに、派手なイベントができるとか、花火が豪華絢爛とか、おカネの力で世界を豪遊し、世界中のものを買いあさるとか、決してそうしたことがすべてではない。基準はただ一つしかない、それは弱者に接する態度である」

”そしてこの危機の時代に「しっぽ」の切り捨てと責任の押し付けでウイルスを「制圧」したと奢る国家はパンデミック後の世界では、もはや恥ずかしさのあまり崩れ落ちていくだろう。”と終わっています。

印刷してA4サイズに8枚弱
ぜひ、お読みください。

まずは…希望の家でこの気づきの時間を大事にして、私たちの国が崩れ落ちることのないように祈りながら待ちたいと思います。



きょうもいい天気なので免疫力をつけるための散歩を母と歩きました。
弓弦羽神社でコロナ収束祈願です。

昨日久しぶりに元同僚Uさんからメールをもらい「ブログ見てるよ、会場で見てみたい」といってもらい、きょうはちょっと気合入れ過ぎたかな?長々失礼しました!どうぞ皆さん有意義な時間をお過ごしください。

展覧会延期のお知らせ 川道政子作品展

IMG_20200327_0001.jpg

4月10日(金)~21日(火)まで予定していました川道政子作品展ですが、昨日緊急事態宣言が兵庫県にも出されたことによりこの度は延期の運びとなりました。日程が決まり次第ご連絡させていただきます。
展覧会目前にこのようなことになり、すでに案内状もお渡ししているお客様には申し訳ありません。
このような事態が早く収束し、普通に会場に足を運んでいただけますよう願ってやみません。

どうぞ、皆様ご自愛くださいますように。




きのうの首相の緊急事態宣言を受けて、全国の知事が集結し、この度緊急事態とされた東京都、神奈川、千葉、埼玉、大阪、福岡、兵庫の7県を支えて国民一体となってこの危機を乗り越えようと鳥取県の知事が全国知事会の声をあげてくれました。
感染症の敵は病気そのもの・そしてそこからくる不安・不安による差別の3つのスパイラルだと日赤が発表していました。
医療関係者はじめこの事態に働かざるをえない方たちへの敬意と感謝をもって、自分ができることをするしかないですね。




画廊は阪神淡路大震災で全壊し、建て替えた折に展示場だけでなく、外からも作品がみれるように窓を大きくとる設計をお願いしました。まだ、灰色のイメージが町にあったので少しでも明るい灯のような役割ができたらいいなとの思いです。今回、川道さんの作品はそんなふうに少しでも人々が桜の花を愛でるようにガラス越しでも見ていただけたらいいなと展示はさせていただくことにしました。本当は目の前で見ても細かい繊細な作品なので、また延期の日程が決まりましたらぜひ会場にて近くでご覧下さい。




人が人をあやめる戦争の無残さを思うと 花は咲き、青空の下、散歩ができる。そして暗い防空壕でおびえながらでなく 電気も点く家にいることは まだまだ幸せだと思うべし。その体験をしている母たちの年代はそう感じているのかもしれません。
みんなで負のスパイラルは断ち切りましょう。


小畑延子作品集「轍」より

2019小畑延子お月さん (2).jpg
作品集「轍」に掲載されたこの作品

小畑延子さんが日展などの公募展に出品されなくなり二年後、神戸・さんちかギャラリーで生まれて初めて個展された時の作品。

ここには画廊でつながったちょっとした物語がある。

この詩は新聞の投稿でみつけた小学一年生の少年の詩。
水彩絵の具で添えられた「月」の絵は延子さん。

当画廊で小畑延子さんの展覧会開催中に訪ねてこられた三人の家族連れ。中学生の女の子は秋のトライやるウイークで画廊にきてくれたMちゃんだった。実は…とお父さんが差し出されたのがこの作品を写した写真。なんと、この詩を書いた本人がお父さんだったというわけ。
小学校一年生の時、書いた詩が、書の作品にとなったことを知り、母と観に行き、母がその作品を求め、今も大切にしているとのことだった。

作品集に掲載したいと延子さんから連絡が入り、Nさんに画廊まで作品をお持ちいただき、写真撮影をさせていただいた。
それが無事、ようやく作品集10頁に掲載された。延子さんの文が添えられより作品がいかされている。45年後の出会いから生まれた一頁。
もう、N家に届いたかな?


Mちゃんも もう卒業だね。新しい毎日楽しめそうですか?


小畑延子作品集 轍

S__17457155.jpg

0831a.jpg

昨年、当画廊で展覧会をしていただいた小畑延子さんの作品集「轍」が出版されました。
先日、我が家にも一冊届き、早速拝見しました。書作品だけでなく合間に文章が入り、また深いものになりました。ぜひ、手にとって見ていただければと思います。ほんの少しだけお手伝いさせていただきました。

さて、その作品集の出版記念の作品展が 当初、4月に行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期されることとなりました。秋の日程が決まりました。

いよいよ緊急事態宣言も発表されるようです。

早く普通の毎日に戻っていられるよう、みんなで乗り越えたいです。


ぬいやすこ★「私のコロナ対策」

骨折をして、手術後。
リハビリをしながらも、入院中の私が心がけている3つのことは、これらです。


①手洗いと消毒
これは病院なので、バッチリです。

②マスク着用
食事とシャワー、洗顔、歯磨きなど以外の時は、ずっとマスクをつけています。就寝時はエアコン対策で、乾燥予防になります。また、当然 顔のほとんどが隠れるので、大助かりです❣️

③味覚チェック
「コーヒーはないけど、ジュースはある」ということで,毎朝提供されるジュースを🍹夕方まで,何回にも分けて,ちびりちびりと飲んで味覚チェックをしています。

S__9977900.jpg

ジュースでなくてもいいですけど、味覚チェックお勧めですよ。楽しくできます。

そして今朝のひとこま。

整形外科部長の先生、リハビリの先生、それに看護師さんを含めた数人による定期回診がありました。

先生が、足の調子を聞かれた後、「味覚は大丈夫ですか」と聞かれたので、私は、ジュースを🍹指さして、「これで1時間に1回味覚チェックをしています」と答えると、

回診のみなさんから、どよめきが起きました。^_^


@骨折で入院されたぬいさん。病院生活が今やコロナ対策が中心となってしまいましたが、いつもほっこり楽しい会話に免疫力アップの予感(^.^)わたしも塞ぎそうな気持をジャニーズの手洗いPV見てがんばります。Amazon経由…あきらめかけていた1ケ月前に頼んだマスクがようやく中国から届きました。そのうち薬局さんで手に入ることを祈って大事に使わなきゃ。家族2枚のアベノマスクではどうも…と案じていたところでしたので。
なにより、お医者さん、看護師さん、ほか命がけで毎日をコロナ対策に過ごしてくださる皆さんに感謝です@