展覧会延期のお知らせ 川道政子作品展

IMG_20200327_0001.jpg

4月10日(金)~21日(火)まで予定していました川道政子作品展ですが、昨日緊急事態宣言が兵庫県にも出されたことによりこの度は延期の運びとなりました。日程が決まり次第ご連絡させていただきます。
展覧会目前にこのようなことになり、すでに案内状もお渡ししているお客様には申し訳ありません。
このような事態が早く収束し、普通に会場に足を運んでいただけますよう願ってやみません。

どうぞ、皆様ご自愛くださいますように。




きのうの首相の緊急事態宣言を受けて、全国の知事が集結し、この度緊急事態とされた東京都、神奈川、千葉、埼玉、大阪、福岡、兵庫の7県を支えて国民一体となってこの危機を乗り越えようと鳥取県の知事が全国知事会の声をあげてくれました。
感染症の敵は病気そのもの・そしてそこからくる不安・不安による差別の3つのスパイラルだと日赤が発表していました。
医療関係者はじめこの事態に働かざるをえない方たちへの敬意と感謝をもって、自分ができることをするしかないですね。




画廊は阪神淡路大震災で全壊し、建て替えた折に展示場だけでなく、外からも作品がみれるように窓を大きくとる設計をお願いしました。まだ、灰色のイメージが町にあったので少しでも明るい灯のような役割ができたらいいなとの思いです。今回、川道さんの作品はそんなふうに少しでも人々が桜の花を愛でるようにガラス越しでも見ていただけたらいいなと展示はさせていただくことにしました。本当は目の前で見ても細かい繊細な作品なので、また延期の日程が決まりましたらぜひ会場にて近くでご覧下さい。




人が人をあやめる戦争の無残さを思うと 花は咲き、青空の下、散歩ができる。そして暗い防空壕でおびえながらでなく 電気も点く家にいることは まだまだ幸せだと思うべし。その体験をしている母たちの年代はそう感じているのかもしれません。
みんなで負のスパイラルは断ち切りましょう。