内藤いづみ先生より ”今をいきよう”

2020年、今を生きる
未来がより良き人間社会になるために

DA6B5AF2-18EB-47DF-A09C-5815072A2E8B.jpg


内藤いづみ先生には松岡佐和子さんにつないでいただいたご縁でお会いすることができました。
甲府市に「ふじ内科クリニック」を開業され
ホスピス在宅ケア研究会やまなし代表、また、やまなし大使もされています。

送られてきた冊子は5月10日発行
できたてです。
なので新型コロナ真っ最中です。
早速、ご紹介します。とはいってもすべてここに掲載するのは無理ですのでピックアップしたことにご興味をお持ちでしたら冊子をお手元にお送りすることは可能です。冊子とともに添えられてきた先生のメッセージにも必要な方がありましたらご一報くださいと書いてくださっていました。
追って、佐和子さんからもDVDとともに送っていただきました。
ホスピス在宅ケア医として活動される日々が紹介されています。
以前、情熱大陸にも取り上げられた素敵なお医者様です。


内藤いづみ先生が2020年3月から4月にかけて、ラジオを通じて外へ発信できた言葉がご友人たちの協力でまとめられています。
・いわゆる、話題の『人生会議』などについて 3月17日放送
・今こそ、つながりを思い出し、保っていこう 4月17日放送
・ウィズコロナ『コロナと共に』という考え方 4月27日放送
公立医学部の小論に使われた永六輔さんとの対談 あなたならどう考えますか?
あなたの今の気持ちを書いてください

上記の5項目を通じていえることは

 ・人とつながる方法を考えよう
 ・1日1回は「ありがとう」と言おう
 ・1日の終わりに5つの楽しいこと思い出そう

かな。



コロナの終息は無理としても
コロナの収束は考え方次第
withといっても仲良くとまでは難しいお相手。

以前コロナという病気からくる不安、差別の負のスパイラルのことをブログにあげましたが、せめて前向きに、そして人とのプラスのコミュニケーションを持つだけでも、毎日が変わってきそうですよね。

そして知らない間に”ありがとう”の数がふえ、小さな幸せに気づくことができればと思います。
コロナに限らず…かもしれません



画廊で展覧会を開催して3日目ですが
自粛の毎日とはかけ離れた
出会い、再会の日々が始まっています。

おかげさまで 人とつながり 
ありがとうが自然に生まれる日々に恵まれました



冊子発行に寄せての
先生からのメッセージとともにまた明日!

”まずは現在進行形で、皆さん、今を生きてまいりましょう
再会の日を楽しみにしております 内藤いづみ”








この記事へのコメント