永井逕一展 

122778301_2996323840469604_8277340661714858153_n.jpg

10月30日(金)~11月4日(水)
永井逕一展 開催中

きょうは2日目ですが初日から盛況です。
先生の展覧会はオリンピックイアーにあわせて4年に一度。
ところがコロナ禍でオリンピックの方は来年に延期となりました。

こちらは無事、展覧会を開催できよかったです。
手指消毒にマスク、換気等々できることをして、人数が多い時にはお茶の接待も失礼しています。ご来廊いただく皆さんにはご協力頂き、感謝です。

先生もマスクにファイスシールド姿。
なんだか見慣れてくるものですね。

さて、主役の作品。
点数は20数点ですが大作なので会場はガラス張りの道路面もスクリーンを下ろしての展示となりました。
先生の描く山々に包まれて気持ちの良い会場です。
おそるべし色鉛筆!
(続く)




ぬいやすこ★「帝国ホテルのカレー」

県内在住のAさんから頂いたメールと、私のつぶやきを、交互に紹介させていただきます。

Aさん「東京のコロナは、足踏み状態ですね」

私 (急になぜか東京の話が出てきたけど、確かに東京はそんな状況だわね)

Aさん 「昨日帝国ホテルのカレーをいただきました」

私 (帝国ホテルのカレーとは! 気の利いたお友だちがいるのね)

Aさんのメールは,ユーモアたっぷりの食レポへと続き、最後は「ご馳走様です」。

私 (確かにご馳走だわね)

さて、その日のうちに、私は近況報告とともに「帝国ホテルのカレーのお話、笑ってしまいました」と返信をしました。とても楽しく拝見したからです。
すると、彼女から慌ててメールがきました。つまり、東京のお友だちへ、カレーのお礼を送信するのを間違えて、私に送ってしまったそうです。

私は絶句してしまいました。なぜって、間違いメールだとは、彼女に言われるまで、全く気づかなかったからです。
読み返してみて納得。ガッテンです!

Aさんの話によると、そのお友だちに会いに東京に行った時は、一緒に帝国ホテルのカレーとパンケーキを食べるのを楽しみにしているそうです。

思いがけない間違いメールで、Aさんとお友だちとの素敵な交流を知って、ほっこりした気分になりました。


@あるあるかな? こんな漫才のネタありましたね。う~ん ほっこりでめでたしめでたし@

ぬいやすこ★「後片付け」

骨折を期に、O中の支援員を辞めさせていただきました。

元気になってきたので、そろそろ飾り物グッズの片付けをと思い、先日学校に行きました。とりあえず、45ℓ入りのゴミ袋5つを、友人が車で我が家に運んでくれました。

学校には、まだまだ書や絵、必勝ダコ、マス、その他いろいろ残っています。
何しろ、10年間たまりにたまったグッズです。一度に持って帰ろうと思えば、軽トラ1台ぐらいいるかも(大げさ!)

マスだけでも使ってもらえないだろうかと考えました。その時、ふと妙案が浮かびました。仲良し学級の生徒さんたちに,使ってもらえればと。
担当の先生に、「生徒さんたちに、マスに自由に絵を描いてもらったらどうかしら」と提案しました。喜んでくださったので、Ⅰ人3個ずつおすそわけしました。どんな作品を作ってくれるのか、楽しみです。

あと、書や絵は持ち帰りたいものもありますが、我が家も飽和状態です。

先生方でお気に入りのものがあれば、学級で飾っていただけたらと思ったりしていますが、まだ結論は出ていません。まだまだ課題山積です。何しろ後のことは何も考えずに、飾りまくってきたものですから(ハァ〜)


@片付けることのエネルギーって半端じゃないですね。でも、少しずつ先生がお元気になられているようには感じてます。無理せず、片付けることを味わってくださいね、ボチボチ(^^;@


ウロ四宮展 2020

IMG_20201020_0001.jpg
今年のDM

121686439_2967125450056110_8745212972266304398_n.jpg10月16日(金)より20日(火)まで ウロ四宮展〜Patoramoon〜開催です。第三回アートオリンピアに出品された大作、本年になって描かれた新作など、30点あまりの作品を展示しています。ご高覧ください。


今年の作品にはこれまでと違う大きな変化が見られました。
コロナ禍を変化の時期ととらえて挑んでいく球体の在り方。

今日は雨模様ですが、会場は妙に輝いているように思います。




ぬいやすこ★「えっちゃん」

えっちゃんは、加古川の新米教師時代の教え子で、私との歳の差わずか11歳です。

先日彼女から今年もぶどうが🍇届きました。

お礼の電話をかけると、彼女はわざと、「どなたですか」とからかった後、「先生、元気にしとるか」と聞いたので、骨折のことを言うと、「年やなあ」と言われてしまいました。

2年前、彼女たちの還暦記念の同窓会で、城崎方面へ行きました。
その時彼女は「先生は杖をついて来るのかと思っとったら、元気やんけ」と言い、思わず笑ってしまいました。

また、「先生いうたらなあ、親みたいなもんや。何でも欲しいものかあったら言うてみ」と言われ、「ほんまにええんかなあ」と思いつつ、塗り箸をリクエストしました。
そのお箸は今も愛用しています。

さて、再来年の同窓会は、彼女たちは高齢者の仲間入り。その時私はすでに後期高齢者。どんな出会いになるのやら。それまで元気でいようっと。
20201007nui.jpg

これは彼女たちの還暦記念の同窓会の写真です。先生は3人なんですけど、見分けがつきにくいでしょ。

@勝手ながら念のための点描風にしたのでよけいに見合わけつきにくいですね。皆さん想像してください<(_ _)>@

展覧会のお知らせ 京都銅版画協会展

IMG_20201004_0001.jpg

芸術の秋 10月からさらに展覧会が充実してきます。
まずは9日(金)~14日(水)
京都銅版画協会展◁ミニアチュール▷
震災前から長いお付き合いで展覧会をしていただいています。
ありがたいことだと感謝しています。

銅版画ってこんなに色々技法があり
表現ができるって見方の幅が広がります。
でも大きなプレス機とか腐食液とか
簡単にできないし
まずは見てお楽しみください。



次々イベント、展覧会が続きます。
画廊では引き続き
コロナ感染対策のため
会場入り口での手指アルコール消毒、マスクの着用
ご芳名の記帳など3密をふせぐよう
皆様のご協力をお願いしております。

検温はしていませんのでご自身のお体に
ご無理のないようにご自愛ください。