口丸弘子展 初日

11月21日(土)~25日(水)
口丸弘子展開催中

3913B75A-EDCF-4479-A7B2-C1B3E1CBE89E.jpg

お迎えするのはブルーインパルスがコロナ禍の医療従事者にむけて、青空を舞った日の風景。
弘子さんのお姉さまが撮影した画像から絵織物として作品にされました。

祈りの意味も込めて




初日
いい天気に恵まれ、スタート。

第4回酒井慶二郎展 アーカイブ

11月14日(土)~16日(月)
5月に予定されていた酒井慶二郎さんの展覧会が延期になり、この秋に開催されました。

会期中、毎日始めたばかりのインスタグラムにはアップしていたのですが、気が付くとこちらのブログに更新されておらず、アーカイブとして少しご紹介しておきます。
125316895_3045259958909325_2524052432315166738_n.jpg125258472_3045260048909316_4845306922355337305_n.jpg125200230_3045260085575979_2387909061463720895_n.jpg125529146_3045260195575968_5220767866381667280_n.jpg125221470_3045260128909308_5142404981466720677_n.jpg

初日、長野県諏訪市から到着された作品と慶二郎さんご一家。
そしてこの日は昨年、慶二郎さんの絵に惹かれ、入ってきてくださった山下さん。早速、持っておられたアコーディオンとトランペットを見つけ、ちょっこっとおねだりしてご披露していただいたのをきっかけに、今年は慶二郎さんの歌とのコラボレーションが実現。というわけで山下さんがさらにお仲間に声かけてくださって、慶二郎さんWELCOMEコンサート開催の運びとなりました。
I belieave ♪ 翼をください♪ 栄光のかけ橋♪
扉を開け放し、2号線まで朗々とひびく歌声と軽やかなアコーディオン、ウクレレ、響き渡るトランペット。
音響効果どころか、外では車が走る環境の中、気が付けば聞き入っていました。

山下さんと佐々木さんの演奏も聞かせていただきお客様も感動されていました。
コロナ禍という中でイベントとしてのご案内は控えさせていただきましたが、また来年多くの皆様の前でご披露できるといいなと思っています。お楽しみに!

次の日から2日間は慶二郎さんのアンドーンを描くのライブです。
今年は多くのアンドーン作品が展示されました。

自分の作品をじっと見つめる慶二郎さん。
初日も最終日も・・・

そこになにかあるのですね。

三日間充実した毎日をありがとうございました。
慶二郎さんと素敵なご家族に
お客様に感謝!

来年は5月かな。お楽しみに。

ぬいやすこ★カート犬コジロー

その昔、コジローは抱っこ犬でした。

散歩が終わりに近づくと急に動かなくなり、ひたすら上を見上げて抱っこの合図です。コジローが歩いているのを見かけた近所の人に、「今日は抱っこじゃないのね」と笑われることもよくありました。

月日は流れ、2、3年前のある日、コジローが急に体調を崩しました。あいにく夫が留守で車がないため、駆け足で動物病院まで行き、犬用カートを借りて家まで帰り、コジローをカートに乗せて病院へ。診察後再び我が家へ。
この日カートが大活躍でした。

そんなことがあってから、思い切ってカートを購入しました。

カートが活躍し始めたのは、その後、コジローが入院し退院してきた時からです。病気が治ってからも目的地までカートに乗り、しばらくお散歩。コジローが上を見上げる合図で再びカートにと、こんな日々が続いています。

ある朝、高齢の女性の方がカートに乗ったコジローを見て、「可愛いわねえ❤️」とか「気持ちよさそうね」とか言われました。さらに別れ際には、満面の笑みを浮かべ、「ありがとう」と言われました。こちらこそありがとうです。ほっこりさせてもらいました。

大雨の日には、カッパを着せてカートに乗せ、カートの覆いをかぶせ、その上から大のゴミ袋をかぶせるという、重装備で目的地まで行きます。
しかし、ゴミ袋をかぶせるのは犬権問題かなと思い、透明なものに変えたいと思っています。

コジローも13歳。だんだん足腰も弱って来ています。
「歩けなくなってもカートがあれば大丈夫🙆‍♀️どこでも連れて行ってあげるからね」とつぶやく私です。

S__11108355.jpg
奥須磨公園にて

ぬいやすこ★私の主治医

ぬいの女子高時代のクラスメートにBさんがいました。
当時私はとても人見知りで大人しい生徒でした(多分)。

それに比べてBさんは庶民的かつ底抜けに明るい人でした。

今や彼女は立派なお医者さん。柔らかい口調で患者さんの話にじっくり耳を傾ける、素敵な先生です。
が、私の番になるとこんな感じです。

この間も診察室に入るなり、
先生「いいペンダントしてるわねえ。柿みたい」と言われ、さらに、
「ポーチもいいの持ってるわねえ。見せて」と、表と裏の刺繍を眺め、
「味があっていいわねえ」
と看護師さんに同意を求められました。

さらに、「○○さんとか△△さんとかと時々会うのよ。あなたも来たら」

いよいよ診察が始まり、後ろを向いてポンポンしてもらう時、
先生「上着にボールペンの跡がついてるよ」
看護師さん「髪の毛じゃないかしら」
私「髪の毛だと思います。ここへ来る前にカットに行って来ましたから」

その後まもなく診察は終わり、薬局でコレステロールと血圧のお薬をもらって帰りました。

では最後に話題のショルダーポーチを紹介しますね。
頂きもので、刺繍はご高齢の方がしてくださったそうです。

S__10993667.jpgS__10993669.jpg

gogoZINEdays

120649444_347073226631129_68674711645379028_o.jpg

明日からgogoZINEdays
出品者の皆さん

はらっぱGarden*
Shiro
Masayo
かっぱ印のぴぺたぺぴた
きむず・わーるど
Swimmy
つくりやゆん
ナカノカナ
f3hito
高田まや
笹倉泰子
浦田さおり
吉村宗浩 吉村翠
清原健彦
Hidekazu KITA
ハセガワアキコ
貝澤洋子
中條宏
たまきかずみ(KST)
ym
まつおかさわこ+
中尾あむ

さきほどほぼほぼ展示を終えました。
小さな本のなかに
なんだかいっぱい詰まってそうです。



昨日最終日を終えた永井逕一展
会場の写真は
FBページにアップしました。
やさしい緑に包まれて
幸せな会場でした。
永井先生も毎日
ありがとうございました。

戸田先生を見習って
南天荘画廊として
毎日アップを目標に
里さんの詩がたりの会、最終日より
始めました。

だからブログまで
まわらない?かも
でも一番ここが普段着かな。

寒くなりました。
どうぞご自愛ください!