川道政子作品展開催

S__18866193.jpg
S__18866198.jpgS__18866199.jpg

展示をしてから約1か月半
作品たちと一緒にこの日を待ちました。

金曜日のみの作家在廊ですが政子さんの想い、きっと一人歩きした作品たちが伝えてくれるとおもいます。

来週土曜日まで開催しています。
また、ブログより作品を紹介していきますね。

きのうは遠くからもお花が届きました。
ご来廊いただけない皆様にも会場風景が伝われば嬉しいです。


covid-19緊急事態宣言解除を受けて

先日兵庫県の緊急事態宣言がようやく解除されました。とはいえ、終息ではなく収束という形でここのところの毎日の対策を習慣化するという生活の切り替えと受けざるを得ないような気がします。

まず、5月の中尾AMU製本ワークショップと里みちこFUKUの日の詩がたり会については、他府県との行き来を自粛するようにとのことで末に予定されていましたが6月へと延期になりました。
中尾AMU製本ワークショップ6月28日(日)
里みちこFUKUの日の詩がたりの会6月29日(月)



でもこのままではなく、4月当初に予定していた川道政子さんの展覧会を開催できることとなったのはありがたいことです。

川道政子展

5月29日(金)~6月6日(土)11:00~18:00
木曜日は定休日です。
作家在廊 29日・6月5日の金曜日


まだ、油断はできない状態ですので、できる範囲の対策をと思っていますが、約2か月近く展示されていた作品たちもいよいよかなあって楽しみにしてくれているような気がします。

画廊としては
換気・アルコール消毒の設置・入場者カードの準備
お客様には
ご自身の体調管理・マスクの着用をお願いいたします

みんなで乗り切りましょう!これからも…



季節の絵手紙とともに叶さんから届きました
24F901D8-200D-40FC-A7C3-6F9AED4866F3.jpg
もったいなくて口にできませんね、ありがとうございます
皆さんへおすそわけです

どうぞ、お大事にお過ごしください💓

ぬいやすこ★万歩計

スマホの万歩計アプリはよう使わないし、いちいち歩数を数えるのも大変になってきたので、最近は、歩数じゃなく時間を計っていました。

ところがです。
先日夫がひょんなことから、万歩計をもっていることを知りました。
S__10338319.jpg
実は、私がソロバン玉で歩数をカウントしたりしているのも知っていたのに、「好きにさせといた方がいい」と万歩計のことを黙っていたらしいです。
結婚50年にもなると、こうなんですかね。

ま、なんというか当たり前ですが、万歩計はとても便利ですね❣️

さて、
この頃は、散歩の距離を少し伸ばしていて、太陽と自然に触れる散歩の時間は、生きてることが実感できる大切な時間です。
S__10338317.jpg
足首の熱と腫れも、ほんの少しずつ良くなってきているように思います。

ところで、退院後、
「高齢者では2週間の寝たきりで失われる筋肉量は、老化により7年間に失われる量に匹敵する」
という記事を2回も見て、ぎょっとしました。

整形外科の先生に尋ねると、「車椅子でも動いていたら大丈夫」
とのことでしたが、
やはり長丁場は覚悟かな?

と思っています。

@万歩計の数字5711歩!この時間までにその足でこれだけ歩けたらすごいですよ、無理のないように頑張ってくださいね。でも、いつかスマホ万歩計のアプリをご紹介したい私でした@

お知らせ 2つ!!

お元気ですか?


まず、先日発泡スチロールアートのWSでおなじみのジンジョウカズエさんから連絡が入りました!
S__169164817.jpg

なんとラインのスタンプに彼女のキャラクター”なないろなまこ”が登場しました。
下のアドレスから見ていただけます。
https://store.line.me/stickershop/product/11806885/ja?ref=gnsh_stickerDetail
メッセージも含めて可愛くて数あるスタンプのひとつにいかがですか?

コロナ自粛の間にも着々と前に進んでえらい!



92552714_2464535053648488_8406140138106650624_n.jpg

さて、次のお知らせは5月24日(日)に予定していたAMUさんの製本ワークショップ。
うーん、あと一歩のところなのですが大阪と兵庫がまだ緊急事態宣言が続く中、先生ともご相談して6月28日(日)に延期ということになりました。これまでにご予約いただいている皆さん優先であらためてお申し込みを受けています。

楽しみがまた先に延びましたぁ。


以上よろしくお願いいたします。!




きょうは雨
もっぱら片付けの毎日に
雨が続くとお洗濯が進まず・・・ザンネン

ぬいやすこ★5月13日

「5月13日」
今日で右足首の手術をしてから、2か月が経ちました。
今朝のリハビリ散歩で、近所の写真を撮りました。
S__10272804.jpg


リハビリは、私にとってはちょっと大変です。すぐ疲れるからです。
今までスポーツをしたこともなく、体操教室や、カーブス、ヨガなど、およそ身体を鍛えることに無縁だった私。

そんな私に、神様が「ちょっとは頑張りや」
と言われているのかしら。

あと、1、2か月間無理をしないで、でもやれる範囲で頑張ろうと思います。


私が、”歩いて3分のところにコープがある” と言うと、
リハビリの先生は、
”カートを押してでもスーパーに行くと、けっこうな運動になっていいですよ。”
とのこと。

でもコロナで自粛中だから、あまりは行けないけど、
昨日 怪我をしてから退院後、初めてコープに行きました。



コロナの自粛も緩んできたら、この間、通販で取り寄せたウォーキングシューズを履いて出かけたいです。
S__10272806.jpg

最後に、佐和子ワールドをどうぞ。
ご本人の了解済みです。
S__10272807.jpgS__10272808.jpg

オンラインギャラリー 川道政子作品展 MOM

きょうは母の日

延期中の川道政子作品展の中から作品をご紹介します。
C6F74D05-3F97-4ACE-9790-EDA29BC03759.jpg
搬入の日、素敵な息子さんたちが手伝ってくださいました。
早く展覧会が出来るといいなあ。
準備完了なのですが・・・




不要不急の外出をさけていましたが
きょう朝一は意を決して主人の実家に車で移動
気を緩めたわけではありませんよ。
ひとまず、元気なお二人の姿に安心しUターン

妹から母への贈り物が届きました
なんと美顔器
さすが母のことをよくわかってる!
御年88歳にして美への意識が高いのです
尊敬してます

きょうの晩御飯は娘が担当してくれるそうです
さらに
BC4C56AB-3DA7-4DED-9F8C-B0DAD6CECCB9.jpg
わあ!
ウオーキングの新しい友♪ができました!
ありがとうね。また、頑張れる。
でもあなたの幸せが一番の贈り物。

さて、あとは
夕飯を楽しみに。
母へ?
勿論、ささやかですが用意してますよ。
毎日が母の日みたいなもんですが
なーんちゃって。

色々片付けている間に
昔の写真が出てきました。
若き美しき母の膝の上にちんとすわるわが姿
ぷぷっ
あらためて

生んでくれてありがとう!




5月 オンラインギャラリー 小畑延子書作品集より

2019小畑延子「無理をしないで」上から.jpg
小畑延子さんの書(Iさん所蔵)

DBF17E38-DDB4-43B6-B8C1-6E204E31DD31.jpg
先日ご紹介した小畑延子さんの書作品集に掲載されている言葉
所蔵されているIさんの文章も一部お借りすると…
『1993年1月。
ギャラリーミウラの小畑延子展を訪れ、躍動感溢れる書に度肝をぬかれました。そして、何ものかに突き動かされるような気持ちで、最終日に再訪しました。
この時、小畑さんに「お気に入りの書はありますか」と声をかけて頂き、「無理をしないで」を選びました。
仕事と家庭の両立で忙しくしていた私へのエールのような気がしたからです・・・(続く)』

今、新型コロナウイルスのために心身ともに休む間もなく仕事をされている方
仕事がしたくてもできない方 様々な立場で向き合う方たちに
「無理をしないで」の作品がエールとなって届きますように

そしてリハビリ中の師匠に!
掲載ご容赦ください<(_ _)>



5月 オンラインギャラリー 酒井慶二郎作品展

きょうはコロナの影響がなければ酒井慶二郎作品展の最終日
IMG_20200408_0001.jpg


慶二郎さんはお住いの諏訪で変わりなく創作活動や農業のお仕事をされています。
新作の”松本城”の作品もSNSで発表されました。
いつもながら集中力は半端ないようです。
95349129_2384599291832019_1548073906181505024_o.jpg

自粛中に素晴らしい作品が次々生まれそうですね。




このところ、人を避けて 毎日の
神社参り。
きょうは灘区の六甲小学校の西にある春日神社に行きました。
こじんまりとしたお社ですがよくよく見ると
素晴らしい”くすの木”が見守ってくれるように立っていました。
六甲小学校卒の幼かった母の姿もくすの木さん、見ているかもしれませんね。
こんな幹や枝ぶりをみると登ってみたくなる・・・だろうな
ごめんなさい

1CAD0FA1-B8BA-4DE2-B85F-540DB9A295F2.jpg




画廊は続く緊急事態宣言を受けて自粛中💦


5月 こどもの日に…

3C3C9C15-0818-40A2-BCD2-6310EFCE617F.jpg
きょうは”こどもの日”

永井先生の絵はがきからぴったりの1枚。



新型コロナウイルス感染対策の緊急事態宣言が31日まで延長

兵庫県、とりわけ神戸市は医療関係機関での感染が伝えられてきます。
日赤も中央市民病院も救急でお世話になったことがあります。
ほんとに医療関係の皆さんがあってこそ。
感謝と敬意しか表しようがありません。


市内の環境局からも感染が伝えられました。



きょうは燃えるごみの日でした。
回収場所にはごみが満載。
家での時間ができたので片付ける時間がふえたようです。
断捨離って言われるけど
ものを捨てるって難しい
自分の前からごみ?が見えなくなるだけでその行方は?

環境局の皆さん、ありがとう。

せめて
役に立つ形で片づけたい…

自分には無理でも
誰かがきてくれるといいなって古着屋さんに洗って持参

あのたくさんの燃えるごみがエネルギー資源になって
活かされる方法ないのでしょうか


あとは
もう、使えなくなったものたちに
ありがとうって 
言って捨てることは忘れないようにしています

でも捨てるって難しい

みんな最後があるんだけど



毎日、コロナウイルスでなくなった方の数字があがる
多くても少なくてもひとつの命に変わらない
感染したまま息を引き取られたら
形ある最後にお別れも言えないのだそうです

きっと魂にはつたわっていると思うけど
のこされた方は辛いですね

今、生きていることに感謝して
できることをしていこう

”こどもの日”

子どもたちの未来に希望が残せるように

買い物の帰り
公園にはいつもより
親子で遊んだり、運動する姿が微笑ましい


今の時期だから
与えられたいいことも
あるんだよね

子どもたちに幸あれ





ぬいやすこ★「松葉杖なしで」

ご無沙汰してしまいました。

1か月の優雅な入院生活を終えて、自宅に戻ってくると。
体力がガタ落ちになっていて、息切れやだるさがあり、気力も衰えてしまいました。

心身共に、自分の弱さをひしひしと感じました。

でも、数日前から松葉杖なしで、短い時間ですが、夫とコジローと一緒に、近所の公園まで散歩に行けるようになりました。足首が硬いので、しっかりと手を振って歩きます。
S__10182674.jpg

この時期の爽やかな風は、気持ちがいいですね。

あと、家の玄関先の階段あたりから、家の前の道路を少し歩いています。これは1往復100歩を10回ぐらいです。
万歩計やスマホの機能もよう使わないので、1往復すると、そろばん玉を1個動かすというレトロな方法でカウントしています。
S__10182676.jpg

右足の甲あたりに熱や腫れがあり、それがなくなると、もっと楽になるようです。

今はいろんな意味で誰にとっても辛く厳しい時ですね。

私は今、再びこの本に癒されています。
S__10190853.jpg
また、いろいろ考えさせられています。何が大事なのかと、、、。

@今は世の中全体が「おうちにいよう」の緊急事態宣言期。ちょうど神さまがちょっとスローペースで行きなはれってくれた時間かもしれないですね、ちょうど世の中が落ち着いたころ、かろやかに、そして画廊の扉を開けてきてくださる師匠の姿を想い、私もがんばります!せっかくのスマホなのでもう少し歩けるようになったらアプリを入れても励みになりますよ。おすすめは”ALKOO”です。無料です(*^-^*)@

南天荘画廊 4月25日発信

しばらくご無沙汰していました。
画廊は川道政子さんの展覧会の状態で素晴らしい刺繍作品と可愛い人形たちと過ごしています。
残念ながら展覧会は正式にはお入りいただくことが出来ない、いわゆる無観客?状態ですが、少しめどが立ちましたらご案内させていただきます。時折通りすがりのお散歩中の方がガラス越しに覗いてくださっているようです。
S__18014257.jpg
《作品はマリーゴールドを持つ少女》



まず、きっと多くの方が心配されていると思うのでゲストブロガーのぬいさんのその後です。

これはブログではありませんとのことなのでそのままの記載はしませんが、4月7日に退院されました。これからリハビリが3か月から4か月かかるとお医者様から言われているそうです。でも、前向きにモチベーションをあげて、リハビリを頑張ると、それより早く治るとのこと。

なので私はきっと2か月くらいで治るのではないかと思ってます。

頑張ってくださいね!



さて、里さんのホームページにアップした詩はがきの紹介です。
satomichikomatsu.jpg

今回の”ステイホーム”という緊急事態宣言の主たる目標。
なかなか、簡単なようで難儀なこと。
また、家にいたくても医療関係者はじめ生活に欠かせない仕事を黙々とこなしてくださっている方々のことを思うと、仕事したくてもしない方が、命を守るために役に立つなら我慢しようと思わざるを得ません。

買い物も運動も周りにとって受ける側としてでなく、もしかしたらの与える側としての意識も、もっていなきゃいけないのだと身を引き締めます。

先の里さんの詩はがきの中で
ー時の訪れを希望の家で待つー
とありますが心に沁みます

希望の家…
みんなそれぞれ解釈は違いますが 
今日までの普通の幸せにどこか大事なことを忘れて
追われていたかもしれません

里さんが紹介してくださった岩波新書HP「B面の岩波新書」に掲載された文章です。

著者の許諾を得てPDFにもアップされています。多くの人に読んでほしいとのことでした。

藤原辰史:パンデミックを生きる指針ー歴史研究のアプローチ
概要は
1、起こりうる事態を冷徹に考える
2、国に希望を託せるか
3、家庭に希望は託せるか
4、スペイン風邪と新型コロナウイルス
5、スペイン風邪の教訓
6、クリオの審判

”人間という頭でっかちな動物は、目の前の輪郭のはっきりした危機よりも、遠くの輪郭のぼやけた希望にすがりたくなる癖がある。だからきっとウイルスに感染しない、自分はそれによって死なない、職場や学校は閉鎖しない、あの国の致死率はこの国ではありえない、と多くの人たちが楽観視がちである。私もまた、その傾向を持つ人間のひとりである”

そう文章は始まっています。
そして、私もまた、その傾向をもつ人間のひとりかもしれません。
とはいえ、先日も同世代の女優さんがあっという間に命を失うニュースが入りました。そこでまた色々と考えさせられます。でも、最後は希望をもって奮い立たせて毎日を送っています。

この文章で藤原氏は最後に武漢で封鎖の日々を綴って公開した作家方方の「日中福祉プランニングの王青④より下記の文を引用されています。
”ひとつの国が文明国家であるかどうかの基準は、高層ビルが多いとか、クルマが疾走しているとか、武器が進んでいるとか、軍隊が強いとか、科学技術が発達しているとか、芸術が多彩とか、さらに、派手なイベントができるとか、花火が豪華絢爛とか、おカネの力で世界を豪遊し、世界中のものを買いあさるとか、決してそうしたことがすべてではない。基準はただ一つしかない、それは弱者に接する態度である」

”そしてこの危機の時代に「しっぽ」の切り捨てと責任の押し付けでウイルスを「制圧」したと奢る国家はパンデミック後の世界では、もはや恥ずかしさのあまり崩れ落ちていくだろう。”と終わっています。

印刷してA4サイズに8枚弱
ぜひ、お読みください。

まずは…希望の家でこの気づきの時間を大事にして、私たちの国が崩れ落ちることのないように祈りながら待ちたいと思います。



きょうもいい天気なので免疫力をつけるための散歩を母と歩きました。
弓弦羽神社でコロナ収束祈願です。

昨日久しぶりに元同僚Uさんからメールをもらい「ブログ見てるよ、会場で見てみたい」といってもらい、きょうはちょっと気合入れ過ぎたかな?長々失礼しました!どうぞ皆さん有意義な時間をお過ごしください。

展覧会延期のお知らせ 川道政子作品展

IMG_20200327_0001.jpg

4月10日(金)~21日(火)まで予定していました川道政子作品展ですが、昨日緊急事態宣言が兵庫県にも出されたことによりこの度は延期の運びとなりました。日程が決まり次第ご連絡させていただきます。
展覧会目前にこのようなことになり、すでに案内状もお渡ししているお客様には申し訳ありません。
このような事態が早く収束し、普通に会場に足を運んでいただけますよう願ってやみません。

どうぞ、皆様ご自愛くださいますように。




きのうの首相の緊急事態宣言を受けて、全国の知事が集結し、この度緊急事態とされた東京都、神奈川、千葉、埼玉、大阪、福岡、兵庫の7県を支えて国民一体となってこの危機を乗り越えようと鳥取県の知事が全国知事会の声をあげてくれました。
感染症の敵は病気そのもの・そしてそこからくる不安・不安による差別の3つのスパイラルだと日赤が発表していました。
医療関係者はじめこの事態に働かざるをえない方たちへの敬意と感謝をもって、自分ができることをするしかないですね。




画廊は阪神淡路大震災で全壊し、建て替えた折に展示場だけでなく、外からも作品がみれるように窓を大きくとる設計をお願いしました。まだ、灰色のイメージが町にあったので少しでも明るい灯のような役割ができたらいいなとの思いです。今回、川道さんの作品はそんなふうに少しでも人々が桜の花を愛でるようにガラス越しでも見ていただけたらいいなと展示はさせていただくことにしました。本当は目の前で見ても細かい繊細な作品なので、また延期の日程が決まりましたらぜひ会場にて近くでご覧下さい。




人が人をあやめる戦争の無残さを思うと 花は咲き、青空の下、散歩ができる。そして暗い防空壕でおびえながらでなく 電気も点く家にいることは まだまだ幸せだと思うべし。その体験をしている母たちの年代はそう感じているのかもしれません。
みんなで負のスパイラルは断ち切りましょう。


小畑延子作品集「轍」より

2019小畑延子お月さん (2).jpg
作品集「轍」に掲載されたこの作品

小畑延子さんが日展などの公募展に出品されなくなり二年後、神戸・さんちかギャラリーで生まれて初めて個展された時の作品。

ここには画廊でつながったちょっとした物語がある。

この詩は新聞の投稿でみつけた小学一年生の少年の詩。
水彩絵の具で添えられた「月」の絵は延子さん。

当画廊で小畑延子さんの展覧会開催中に訪ねてこられた三人の家族連れ。中学生の女の子は秋のトライやるウイークで画廊にきてくれたMちゃんだった。実は…とお父さんが差し出されたのがこの作品を写した写真。なんと、この詩を書いた本人がお父さんだったというわけ。
小学校一年生の時、書いた詩が、書の作品にとなったことを知り、母と観に行き、母がその作品を求め、今も大切にしているとのことだった。

作品集に掲載したいと延子さんから連絡が入り、Nさんに画廊まで作品をお持ちいただき、写真撮影をさせていただいた。
それが無事、ようやく作品集10頁に掲載された。延子さんの文が添えられより作品がいかされている。45年後の出会いから生まれた一頁。
もう、N家に届いたかな?


Mちゃんも もう卒業だね。新しい毎日楽しめそうですか?


小畑延子作品集 轍

S__17457155.jpg

0831a.jpg

昨年、当画廊で展覧会をしていただいた小畑延子さんの作品集「轍」が出版されました。
先日、我が家にも一冊届き、早速拝見しました。書作品だけでなく合間に文章が入り、また深いものになりました。ぜひ、手にとって見ていただければと思います。ほんの少しだけお手伝いさせていただきました。

さて、その作品集の出版記念の作品展が 当初、4月に行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期されることとなりました。秋の日程が決まりました。

いよいよ緊急事態宣言も発表されるようです。

早く普通の毎日に戻っていられるよう、みんなで乗り越えたいです。


ぬいやすこ★「私のコロナ対策」

骨折をして、手術後。
リハビリをしながらも、入院中の私が心がけている3つのことは、これらです。


①手洗いと消毒
これは病院なので、バッチリです。

②マスク着用
食事とシャワー、洗顔、歯磨きなど以外の時は、ずっとマスクをつけています。就寝時はエアコン対策で、乾燥予防になります。また、当然 顔のほとんどが隠れるので、大助かりです❣️

③味覚チェック
「コーヒーはないけど、ジュースはある」ということで,毎朝提供されるジュースを🍹夕方まで,何回にも分けて,ちびりちびりと飲んで味覚チェックをしています。

S__9977900.jpg

ジュースでなくてもいいですけど、味覚チェックお勧めですよ。楽しくできます。

そして今朝のひとこま。

整形外科部長の先生、リハビリの先生、それに看護師さんを含めた数人による定期回診がありました。

先生が、足の調子を聞かれた後、「味覚は大丈夫ですか」と聞かれたので、私は、ジュースを🍹指さして、「これで1時間に1回味覚チェックをしています」と答えると、

回診のみなさんから、どよめきが起きました。^_^


@骨折で入院されたぬいさん。病院生活が今やコロナ対策が中心となってしまいましたが、いつもほっこり楽しい会話に免疫力アップの予感(^.^)わたしも塞ぎそうな気持をジャニーズの手洗いPV見てがんばります。Amazon経由…あきらめかけていた1ケ月前に頼んだマスクがようやく中国から届きました。そのうち薬局さんで手に入ることを祈って大事に使わなきゃ。家族2枚のアベノマスクではどうも…と案じていたところでしたので。
なにより、お医者さん、看護師さん、ほか命がけで毎日をコロナ対策に過ごしてくださる皆さんに感謝です@

ぬいやすこ★メール珍問答

1日に何度も談話室に行き、遠くに見える海を眺めています。

S__9953323.jpg
晴れの日には、海面がキラキラと輝いてとてもきれいです。
船や飛行機も見えます。
そんな景色を眺めながら、コロナの収束を祈っています。


さて、友人とのこんなメールのやり取りがありました。

友「私が以前足が腫れて歩けなくなって、、、」
私「一瞬、前足と読んでしまいました」
友「私は犬ですか❣️はたまた猫ですか」
私「コジローに近いかな」
友「、、、」

しまった。猫といえばよかった。彼女の実家には、愛猫もなかちゃんがいたんだっけ(笑)

ところで私は、リハビリの時、松葉杖と右足を同時に先に出すので、右足を前足と呼ぼうかしらん。
すみません。迷走してしまいました

@メールあるあるですね(^^;もともと四つ足から進化したんでしたよね。お友達誰かな~って勝手に想像しています。母とのラインも思わずひとりで笑ってしまうことありますよ。笑い免疫力アップ!合言葉ですね。@

4月の南天荘画廊(1) 川道政子作品展

IMG_20200327_0002.jpg
IMG_20200327_0001.jpg

上記展覧会、今のところ予定通り開催いたします。

コロナウイルス感染の諸事情はおさまることなく、自粛という言葉も気になるこの頃です。
作家、作家ご家族も案じられていましたが、密集・密閉・密接のない会場でゆったりと作品をご鑑賞いただければと思います。
作家在廊は金曜日のみ。期間中の木曜日は定休日でお休みです。

ご無理がなければどうぞお越しください、みごとなニードルワークです。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。


🌸

ウイルスに動じず桜の花々も遅い開花の時期になりました。
早くもとの毎日になるといいなと思います。

友人の息子さんが広島の呉で浄酎というお酒づくりにチャレンジして中国新聞に掲載されました。
会社の名前”直会ーナオライ”の意味を初めて知りました。
神事のあとにお供えした神饌をみんなで分け合っていただく場で直り合いに語源があるらしいく、災いから平常に戻るのではないかもしれないけど…あたりまえの毎日に早く戻ってほしいこの頃です。

🌸

皆さん、どうぞコロナウイルスに負けぬようご自愛ください。

ぬいやすこ★「リハビリが本格的に」

24日に糸ではなく,医療用ホッチキスを取ってもらいました。ホッチキスの数だけ,注射針を刺すようなチクッ,チクッとした痛みがありました。

そして装具はこんな風に簡単になりました。
S__9937180.jpg

いよいよ,本格的なリハビリ開始です。
怪我をした右足にも少し体重をかけながら、松葉杖で歩く練習です。
S__9937182.jpg
今右足にかける重さは、体重の3分の1、つまり10数キロです。所々に体重計という関門があり,「OK」とか,「かけすぎ」とか判定されます。

リハビリ以外は3食3寝付きの優雅な生活です。

私の反対に夫が大変です。なので、これから2週連続して,週末に次男が家の手伝い(退院後のための模様替えなど)やコジローの散歩に戻ってきてくれます。
「嬉しくて涙が出てくるわ」というと,次男から「大げさ」と返信がありました。

@着々とリハビリ進行中ですね。優しいご主人と息子さんたちのためにもぬいやすこ復活の日を目指してFIGHT!@

ぬいやすこ★「病棟の引っ越し」

入院12日目に、整形外科の病棟から、リハビリの病棟に移ってきました。

皆さん,私より高齢で驚きました‼️

同室のおばあちゃんは、ほとんどのことを、
看護師さんに手伝ってもらっています。
その方の「ありがとう」という言葉の何倍も何倍も、
看護師さんたちは、
「○○させてくれてありがとう」や「○○してごめんね」と言われます。
すごいです❣️

初日の昨日のお昼間、
廊下からふたりのおじいちゃんの会話が聞こえてきました。
★「友が丘の○○、横尾の○○」
☆「横尾は昔さびしかったな」
★「友が丘の○○,横尾の○○」
☆「横尾は昔、、、」
★「友が丘の○○、、、」
息をひそめて終結を待ちました。


@本当にお医者様や看護師さんたちには頭が下がりますね。着々とよくなられる様子楽しみにしています。オジイチャンたちの話に入って行かれるのかなあとオチを期待したりして(*^-^*)
S__5341191.jpg
お見舞いに行けないのが残念ですが、ブログでお見舞い申し上げます!@

祝 3月17日

S__16982035.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大をふせぐために神戸市も公立校が15日までの休校が開けて10日に予定されていた卒業式が17日に延期になった。政府からのお達しで引き続き休校体制になるも、卒業式は3つのコロナウイルス対策に基づいて行なえることが学校に伝わった。
毎年、縁あって娘の卒業した学校に出席させてもらっているのだけれど、今年の卒業式は色々違った。それでも、胸にコサージュをつけ、卒業証書を持ち、花道をゆく卒業生の姿はなんら変わりなく少し照れながらも凛としている。形にこだわるのではないけれど、卒業式ができてよかった。先生方の精一杯の想いが伝わってくるあったかい卒業式で地域のおばさんも胸があつくなった。保護者として従来の卒業式のように壇上で証書をもらうわが子の姿を見届けられないのは寂しいかもしれないけれど、晴れた運動場で迎えるわが子の姿もこんなときだからなおさら頼もしく思うかもしれない。
限られた時間におきまりのサプライズで先生の想いに応えた生徒たちもあっぱれだと思う。

卒業おめでとう!まだまだこれからが長い。第一波のりきって次につなげて!

24日、次は小学校の卒業式。また、青空の下で迎えられますように。

誰も悪くない。おびえることなく早く普通の生活にもどって、みんなが身も心も元気でいれますように祈るばかりです。
きょうは、お墓参りにもいけたので手をあわせてきました。