ぬいやすこ★リハビリ初日

15日からリハビリが始まりました。
予約の午後1時が近づいてくるにつれ、ドキドキ感が。

そこに現れたのはにこやかな騎士。優しくソフトに足指をほぐしたり、腫れているところをアイシングしてもらいました。
次は、平行棒を使って、左足で歩く練習です。その時、何を思ったか、パッパッパッというか、サッサッサというか、一気に端まで行き、リハビリの先生を驚かせてしまいました。

そして先生から一言。
「おっちょこちょいですね。歩き方でわかります」
S__9920586.jpg
その後,平行棒の中で松葉杖で歩く練習をしたが、パッパッパッは最初の1回だけで、後は慎重に動きました。楽しいリハビリでした。


部屋に戻ると、看護師さんがカーテンを開けてくれていて、きれいな青空が見えました。
S__9920589.jpg

(おまけ)
そういえば、手術前日に息子から「ついでに、おっちょこちょいの性格も治してもらってください!」というラインがきていたっけ。

@さすが、息子殿の一言をオチに持ってくる師匠。毎日いろんなことがありそうですね、引き続きリハビリ頑張ってくださいね@

3月の南天荘画廊

3月、桃や梅‥そして桜と季節の色が優しいこの季節
お変わりありませんか?

画廊の方は早々に予定していたWSなどイベントはお休みとなりました。
遠く武漢に始まった新型コロナウイルスの余波が全国に広がり、神戸市も同じです。とにかく免疫力をつけてなんとか乗り切りたいものです。
みんなで心も体も元気になれる日が早くきてほしいものだと願います。

3月末の里みちこFUKUの日の詩がたりの会は今のところ開催予定です。

一部壁紙貼りにチャレンジもしてみました。




運動不足にならないようにちょこちょこ歩いてます。
きょうは六甲アイランドまで行ってみました。さすがに海の上にかかる橋のところはライナーに乗りました。
子どもたちのあそぶのどかな風景、山と海がとても近く感じます。
IMG_1757.jpgIMG_1755.jpg


ものづくりでは…
AMUさんの製本WSで教えていただいた箱や折本を余分にわけていただいた材料で作りました。学校の勉強も同じで聞いている時は分かっているつもりでもあとでひとりで思い出してしようとしてもはたとわからなくなることがあります。なんとか仕上げましたがどうもあっちこっち気になります。そりゃそうだな。
2週間、空いてしまった子どもたちの創房(アトリエ)も、自由課題と、「こんなマスクあったら楽しいな、面白いな」って課題を出したのですが、早速、いくつか笑顔の写真と共に届きました。元気が出ます。




くれぐれも、無理ないようにご自愛ください!






ぬいやすこ★手術前後

13日の手術は、午後3時からでした。前日の午後9時から、絶食で水もダメだったので、ちょっと大変でした。

ただひとつ密かな楽しみがありました。
朝の6時に血圧の薬を飲むように言われていたからです。この時飲んだ水の美味しかったこと❣️

3時前になり、手術衣に着替える時、看護師さんに、
「ズボンを脱いでください」と言われたので、
私は、「バンツも脱ぐのですか」と聞いて、
看護師さんに、「ノーパンで行ったら、お医者さんがびっくりしますよ」と言って、大笑いされ、私も気持ちがほぐれました❣️

手術用ベッドに横たわった時、先生が「20秒ぐらいで眠ってしまいますよ」と言われたすぐ後から,意識がなくなりました。

おかげ様で無事手術を終え、術後も特別な痛みもなく、今に至っています。

足は今こんな感じです。
S__9912425.jpg
左足が太く見えますが、これは写りのせいです。

さて手術後に待っているのはリハビリです。

見回りの先生から、
「月曜日からリハビリが始まります」と言われた時、
ドキッとして、
「お手柔らかに」と言うと、

「リハビリ担当は私ではないですから」とニタ〜とされました。

@手術無事に終わりよかったですね。リハビリがんばってください!微笑ましいブログ楽しみにしています。@

ぬいやすこ★ただ今入院中①

10日の朝,7時過ぎにプラゴミを出すためにゴミステーションに行く時,小雨で濡れていた道路で滑って、尻餅をついてしまいました。

しばらくじっとしていたらよかったんですけど、焦って起き上がろうとして、また滑って転んでしまいました。
その時、右足首のあたりからポキッという不吉な音がしました。

さすがに「動いたらあかん」とじっとしていたら,何とラッキーなことでしょう。

ご近所のイケメンのスポーツマンの方が通りががり、すぐに我が家に連絡に行ってくれました。一緒にいた保育園児のお子さんにも,私に傘をさしておくように指示をしてくださいました。
そのすぐ後、またまたラッキーなことに、ご近所のバリバリの現役の体育の先生が通りがかられました。

そして、先ほどの方と二人で、私を抱えて我が家まで運んでくださいました。

骨折はしたものの、このおふたりのおかがで、骨がグチャグチャにならずにすんだのではと思っています。とても感謝しています。

今は、金曜日の手術に備えて、養生していますが、コロナ騒動で面会禁止とあって、静かな病棟で、私は車椅子の練習をしています。

@驚きの一報でした👀❗ しかし、ベッドの上では次々ブログの種が芽生えてきそうですね。先生の足=行動力。復帰をお祈りしています。
イケメンに助けられたその状況はさすがに写真は無理そうなので想像して拝読します@

中止のお知らせ 吉崎幹雄展

IMG_20200307_0001.jpg

新型コロナウイルスによる対策の一環で、
予定されていました3月17日(火)~22日(日)原田の森ギャラリーでの
吉崎幹雄展は残念ながら中止となりました。

吉崎さんは当画廊で個展やグループ展白の会などでご縁のある作家さんで、今回の原田の森ギャラリーでの展覧会はこれまでの集大成として大作を出品される予定で準備されていました。昨日、お電話でこの度の展覧会が中止となったことをご連絡いただきました。ご案内をさせていただいた皆様に、お一人ずつ連絡できず申し訳ありませんが、ご了承くださいますようお願いいたします。

まずはお知らせまで




緊張感、不安感をもつ毎日
必要以上のそれらが社会現象としてさらに大きくなり、余分だったはずの感情が広がらないようにと願います。


イタリア・ミラノの高校の校長先生が学校のホームページで生徒に向けたメッセージ
以下《朝日新聞デジタルより抜粋》

「外国人に対する恐怖やデマ、ばかげた治療法。ペストがイタリアで大流行した17世紀の混乱の様子は、まるで今日の新聞から出てきたようだ」社会生活や人間関係を「汚染するもの」こそが、新型コロナウイルスがもたらす最大の脅威だと説いた。
「身に見えない敵からの脅威を感じている時は、仲間なのに潜在的な侵略者だとみなしてしまう」と指摘した。
さらに、「こんなときにこそ、よい本を読んでほしい」と勧め「集団の妄想に惑わされず、冷静に、十分な予防をしたうえで普通の生活を送ってほしい」と呼びかけた。



日本のトップからの突然の休校に子どもたち、家庭、学校、仕事場、などなど波紋は広がりました。
そう、こんな時こそ、十分な予防をしたうえで 普通の生活を送る心の状態を失いたくないですね。普段、必要以上の忙しさに追われている生活が少し”ゆっくりしたら”って言ってもらえてるような気もしています。

そして、その間にインフルエンザを乗りきる対処法があるようにこの事態も収束していってほしいです。普通であるはずがそうでなくなってしまう前に。


長田区の小学校の教室の窓に貼り紙とネギ坊主がならんでいます。
生徒たちと一緒にその成長を見る機会を失った担任の先生が窓辺から授業をしていました。

卒業式はさせてあげたいな。




ジンジョウカズエ発泡スチロールWS 新型コロナウィルス関連お知らせ

先日、政府発表の新型コロナウイルス対策の関連でジンジョウカズエ先生よりご連絡いただきました。
現時点で、3月7日、9日のワークショップは中止としますとのことです。今後の流れはまた決まり次第連絡させていただきます。
11349817974261.jpg
どうぞ、よろしくお願いします。

みんなで日本がこの危機を乗り越えられますよう免疫力つけてがんばりましょう!

続きを読む

中尾あむ製本ワークショップ第3回

今回で3回目となった中尾あむ先生のワークショップ。
お題は「ハガキサイズの爪付箱」

87326938_2374885162613478_8378865102912225280_n.jpg
早速できあがった作品のお披露目。

87649665_2374885169280144_6443582380119687168_n.jpg

同じ形でも選んだ布によって完成の雰囲気が変わります。
3回目にして時間のかかりそうなお題をお願いしてしまいましたが、時間内に終わるように先生がご準備くださって皆さん余裕の完成。

箱って中に何が入るだろうなあっていうワクワクがたまらない。
中身があればって合理的で過剰包装はもったいないとかいう考えもありますが、素敵な箱はとっておきたいし、ましてや自分でつくったなんてことになればばおさらです。グラシン紙にはさんでお気に入りの版画をいれる。昔はそんなコレクションもありました。

はい、グラシン紙も好きなのです。

蓋の部分の綿入れや、象牙の爪付とか
箱もお宝!


次回は4月26日(日)14:00開始
小さなアクセサリー本の予定です。







ぬいやすこ★「コジローあれこれ」

我が家のコジローは12歳半になりました。

S__9814061.jpg

見た目は若く、今でも散歩中に、毎日のように「可愛い❤️」と言われて、私は悦に入っています。

しかし、年相応に身体の衰えが目立ってきました。それで、最近は公園までカートで行き、公園内で散歩させています。
S__9814063.jpg

今朝の散歩中、カートの中のコジローを見て、「英国紳士みたい。上品やねえ」と声をかけてくださった年配の二人連れの方がいました。
私は「この犬はもともとイギリス出身です」と言いました。するとお二人は「なるほどねえ」と妙に納得されました^_^。

そんなコジローには10年来のワンコ友がいます。トイプードルのサスケ君です。

サスケ君は足腰がかなり弱くなって、歩行困難ですが、コジローを見かけると、不自由な足で必死で近寄ってきます。
そんな光景を見る度に、私は「犬にも友情は存在する」と確信し、胸があつくなります。

S__9814065.jpg

@たしかにカートに乗る姿は一層背筋ピンとして上品です。飼い主に似るといわれますよね( ^ω^)・・・@

ぬいやすこ★「もう、びっくり‼️」

去年の秋頃、板宿の福祉の店のバサーで買ったこのリュック。

S__9781251.jpg


確か500円ぐらいだったと思います。

ちょっと派手な感じだけど、可愛い柄だし💕、何よりも安いからいいかも。と思いました。

で、今日何気なくスマホで調べたところ、ちょっとしたブランド品だと知って、驚きました。

晴れやかな気分で大切に使おうっと。

なんだか福が舞い込んだ気分でルンルン🎶。

@なかなかお若い!ボード模様ですね@

2月の南天荘画廊

2月早々、ジンジョウカズエ発泡スチロールワークショップを開催し、ただいま会場はワークショップ仕様で不定休の開業です。

予定は
2月19日(水)口丸弘子絵織物ワークショップ 
        要予約 ¥2,000 《使用する枠は別料金》
         ただいま自由課題

2月23日(日)中尾あむ製本ワークショップ 
        要予約 ¥6,500 
        「ハガキサイズが入る箱」
         材料費込なので制作するものによって料金は違います。
         
2月29日(土)里みちこFUKUの日の詩がたりの会
        要予約 ¥1,500
        毎月29日なので今月は4年に1回の2月29日
        漢字や言葉のなかに気づきがあります。

いずれも開始時刻は14:00です。


私自身も楽しみに参加している大人のワークショップです。

CC373FE3-E6E7-4384-BD73-5B0149BD5D6F.jpg
話はプライベートですが
先日、西宮の神呪寺に行きました。
神呪寺は天長八年、淳和天皇妃真井御前が弘法大師の力を借りて建立したお寺です。毎月21日はお大師さんの日。なんでも融通してくれる「融通さん」の名でも親しまれてるとのことです。88歳母もお大師さんのおかげで甲山制覇しました。
このお寺を知ったのは里さんの詩がたり会できてくださっているお客様から…。
いろんな出会いのおかげです。
E7674BFC-F84D-4A70-A23A-5BFD7ABC4810.jpg

融通さんてやさしい響きですね。



2月・3月もこうみえて忙しいんです(*^-^*)








ぬいやすこ★「ぬい、NHKへ❗️」

先日、ご近所の年配の方から、「ぬいさん、テレビに出てましたね。若く映ってましたよ」と教えてもらいました。

特に「若く映っていた」というのを何度も強調されました。
さらに、「せっかくなので、「NHKに連絡して、見せてもらったらどうですか」と勧められました。
「若く映っていた」という一言に、ぬいの老婆心(ろうばごごころ)は、いたくくすぐられました。実に心地よい響きでした。

このことがあってしばらくしてから、ぬいはNHKに電話で問い合わせました。
結局は、ちょっとインタビューに出ただけなので、お見せできるようなものはないとのお返事でした。

その2、3日後、ぬいは単身N HKに乗り込みました(⁉️)
S__9773074.jpg

他でもありません。テレビでぬいのインタビューを紹介していただいたお礼に行ったのです。受付の方にお手紙を渡し、警備員の方に、NHKの玄関の外で写真を撮ってもらいました。そのあと再び中に入り、警備員さんと、よもやま話を楽しみ、NHKを後にしました。

なんかスゥ〜っとしました。
お騒がせしました(完)。

白の会 ご報告

82534142_2306747026093959_8077529226762256384_n.jpg
1月に開催された白の会の展覧会、チャリティ寄付金のご報告です。
出品者、お買い上げいただいたお客様、募金いただいた皆様のご協力に感謝いたします。

95ED81A9-76FC-4E4F-A467-1464D3AEE10F.jpg82075901_2302019183233410_2969942934264217600_n.jpg82560297_2301998256568836_6715699782733529088_n.jpg82140232_2301998146568847_6029773336395907072_n.jpg82338072_2302019473233381_1226065094010470400_n.jpg6DD93011-F114-42A7-A217-D2DE1451BFC2.jpg
浄財22965円は日本赤十字社兵庫県支部に寄付させていただきました。

ぬいやすこ★「ぬいが広告塔に⁉️」

《前回のぬいブログの続きとしてごらんくださいね》
私のテレビ出演の概要は、多分こんな感じかなと思います。

★1月17日に三宮センター街で、震災の絵の写真を撮っている時に、N HK神戸放送局の取材を受ける。

★センター街の展示は、19日で終わり、その後場所を県立美術館に移し、1月31日まで展示。

★その中日に、私の「素晴らしい展示で、感動しました」というコメントがテレビで流れる。

というわけで、今は「絵の宣伝のお役に少しは立てたかな」という嬉しさがあります。

また、私のコメントを採用してくださった放送局の方に、感謝の念がわいてきます。
で、今お手紙を書いています。

☆おまけ
26日に買ったセーターの写真です。どや顔をお届けします。
S__9748484.jpg

2020ジンジョウカズエ発泡スチロールアート「森のふくろう」

2月1日、3日のジンジョウカズエ先生による発泡スチロールアート「森のふくろう」開催。

3日の節分と重なり、福来(福が来る)と縁起のいい鳥としてコレクターも多いふくろう。両日ともに賑わいたくさんの幸せを運ぶ鳥たちが神戸各地、兵庫県各地、大阪、徳島まで飛んでいきました。そう、遠方よりようこそお越しいただきました。

C624B41B-AD2B-4488-A78F-0C78128A2AF7.jpg
少しずつアレンジ《意図的なものとそうでないのもあるかな(*^-^*)》も入り、制作ちゅうはじめは”串カツみたいやね”だった発泡スチロールがいろんなパーツが重なっていくとあちこちから”可愛い!”と自画自賛の声。
皆さん満足顔。その笑顔に先生も喜んでおられました。


ウイルスで騒々しい世の中ですが、幸せ笑顔はどんどん広がっていくといいですね。


次回のご案内です。
S__154664965.jpg
S__154664967.jpg

ご参加お待ちしています。

ぬいやすこ★「私がテレビに⁉️」

1月26日のお昼に友人から、「さっきテレビににあなたが出てたわよ」と電話がありました。

そうでした。1月17日に三宮センター街で震災関連の絵を見ていた時に、N HKの取材を受けたのでした。センター街の通りの真ん中にあったこんなのです。

S__9723907.jpg
S__9723910.jpg
S__9723912.jpg
S__9723911.jpg

こちらは前回のブログでも紹介しました。
S__9723909.jpg
これらの作品を見た感想を聞かれて、「震災直後の絵と現在のが対比するように描かれていて、感動しました。素晴らしい企画だと思います」
というようなコメントをしたと思います。
とはいうものの放映されることはなくちょっとほっとしていた感想でブログは締めくくったのです。

それが一変。

ともかく不思議なものです。実際には見ていないのに、テレビに出たとあって大興奮‼️

教会でお昼におにぎりを2個食べた後だというのに、近くの水道筋商店街で、はじけてしまいました。

①タコ焼き10個食べ、
②ケーキセットを食べ、
祝杯と称して
③3枚2000円のセーターを3枚買い、

意気揚々と帰路に着いたのでした。

@見たかったなあ、残念!@

ぬいやすこ★「あれから25年」

震災メモリアルの学校の玄関の飾りは、希望の灯りのランタンと、震災で亡くなられた7人の在校生に手向ける7本のローソク入りガラスのコップ。他には献花の花束ととマスに浮かべた菊の花。
S__9691139.jpg

17日には東遊園地で、係の方にいただいた菊の花びらを、水に浮かべました。
S__9691141.jpg

21日には、学校のマスに入れた花をこのようにまとめてみました。
S__9691143.jpg

17日には、三宮のセンター街で、震災関係の絵の展示をみました。
S__9691147.jpg
S__9691145.jpg
この時、NHKから取材を受け、なんやかやと絵の感想を言いました。
放映されずに、心底ほっとしました。なぜって、感想が軽すぎるからです。


@今年も祈りの日がやってきましたね@



白の会 初日

参加者の皆様のおかげで 無事に白の会、初日を迎えました。感謝です。

なんだかバタバタして写真を一枚も撮れず今となりました。

さて、きょうは成人の日。
新成人の皆さんおめでとうございます。

きょうの最後のお客様が教えてくださいました。
「二十歳の原点」
若い日の記憶に残った一冊です。
今、その作家高野悦子さんのもとを訪ねる漫画本があるそうです。
そこで、タイムスリップした現代の若者と悦子さんが
「いかに生きるか」を対話する本のようです。

これからを描いていく
若者たちに乾杯!

展覧会のご案内「白の会」

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

新年初の文字通り
First Exhibition
「白の会チャリティ展」のご案内です
1月13日(月)~18日(土)
会期中お休みはありません。
11:00~18:00 最終日は16:00まで

《出品作家》
青木 信男
石濱扶美子
ウロ 四宮
大岩 光江
川北 俊治
川本 治
口丸 弘子
児玉 悠杏
高木 清
佐々木節子
直井 満子
竹永貴美子
中瀬 邦一
仲野 清子
南熊 山人
増田 初美
山内 修身
吉崎 幹雄
吉田 正彦
和田 英利

田中 邦彦

南天荘画廊


令和と元号も新たに新しい年を迎えました。
”誰かのために”の主旨に集まった作家たちの展覧会が恒例になりました
震災前に始まり
震災時は展覧会の真っ最中
画廊も全壊 
その2年後、南天荘画廊としてREBORN再開し
白の会は今も続いています

あまりにも次々と続く自然災害
チャリティという言葉が遠慮がちになるほど無力に思うこともありますが
心がおだやかになればいいなと
続けていきます

ご参加いただいた皆様に深く感謝しています
ぜひ、ご高覧いただきますよう
よろしく願いいたします

初ぬいやすこブログ★「ぬいの、手ぬい」

明けましておめでとう🌅ございます。

倉敷旅行で買ったデニムのはぎれを使って、年末にポシェットを3個作りました。

大掃除もおせち作りも頑張らず、ひたすら…。
そしてついにお正月に、息子たちのお嫁さんに渡すことが出来ました。(1個は自分用)

S__9617422.jpg


製作にあたっては、苦労もありました。
何せミシンが苦手で、手縫いオンリーの私だけど、いつだって縫ったところがよくほどけてくるんです。
そのことで、友人にも笑われています。

玉結びに問題があるのか、他にも原因があるのか…。
でも、人にプレゼントするとなるとしてそんな呑気なことは言ってられません。

なので、ほどけないように同じところを何回も縫ったり、間違えた所は最初からやり直したり…。いつもの自分には考えられないことをしました。

そうやってやっと完成しただけにとてもいとおしく、「ほどけんとってや」と糸に願いをかけつつ、ポシェットを送り出しました(笑)。

なんだかんだ言って、針を持つ時間は至福のひと時でした。

★新年第一号のブログはぬいさんに助けてもらいました。タイトル「ぬいの手ぬい」はぬいぬいかぶりかな?さすが!今年もよろしくお願いします@★

LastExhibition「クリスマスと新しい年を迎えるための展覧会」開催中

ちこちゃんに叱られそうです。「ぼやぼやしてんじゃねえよ!」
あっという間に日が過ぎて~ L展も半分過ぎてしまいました。

79832346_2240069462761716_8608883734306881536_n.jpg

出品者の皆様 ご協力ありがとうございました!
DM掲載後にも素敵なお仲間があつまりました。

上野陽子
北岡美津子
口丸弘子
ジンジョウカズエ
高見有紀子
田中邦彦
中尾あむ
はらっぱgarden
ふじわら工房atsuko
古谷智子
まつおかさわこ
松永佳代子
三谷恵子
森園よしる
山田良子

16日から本日まで毎日にぎやかに弘子さんのワークショップでたくさんの干支ねずみ絵織物が生まれました。
お疲れさまでした。

展覧会は21日5時まで。5時から平湯さんにお話をしていただいて懇親会。
6時終了、搬出です。よろしくお願いします。