テーマ:銅版画

逸見亜古銅版画展

本日より、逸見亜古銅版画展開催。 昨日展示を終え、2015年以来の新作が並び、圧巻です。 本日、初日と19日.21日の午後 作家在廊予定。 大作から小品まで亜古ワールド、お楽しみいただけます。 ご高覧のほどお待ちしています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都銅版画協会ーミニアチュール展+トライやるⅢ

本日、京都銅版画協会ーミニアチュール展最終日。 そしてトライやるは3日目となりました。 3日目のきょうは事務的なお仕事から開始。 大きなお仕事だったので3人がとても力になりました。 封筒のラベル貼りとはいえ、丁寧に受け取る方を思いながらしようねという声掛けに応えてくれました。 ハガキの枚数分け、プリントのたたみ方、ラベルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都銅版画協会ミニアチュール展+ トライやる Ⅱ

トライやるウイーク2日目 きょうは午前中、開店前までに回転版画に挑戦しました。 色の三原色が重なってスチレンに引っ掻いた線や形が思いがけない表現となります。 意図するものと意図しないものがひとつになるわけです。 現在開催中の銅版画は簡単にはできませんが、版画つながりで体験してもらいました。 合間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都銅版画協会 ミニアチュール展 Ⅱ トライやるウイーク初日 

京都銅版画協会ミニアチュール展の後半。 本日26日よりトライやるウイークの第1グループ開始です。 まずは打ち合わせをして、いいお天気なので窓ふきから作業開始です。 午前中に西口さんにワークショップをしていただき 3人はあっという間にペンを作成。 早速ペンを使って絵を描きました。 きれいな線です。 ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都銅版画協会-ミニアチュール-展

本日より京都銅版画協会-ミニアチュール-展開催 扉をあけると西村昌佐子さんの作品、penpenたちがお迎えします。 ペンギン好きにはたまらないこれぞ、ミニアチュール?! 次のコーナーは上田寛さんの作品4点 何語?どんな創り方されたのかな?などなど お客様、興味津々 北側の壁面 西側の壁面 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川明銅版画作品展 2

西川さんの作品には愛犬ビーグルとともに六甲アイランドの風景が印象的です ヨットがお好きだったそうです 入って二つ目の壁面には・・・ 作品は「嵐」 六甲アイランドの南側、海が見える喫茶店 一度足を延ばしたことがありますが海外のようなおしゃれな場所があります その日は嵐を思わせる空模様だったのでしょうか 手前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川明銅版画作品展 初日

ビーグル犬Jの愛らしいDMが好評の今回の展覧会 残念ながら作家西川明さんは昨年他界されています。 奥様が残された作品を額装し、この展覧会となりました。 生前、ご主人は黙々とご自身のアトリエで制作されていたそうです。 「もう少し作品について聞いていればよかったです」と奥様が語られていましたが、作品を通して声にならない声が語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銅版画作家の仕事展を終えて

今回はワークショップが日程に組み込まれ、作品の展示とともに充実した体験をさせていただきました。 講師の中村是之先生、ハセガワアキコ先生、そしてご参加くださった皆様ありがとうございました。作品創りの大変さを実感しながらも、おもしろかったと言ってくださり、またの機会も楽しみにしていただけたようです。 先生方のご指導で作品その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銅版画作家の仕事展 初日

《出品作家》敬称略 芦田朋子・オダアサコ・志賀由紀子・中村是之・西村昌佐子・ハセガワアキコ・畑ゑり子・逸見亜古・鷲田祥子 扉を開けたところに、このたび出品していただく9名の作品を並べました。 このたびの展覧会は中村是之さんがメゾチントのワークショップをしていただけるということで企画が進みました。また、京都銅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都銅版画協会展6

搬出後です。 FACEBOOKには皆さんの写真をアップさせていただきました。さてブログではお越しいただいた流れで作品を紹介させていただいてきましたが、あと搬入、そして今日の搬出にも来ていただいている皆さんの作品です。 中村是之 すずらん/冬の便り (メゾチント) オダアサコ bird2 / it came …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都銅版画協会展 5

昨日は滋賀や岐阜からお客様がたずねてくださいました。 森田万里 武満徹に捧ぐ(ドライポント・コラージュ) nocturne2(エッチング・ディープエッチング) 滋賀からのNさん。”武満徹”さんを語りはじめました。 現代音楽の分野で世界的に名の知られた日本を代表する作曲家。エッセイストでもあり、小説も書かれているそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都銅版画協会展 4

なんとかお天気は持ち直し連休最後の日となりました。 朝一で15日からの展覧会をさせていただく貝澤さんと額の最終チェック 現代書なので書額にとらわれなくていいのと言っていただいてたものの作家のイメージにあうように額とマットと合わせながら作品を味わいつつ額装をさせていただきました。 まずは、気に入っていただけてほっと一息。よかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都銅版画協会展 3

昨日は京都からハセガワさん、加納さん、芦田さんが来てくださいました。 作品について色々お伺いしました。 ハセガワアキコ 環-KUROHAE(コラグラフ)  環-青北風(エッチング) ツナガルモノというテーマで作品創りをされているハセガワさん。 技法も身近な素材を用いたりさまざま 以前展覧会とともに製本ファイルを講習して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都銅版画協会展 2

今にも泣きそうなお天気です。 会場はぱっと明るく・・・ きょうは会場全体を見回してみますね。 まずは扉をあけると森田さんの作品から・・・ そしてカウンターを越して次の壁面 北側、西側と続きます。 いつもは少し早い時期なのですが今回は11月。 きのう6時前のすっかり暗くなった会場は外からと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都銅版画協会 ミニアチュール展最終日

きょうは最終日 午前からお客様、作家さんが続きました。 今回はキャプションにそれぞれの技法も加え、見て下さる方も少しずつ理解いただけたようでした。 初日には新聞のギャラリー告知を見て、銅板に描かれているのかと思って来てくださった方もあり、銅板画と銅版画の違いに納得したわけです。 さて、5時の搬出に来てくださったメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more