テーマ:日々徒然

4B展 また来年

7月30日最終日。 初日の日に皆さんで写す集合写真 全員とはいきませんでしたが その日に参加されなかった先生と合わせて記念写真です。 来年のご予約もしていただきました。 2015年7月31日(金)~8月5日(水) また、お会いできるの楽しみに! ◆ いつのまにか 御影の風景が変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4B展 2日目

2日目 ”暑いですね”がこのところのご挨拶 さて、昨日の続きですが シクラメンを描いた辻井利夫先生の作品「火炎草」 ちょうど奥様ときてくださった辻井先生にお話を伺いました。 赤いシクラメンとは少し趣が違う黄色みのあるシクラメン めずらしいそうですが、火炎草という名はすでにあったようです。 花ってね、赤、黄、青のど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小畑延子さんと・・・

先日、”耿の会”の展覧会のため、東京から戻られた小畑延子さんが画廊にきてくださいました。 お話を伺い、しばらくぶりの大作に挑まれたとのこと。拝見するのを楽しみに金曜日母とお尋ねしました。その作品が「獨」「楽」です。 ご主人の独楽の絵は画廊の常設として飾らせていただいていますが、延子さんの書も圧巻でした。これくらい大きな字を書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SAITO展 3日目・・・ と

雨あがりましたね そこで、雲を眺めて こちらも会場では初めてご披露となるバッグです。 なんとくるくるまいてコンパクトになるナイロンタイプ こちらはポシェット 携帯とペンをいれるポケットがついて便利そう デパートでこれを腰につけている店員さんにどこで売っているのかを聞いて買いにきてくださったiお客様もおられました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日からSAITO展

昨日搬入、展示をすまし、明日から展覧会開始です。 案内状のレインボー猫ちゃんのトートバッグ、さらにいろんな色合いがあり鮮やかです。一点ずつみんな違う手仕事なんです。こちらはシルクスクリーンという技法です。 ぜひご来場の上、手に取ってお楽しみください。 ◆ ところでワールドカップ{%サッカーwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIFA WORLD CUP2014 日本の第一戦

きょうは朝から気合入っていました。 そう、サッカーの日本代表戦があるからです。 申し訳ありませんが 南天荘画廊はサッカー日本代表を勝手に応援しているので 本日午前中はもちろん・・・ごめんなさい。 4年前の6月21日、ワールドカップ応援ビッグTシャツ(段ボール使用制作with子どもたち)をテラスに飾ったところ反響がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の日に

子どもたちの想い・・・ 創房にて 5月から作り出していた作品 みんなお母さんから生まれてきた ありがとうの気持ちを言葉に出しにくくなっても その人を思いながら手間をかける、時間をかける いつのまにか一所懸命作ってた子どもたち とっても素敵な子どもたち ◆ きのう お母さんがいない子もい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の風に…

昨日、大学時代のお友達が能を披露されるというので京都観世会館へ行ってきました。 Uさんは広島の青嵐会に所属されていて、友人たち10数名ご招待を受け、静粛な雰囲気をあじあわせていただきました。前日、仕事で12時を過ぎるころまで起きていたので不安もありましたが、凛とした姿に約一時間、彼女の舞をみせていただきました。 演目は「杜若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川明銅版画作品展 子どもの日

きょうは子どもの日 きのうのだんじりの賑わいと反対に静かな雨の朝 4日目の展覧会 開廊早々、東京から来られた息子さんご夫婦、丁寧に作品をご覧でした。 西川さんの展覧会、ビーグルJ君とともに、ご家族の肖像が印象的です。 幼いころの娘さんを描いた「娘」 奥様がモデルになられた「想う」 そして3人目 少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川明銅版画作品展 2

西川さんの作品には愛犬ビーグルとともに六甲アイランドの風景が印象的です ヨットがお好きだったそうです 入って二つ目の壁面には・・・ 作品は「嵐」 六甲アイランドの南側、海が見える喫茶店 一度足を延ばしたことがありますが海外のようなおしゃれな場所があります その日は嵐を思わせる空模様だったのでしょうか 手前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里みちこFUKUの日の詩がたりの会 20140429

きょうは29日、里みちこさんを迎えての詩がたりの会 長崎ピースミュージアムの里みちこナガサキポエム展を終え、京都「森の小枝」さんで5月11日まで開催中の筆文字らんまん里みちこのふっくらポエム展に顔を出しての南天荘での詩がたり会。 そのバイタリティには恐れ入りますです。 ちなみにナガサキの作品は、その後長崎シビックホールで引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカハシノブオ《回顧》作品展  春の嵐

日差しの割にはひんやりとした春の嵐 M中の西門に学校と切り離せない松があるのですが 春になったら桜が寄り添って こころなしか松も嬉しそうです。 春の嵐にマケズ、もうちょっとがんばれ! そんな嵐の中、きょうはNさんが亡きご主人の作品の額装に来てくださいました。 2006年に遺作展をさせていただいたときの作品と再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原田の森ギャラリーにて

きょうは原田の森ギャラリーで一日仕事 ムサビの展覧会の準備でした。 作品の展示はどうなることかといつも思いますが すてきな会場になりました。 あすから23日まで 開催です。 多種多様、楽しんでいただけると思います。 きょうはギャラリーの中だけで一万歩以上あるきました~!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白の会チャリティ展より

1月のFirstExhibition白の会展。 チャリティ展ということで毎年わずかですが寄付をさせていただいています。 先日ご紹介した赤いポスト募金にはぬいさんの貝飾りなどを持っていただいた浄財をそのままいれさせていただき、会津にお送りしましたが、一方、白の会の作品の売り上げの一部は例年日赤にさせていただいています。後日領収書が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレンタインによせて 3 

昨晩、叶さんからご連絡いただいて16日の案内状を少しいただけますか?ということでした。 先日、バレンタインによせて 1でご紹介した ”なんてんそうオリジナルポストカード AI 本当に大切なものはね・・・”の宛名面に 今回のイベントのご案内を印刷させていただきました。 そこでさきほど8時過ぎ、自転車の叶さんに手渡しいたしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレンタインに寄せて 2 「東日本応援講演会 叶佐枝子」 

新聞でご存知の方も多いかと思いますが「叶佐枝子さん」をご紹介します。 叶さんは自転車で東北を回り、東日本被災地への応援メッセージを集めて、色々な出会いを体験されて神戸に帰ってこられました。 実は旅に出られる前に画廊でのワークショップにも参加されていました。トライやるの生徒さんたちと一緒にもういっぺんさんのペン作りをして、落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレンタインに寄せて 1

街にはチョコレートをはじめ、バレンタイン宣戦がまっただ中。おいしいチョコで気持ちを伝えるというところは善しとして、その由来ぐらい知っておいたほうがどうかとここにご紹介。 「バレンタイン・デーは、英語では「Saint Valentine’s Day」、訳せば「聖バレンタインの日」という意味です。つまり、バレンタインというのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準備完了!明日から「白の会」

今年も白の会でスタートです。 21名の作家さんにご協力いただき1年の最初の展覧会 聞きなれた言葉かもしれませんがチャリティ展 出品者、お客様、それぞれの気持ちが誰かの役にたてますように・・・ 会期中、口丸さんからワークショップのお声かけをいただきました。 先日、口丸さんのかばんについていたクリスマスツリーのボンボンを見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迎春2014

あけましておめでとうございます 本年が皆様にとって幸多き年となりますように・・・ 年末から、日常の時間を少し停めるために横浜の妹宅で過ごしました。 私たちにとって、芸能人のハワイ?みたいなもんかな? とはいえし残したことを全部するには時間が足りないので、まずはお墓参り。 帰ってお飾りをつけ、留守番を託し 夕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都銅版画協会展 明日からです

昨日は京都銅版画協会展の搬入・展示でした。 17名の銅版画協会の有志の皆さんによるグループ展で毎年していただいています。 9名の方が準備に参加してくださり、また額もほぼ同じなので50点以上あるにかかわらず、あっという間に終わりました。京都から今年は岡山の倉敷、東京でも近々展覧会をとエネルギッシュに発表の場を持たれています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原田の森へ 

12日の土曜日は原田の森へ行ってきました。 この扉は文学館。 ぎしひ・・ぎし・・・・・ ゆっくりと扉をあけると静かに世界は広がりました。 娘の母校が近かったのでPTAで何度も通った道の角にありました。なんどか訪れたことはありましたがきょうは文学館らしい展示でした。特別展「原田の森の青春譜ー神戸の近代化と関西学院」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休みの記録

あすは始業式、なんて日に夏休みの記録の日記をうめていくけれど・・・。数えるときょうは4日。 覚えている間に今年の夏をとどめておこう。 今年の夏、私の中では8月に入り画廊はお休みで、創房の日程をゆったりと取り、自分の作品創りもできればと拠点を秘密基地(創房)においた。そんな中、お盆休みは娘がつきあってくれるというので横浜の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あっという間の夏休み

nantensogaro.com更新しました! 4B展がちょうど7月で終わったので、8月は創房に集中していたらホームページ http://nantensogaro.com/ の更新を8月はスルーしていたのですね。ぬいさんからチェック入りました。もうしわけありません。ほぼ毎日の創房と9月からの展覧会DMで時間がいっぱいいっぱいでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の日々 

ぬいさんから、300回を迎えてのブログが続き、ひとまずお盆休みしますとのこと。 さて、4B展を終えてゆっくりしてはるんかなとか思われているかもしれませんが、けっこうけっこう、忙しい日々を送っているのです。 先日、秋に展覧会を予定してくださっている貝澤さんのDM準備を一緒にさせていただきました。書道の概念を覆す、これは絵画に近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HappyBirthday to ・・・

時の記念日の日、お誕生日を迎えた母 FBにアップしたら思いもよらぬメッセージが届き感謝 Nさんからも丁寧に封筒でカード送られ感謝 きょうはちょっとお歳召した方々のコンペに参加 台風到来を心配していたけれど なんとか雨は免れて・・・ただ、風はそこそこ でも、元気に戻ってくればよしと。 その数日前 宝塚の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗報 小畑さんより

今朝、ファックスが届きました。 小畑さんのご主人、宇野マサシ画伯の絵が瀬戸内寂聴さんの新刊の装丁に使われたとのことです。 5月15日(水)発売の「それでも人はいきてゆく」 出版元は皓墨社さんです。 全国の本屋さんにおかれる予定です。 楽しみですね。 ■ しかし、暑いですね。 5月、薔薇は満開です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨ニモマケズ 風ニモマケズ・・・

5月19日から25日の展覧会の案内状 今年で3回目の宮澤賢治作品をテーマにした展覧会 地震前に「やまなし」と「よだかの星」 地震直後に「銀河鉄道の夜」 今年は「雨ニモマケズ・・・」「オツベルと象」「注文の多い料理店」 まだまだ時間がたりな~い 日が迫ってきて少々あせりぎみ みんなの仕事がうまく展示できれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいHPがようやく完成しました

以前のHPがうまくいかなくなって、色々試行錯誤をしながらようやく新しい入り口ができました。 nantensogaro.comで検索していただいたら南天荘画廊としてでてくるはずです。 まだ、ご案内が行き届いていませんが 色々と充電中に、どうあるべきか考え整理しました。 (ちょっとたいそうですね笑) 考え過ぎると前に進まないこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

額と作品との出会い

厚みのある板に描かれた作品をお預かりしました。 裏にも貴重なメッセージが入っていたので透明なアクリルを裏板にし見えるように・・・。 流木のような自然な木の風合いが作品にあっていたので、今回は同志舎さんの額を使わせていただいています。きょう、ご依頼いただいたNさんにお渡ししましたが、とても喜んでいただけてほっとしています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常設展・・・と御影近況

川西祐三郎先生 木版画 歌劇の楽園(宝塚) 花見ごろ ただいま不定休で常設展をしながら 研修、健康維持、所用と平行し営業させていただいています。 日に日に暖かくなりますが 今日のように曇りの日や急に寒さが舞い戻ったり 三寒四温、春の嵐とはよく言ったもので こうしてあたりまえのように季節が巡るとちょっとほっとします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more