テーマ:創房

2018創房展 ごあんない

昨日より28日まで創房展開催です。 昨々日、昨日、今日とお稽古と並行しているのでバタバタしていますが、お時間がありましたらご高覧ください。 相変わらず宮沢賢治さんの作品にチャレンジ 今年は「よだかの星」を読んで絵にしました。それぞれ選んだり、組み立てたシーンです。 どの作品も大好きです! トライやるウイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散りゆく桜・・・

まずは4月12日のFBより・・・・ 寒い朝ですね。 昨日は公立の小、中学校の入学式。幼稚園から高校まで近辺にある我が家は季節になると各年代、ピカピカの一年生が往き来します。思いのほか身の引き締まる昨日、今日でしたが桜も思いとどまってお祝いしてくれたみたいですね。 土曜日のアトリエ、桜をテーマにしたのですが年長さんのRちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どものパワー

きょうは創房 今月はいろんな技法を通じて色や形と親しんでいるプログラム 今週は和紙を染料で染めてオリジナルの紙を作る作業と チラシや新聞を切り取ってコラージュという貼り絵をしてみた 和紙の方は単純作業だけれど偶然の美しさに感動する コラージュは色々と楽しみながら材料を切り取り しまいにはチラシの中に埋もれて作業し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創房 little artist exhibition 終えて

展覧会を終えて数日たちますが、まだ余韻に浸っています。 久しぶりの展覧会子どもたちのエネルギーを借りて幸せな会場となりました。 ご来場いただいた多くの皆様に感謝です。 すてきなメッセージもいただきました。 最終日 土曜日の創房を9時からして、作品とみんなの撮影会 11時に画廊開店 長田のT中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創房 little artists exhibition 2  注文の多い料理店

これは今年展覧会を前に岩手を訪れたときの写真です。 盛岡の光源社に行く途中の通りにいらした賢治さん 後姿をぱちり、失礼しました。 「注文の多い料理店」の出版元でもある光源社 ここには長岡輝子さんの朗読が流れるギャラリー《マジエル館》がある。 ここからはその出版をめぐるあれこれ。 注文の多い料理店は賢治のほか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創房 little artists exhibition   宮澤賢治作品によせて

19日から開催の創房展です。 入ったところは 雨ニモマケズの言葉をみんなで分担し 案内状にも使った10センチ角 雨、風、雪、夏の暑さをイメージした作品と 合わせて展示しました。 4歳には4歳しか表せない絵や字 15歳には15歳の表現があり それは同じ年でもさらにひとりひとりの個性があり 作品にいたるまでの過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創房 オツベルと象

もう春がくるかなァ きのうは創房 5月には展覧会をしたいかなと思っているので そろそろ意識をし始めて作品創り 2月にYさんとフェリシモ主催の 宮沢賢治の弟さんの息子さんがトークショーというので 出かけて、その影響もあり やはり、宮沢賢治作品を候補に 展覧会を考えているのだけれど 4歳の豆画伯には難しいか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうは楽しいひなまつり

創房でつくった雛飾り 先月の節分の台を利用して 雛飾りをつくりました。 きょうが雛祭りの3月3日 女の子の節句と言われていますが 創房ではみんなつくります 持って帰ったら 「お母さんのために作ったよ」って言って渡してくれたそうです。 「嬉しかったです」ってお母さんがメールで知らせてくれました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咲いた、咲いた

子どもたちと描くために買っていたヒヤシンスの球根 あれから2週間 満開の白となりました デッサンいややなって感じだったのに いつのまにか 自分から描きだしていたY君 白いものばかり 集めて 明暗探しのためのモチーフたち モチーフって 絵を描くための材料のように片づけられがちですが スポーツの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県立美術館 北欧のアート

「フィンランドのくらしとデザイン」 ~ムーミンが住む森の生活~の 展覧会が兵庫県立美術館で開催されているというので出かけた。 ここは撮影OKのムーミンの家 会場に入る前にまずは迎えてくれた。 会場は19世紀末から20世紀前半にかけての美術・建築・デザイン ガラス工芸品や椅子、有名なマリメッコのテキスタイル …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第24回 4B展 2

きょうは2日目 暑い一日でしたが多くの方が来てくださいました。 青木 操先生「いのち」 西堀 裕恵先生「warabi」 福井 研一先生「樹」 田中 一好先生「風について(侵入)」 橋本 美穂先生「夜のアパート」 三浦 孝宣「蝉しぐれ」 永井 逕一「昭和20年8月20日B29を見た」 小品は覗き込むと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SOBO little artists exhibition ぼくがみたそら2

きのうは梅雨があけたのかきれいな青空でした。 みんなで描いたP60号 大きな雲の上に乗るなら、どこに乗りたい?ってそれぞれ自分で自分を描きました。 自分を描くってことは気持ちを表現すること それぞれ・・・らしいなって見ていました。 Y君の夕陽を指さす方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SOBO little artists exhibition ぼくがみたそら 1

昨日、7月14日(土)南天荘画廊の35回目の創立記念日の日に重ねて創房の展覧会の初日となりました。 1週間遅れの七夕ですが、ドアを開けると願いをこめた短冊がお迎えします。 メンバーはもちろん、来ていただいたお客様も参加していただいて、絵に描いた笹はどんどん華やかになっていきます。 「家族がみんな元気でいますように」って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SOBO little artists exhibition 案内状完成

ただいま、子どもたちとこの展覧会にむけて創作活動真っ最中 今年の案内状はプリンターで刷るのをやめて 印刷屋さんにお願いしました。 空の写真にみんなの名前をローマ字で入れてあります。 気がつくかな? 自分でいうのもなんだけどちょっといい感じ みんなは展覧会だぞ~という気負いもなく楽しんでるけどね。 それでいいよ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソラを見てはシャッター押しています ~御影工業高校跡から~

御影工業高校跡から・・・ あっという間に月は流れますね きょうは土曜日の創房 昨日のブログの流れでテーマは空です 私も一枚と見本を兼ねて描きはじめていたら けんけんにどうやら先を越されてしまいました。 「ぼくな、サッカー好きやから・・・」 というわけで描きはじめた彼 選手がひとチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソラを見てはシャッターを押しています~タワー~

御影の空です 斉藤さんの展覧会は台風の一日を含め、水曜日に終わりました。 台風の日も何人かのお客様をお迎えしました、感謝です。 最終日開店早々、ぬいさんに元気づけていただき、お客様も続いて盛会でした。 今回はチュニック風のブラウスやワンピースが人気でした。 また、来年を楽しみに・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広報紙完了!

あとはデータチェック待つのみ 武蔵美の校友会のお仕事を手伝わせていただいて、気がつけばかれこれ何年。 といっても一年に一回、または二回の発行なので楽しんでさせていただいています。ただ、専門家がたくさんいそうな大学ですので、声を小にして・・・。 もう少し早く取り組んでいれば、と思うことばかりですが〆切りのおかげでひとつひとつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福山雅治”生きてる生きてく”

はまってます 作詞・作曲・歌 やるなぁ・・・ 不思議なものだ 子どもの頃は大人になんてなれないのに 大人になれば「ときめく」だけで いつでも子どもになれる いままで生きて 出した答えは 正解よりも間違いのほうが多いよ 僕はまちがいながら大人になってきたんだ こんな僕の人生のいいことやダメなことが 100年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハセガワアキコ展~ワークショップ交差式製本ファイルをつくりました

展覧会が終わって3日目。 実は2回目のワークショップの様子をアップしようとしたら摩訶不思議、SDカードに写したはずの写真がパソコンで開いたら入っていないのです。 あ~~~~~~~です。 せっかく11名の参加で賑わっていたのに残念無念。 そこでハセガワさんが写しておられた写真を送っていただきました。 準備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かたづけるということ

きょうは資源回収 ”資源”という言葉に救われながら、道沿いに”紙たち”を出した。 次の進路が決まり、高校時代の整理を始めたA ここ何日、部屋の大改造。 棚の上のほうで見守ってくれていたぬいぐるみたちから これまでのアルバムも 教科書も参考書もノートも・・・ 右と左に分けられて。 ぬいぐるみとアルバムは結局 いろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白の会 初日

白の会 初日です。 みなさんの作品がおさまりました。 白の会は1年の最初にお互いの元気を作品を通じて確認し合い それぞれの健闘をたたえ 感謝してささやかでも誰かの役にたてるようがんばろかって会です。 だから絵画、写真、陶芸などジャンルもさまざまで プロ級から楽しみながら創作活動を続けている人までさまざまで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休みの記録 -創房

きょう、いえ きのうも朝から創房。実は仮眠のはずが12時を過ぎてしまった。 子どもってすごいなと思うのは こうしたいっていうことを”あきらめない”ってところ 特に工作に関してはすごい。 口から硬貨をいれて 首を通って体に貯金。 なんとキリン。 大きさを25センチ四方に納める課題の中 キリンは難関を突破。 え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休みの記録 -児童館へ

20日、この週の土曜日はいつもの創房でなく、六甲アイランドの児童館へ出張。 創房の子どもたちの手ごたえもあって マーブリングで涼しい夏を作ろうというテーマで準備。 墨流しのカラー版ですが、瞬間で広がる偶然の模様に「わあっ~!!」という声があがるのが嬉しくて選ぶ素材です。 フランスでもおしゃれなマーブリングの紙が装丁などに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

little artist in 創房展 それぞれの「かたつむりとあじさい」

6月の創房であじさいの鉢を3つ買いました。 青いガクアジサイ、清楚な白いあじさい、満開のピンクのあじさい。 各自が選んで描きました。 背景はそれぞれ想像して・・・夕焼けあり、雨上がりあり、しずくたらりあり・・・。 そして先に描いていたかたつむりが登場 生きているものを描くとイラスト風になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

little artists in 創房展 それぞれの 「銀河鉄道の夜」

16日初日をむかえた子どもたちとの展覧会。 私的には東日本大震災を心にとめることがテーマでした。 今年はひょんなことから何人かの子どもたちが準備も一緒にしてくれました。 トライやるウイークが秋になり、中学生の手を借りる機会がなくなっていたのですが、自分たちの作品会場を自分たちで展示するのもいいものだと思ってその姿を見ていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なでしこやりました!

きょうは夜明け前からサッカー観戦。なでしこ決勝戦へ! がんばりましたねえ。 小さいのによく走り、粘り・・・すごい! その勢いをいただいて朝から創房展の準備。 きょうは額装。 立体額に入れた0号のキャンヴァス。 子どもたちの絵がカッコよく見えます! さださんの新しいアルバム聞きながら 仕事してました。 11時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリジナル缶バッチ 創房のlittle artist編

娘の高校のPTAを通じて”東日本大震災に私たちができること・・・P”がきっかけで缶バッチ作りの小さな道具を買いました。 300個ほどその文化祭で募金アイテムとして完売。 もちろん、前にお話をしたタオルも無事目標を達成し、明日、高校の会長さんが気仙沼市の本吉響高校に届けるために神戸を出発し、(ご自身の仕事場からのボランティアも含め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SLOW DOWN 6月のかたつむり

5月が足早に通り過ぎ 気がつけば6月 友人からあざやかな芍薬の写真が送られてきた。 さて6月といえば・・・今週の創房は線を描くことから入った。 まずはぐるぐるね、そうだなあ。 「蚊取り線香しってるかな?」 「うん・・・」 「うん?」半々。 次はかたつむりにしあげた。 「そういえば最近あまり見ないね。」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙はいつのまにか・・・

だいそれたタイトルですが創房のお話です。 月3回の創房なので2週間ぶりのきょう。 今年の展覧会はどうしようかなと考えていましたが 東日本大震災のことを忘れないために 宮沢賢治の銀河鉄道の夜を物語テーマに選ぼうかなと思いました。 小学校低学年には少し難しいのですが・・・・ きょうは15年以上も前の私の描きかけの大きなキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「光の射す方を見ていこう」 糸井重里さんの記事より

東日本大震災をうけて4月14日、15日の神戸新聞の記事からです。 コピーライタ―の糸井重里氏が地震直後から、「ほぼ日刊イトイ新聞」を発行するなどして様々なメッセージを発信し、それをまとめたような記事が掲載されていました。読んでいて、そうだ、なるほどと思うことがあって切り抜いておいていたのです。情報は自分で判断し、間違わないこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more