創房展 little artists Exthbition①

S__14975018.jpg
本日より12日12時までの展覧会。わけあって最終日は12時までです。また10日(木)休廊です。

先生 宮沢賢治好きやもんね
う、まあね
みんなに知っとってもらいたいから

長いお付き合いなので少々覚悟は決めてるらしい子どもたち
というわけで
今年は「風の又三郎」と「双子の星」を決めた

なぜ決めたか
みんなのイメージがそうさせたかも
お話にでてくる小さな可愛い星たち
後者も主人公も村の子どもたちも同じくらいの年恰好
今につながっている子どもの世界が描かれている

というわけで・・・

小さい3人娘は「双子の星」
大きいお兄さん、お姉さんは「風の又三郎」
まんなかのみんなには選んでもらった結果「風の又三郎」

去年の「よだかの星」は回し読みもできたけど
短いようで風の又三郎は長く、時間的に難しい
一番上のお兄さんは黙読で読み上げてくれたけど・・・

幸い3年生諸君も学校の音読で
どどっど どどうど どどうど どどう・・・は
体験済みでそこのところの乗りはよく
なんとかきょうOPEN

作家さんとご家族のほか
三重からかけつけてくださったN君のおばあちゃま
卒房生のお母さん
大人の賢治展で活躍してくれたデコサン 良子さん

早速ありがとうございました!



毎日一つずつ片付ける
それしかない

きのうはラグビーTIMEが入って
仕事があとに回ったけど
いい試合だった

がんばろ!

それぞれの宮沢賢治展②

昨日、"それぞれの宮沢賢治"展は里さんのFUKUの日の詩がたりの会と重ねて盛会に終えることができました。

ほんとうの幸いとは・・・
と 投げかけた賢治さん。
FUKUの日の詩がたりで"愛の種"を読んでいただき、
私たちもまた賢治さんのいう ほんとうの幸いを求めて
小さな行動を続けていきたいものと思いました。
すべてに感謝

Facebookページにアップしていたものです。
遅くなりましたが会場の様子です。

71524234_2094035300698467_8007612768410664960_n.jpg
里さんの詩がたり会に+として平湯さんと北岡さんにご参加いただきました。

71100038_2094035210698476_2725576393386622976_n.jpg71337306_2094035230698474_4608138809232588800_n.jpg71526724_2094035277365136_3876441463357177856_n.jpg


また、募金のご報告をあらためてさせていただきます。
ご協力ありがとうございました。

ぬいやすこ★読者投稿欄に

ここ1週間ほど、風邪で家でウダウダ過ごしています。
原因ははっきりしています。
バタバタ出かけ過ぎでした。
反省しています。

さて、先日旅の雑誌「ノジュール」に載せてもらった投稿文を紹介させていただきます。
S__8839175.jpg

20190930nui.jpg

2019”それぞれの宮沢賢治”展より①

3日目を迎えた今日ですが賢治展の様子をご紹介しますね。1日目。

扉をあけると
201909賢治展貝澤.jpg
書 「雨ニモマケズ」「デクノボー」貝澤洋子

201909賢治展山住.jpg
「賢治像」  「北十字星」  森園よしる

そして
オープニングイベントより
201909賢治展山田.jpg 
賢治さんに関わる 3つの新しい発見  山田良子

201909賢治展平湯.jpg
ストーリーテリング 「ざしき童子のはなし」 旅の感想を添えて  平湯秀子

201909賢治展太田.jpg
解説 「いのちを感じる時 別役実」 賢治童話の魅力を語る別役氏の解説の朗読  太田章子

201909賢治展北岡.jpg
詩がたり 春と修羅より  北岡美津子 

懇親会では参加された出品者からひとこといただき
その後は秀子さんの手作りケーキとお茶でなごやかなひとときとなりました。
ごちそうさまでした。感謝!



もう少し詳しい内容は後日(^-^;


第7回 ”それぞれの宮沢賢治”展 お知らせ

いよいよ23日(月)~29日(日)第7回”それぞれの宮沢賢治”展 が開催。26日(木)休廊

23日(月)14:00~ オープニングイベント
29日(日)14:00~ 里みちこFUKUの日の詩がたりの会+ 

IMG_20190921_0003.jpg

参加・協力者をご紹介します。

青木信男・石井義啓・池本明代・上野陽子・※太田章子
貝澤洋子・金沢明彦・※北岡美津子・口丸弘子・高見有紀子
戸田勝久・中瀬邦一・南熊山人・西口秀雄・※平湯秀子
松岡佐和子・松本登志子・森園よしる・※山田良子
※23日オープニングイベントで朗読・トーク・ストーリーテリング参加者


きょうは宮沢賢治忌 1933年 享年37歳

こんな若さで病気でなくなった。
なのに、してきたことは文学だけでなく 
農業、教育者、鉱石の研究などなどなどなど・・・
そしてなにより 今もなおこうして私たちとともにいる
となると123歳生きていることになるのか

そしてなにより参加者の皆さんに色々教えていただく 
学び合いも貴重


東日本大震災がきっかけとなって企画するようになったこの展覧会

今もなお、災害は続く
なにができるかと問われたら・・・
せめて思いをよせること


雨ニモマケズ 風ニモマケズ

とはじまるこの言葉たちは
最後に

サウイウニンゲンニ ワタシハナリタイ

とくくられている
なりたいと思うことで少し
賢治さんに近づけるかな


”世界全体幸福にならforないうちは個人の幸福はありえない”
テレビのチャンネルを変えると
まだまだ世界全体の幸福は遠い

せめてpray for 



この展覧会の収益より会津放射能情報センター
放射能から子どものいのちを守る会に
役立てていただけるように思っています。
 





永井逕一展 ようちえんであそんだこと②より

昨日敬老の日16日、永井先生の展覧会の最終日となりました。

敬老の日だから、言うのではありませんが、80才を過ぎてもとてもそう見えない若々しさはこうして子どもたちとの時間を持たれているからだろうなと思いました。2回目の披露となった展覧会でしたが、させていただけてよかったなぁと思う場面がいくつもありました。看板に描かれた先生のお名前を見て何十年ぶりで訪ねてきてくださったお客様…感動でした。

先生の描かれている絵にはもちろんお誕生日の主役がいるのですが、その周りの子どもたちや人々とのつながりを見つける楽しさを教えていただきました。絵の世界だけでなく、日頃の子どもたちの園でのかかわりを大事にしてピックアップされているでしょうね。
絵はがきになってはいないのですが、季節感もふくめて作品をご紹介。
S__14721092.jpg
S__14721093.jpg
S__14721091.jpg
どの場面も一人では成り立たないですよね。
子どもたちには言葉だけでなく、こんなふうに体で感じてほしい。

S__14721090.jpg
ステキな展覧会をありがとうございました!
引き続き、ようちえんでのご活躍お祈りしてます(^^)/

なお、永井先生の絵はがき、絵本、版画集 常時販売しています!







ぬいやすこ★「エリザベスカラー」

この夏はコジロー ファーストの生活でした。
体調を崩したり、手術で入院したリ。

おかげで今は元気になりました。ただ術後のため、こんなのをつけています。傷口をなめないためです。
S__8650771.jpg

犬を飼っている方はご存知と思いますが、こんな方たちにあやかっています。
S__8650773.jpg
なんとも風流なネーミングですね。いつ、誰が考え出したのか、「日本人のおなまえ」か、「チコちゃんに叱られる」で、教えてもらいたものです。

ところで、私はこんなノートを作って、コジローの体調の変化やその他いろいろと書きとめています。
S__8650775.jpg

以上です。

@よかったですね。コジロー君元気になって(^_-)-☆@ya

永井逕一展 ようちえんであそんだこと②again 開催

IMG_20190911_0001.jpg

10日より永井逕一展 ようちえんであそんだこと②の展示をさせていただいています。

作品はこの5月に播磨で披露されたものですが、額装や播磨での展示のお手伝いを少しさせていただいて一枚一枚の作品に癒され、せっかくなら終了後、もう一度当画廊でも展示させていただきたいとお願いしてこの時期に実現しました。

企画展ですので、前回開催の絵本出版記念と合わせた”ようちえんであそんだこと”のように、常時作家在廊でないのでご了承ください。

今のところ13日(金)午後より会場にお越しの予定です。最終日はご予定があり来られませんのでご了承ください。

案内状には先生の作品から秋から冬にふさわしい絵を拝借しました。ポストカードも販売していますので懐かしさを感してくださいね。

641A91E9-039E-43D3-B70B-985AD4AEF3D5.jpg

9月1日始まり始まり

”それぞれの宮沢賢治”展のエントリーありがとうございました。

きょうは9月1日
あの又三郎…いえ、高田三郎君が教室にやってきた日です。

きょうは日曜日なので始業式とはならなかったようですが
明日から学校ですね。

久しぶりに”風の又三郎”を読みました。

今の子どもたちがこの本を読んだら
どんな感想を持つんだろう

そういえば…
読書感想文は夏休みの課題から消えてしまったようですね。



8月はいっぱいいっぱい充実していました。

またまた
これから
イロイロ大変です

2学期も?よろしくお願いいたします。

2019”それぞれの宮沢賢治展”のご案内

8月いっぱいが夏休みと思っていたらもう明日から学校は開始だそうです。


”ぼーっとしてんじゃないよってあのチコチャンに叱られまくり”で9月予定の
”それぞれの宮沢賢治展”展覧会の作品募集のお知らせです。
IMG_20180924_0001.jpg
昨年の展覧会出品作品から 南熊山人

日程 9月23日(月)~9月29日(日) 26日(木)休廊
  搬入21日(水)までに画廊までお持ちいただくかお送りください。
   開廊日 10日(火)~16日(月)11:00~17:0012日(木)休廊
        21日(土)14:00~17:00
  搬出29日(日)17:00~18:00

  23日オープニング・29日クロージングイベントを予定しています。
  朗読やトークの場合はこのイベント時のプログラムとさせていただきます。
  両日とも14:00~(予定)
  

参加費・出品費など 1000円・展示作品が売れた場合の3割 
   チャリティ企画展なのでご協力よろしくお願いします。
   
現在のところ 主な寄付先は会津放射能センター
       ≪子どもたちを放射能から守るために≫

以下 出品作品には
   ①作品名
   ②大きさ
   ②朗読やトークは所要時間をお書きください。 
   ③販売価格
   ④出品者名⑤住所⑥連絡先  
メールでのご連絡はnantensogaro0714usagi@gmail.com をご利用ください。


よろしくお願いいたします。ご参加お待ちしています。
案内状の制作のため作品タイトルが決まっていない場合は
お名前だけでもけっこうです。8月中にお知らせください。
南天荘画廊 



ちなみにきょうは賢治さんの生まれた日。8月27日…
 

ぬいやすこ★映画「スマスイ」

須磨海浜水族園の飼育教育部長の大鹿さんは、私の教え子です。

彼はここ数日テレビ出演で大忙しです。
S__8380422.jpg

今日私はその映画「スマスイ」を見に水族園へ。

あいにく大鹿さんはお休みで、彼との2ショット写真はありません。

写真は、上映前のワクワク中の私です。
S__8380424.jpg
彼は、飼育員役で出演していました。驚きました‼️
芝居は素人のはずなのに、迫真の演技。
スマスイへの思いが溢れているようでした。

上映後、誰かに映画の感動を伝えたくて、ご夫婦連れの女性の方に声をかけました。

すると、なんとその方は、主演の役者さんのお母様でした。

「よかったですね」「もう一度見たいですね」と2人で握手しまくりです^_^

その後、受付で大鹿さん宛てのお手紙を預けて、ルンルン気分で、帰路につきました。

☆大鹿さんは、役の上では大樫となっていました。
「しか」と「かし」ねえ。

ぬいやすこ★コジローの病気

7月下旬から、コジローの便に血が混じるようになりました。

7月30日にはぐったりしたためは近くの動物病院へ行くことにしました。

あいにく夫は留守。
私はまず病院へ行き、犬用カートを借り家に戻り、カートにコジローを乗せて、再び病院へ。
S__8282122.jpg

血便は⒏月7日まで続きました。
そして、人目を気にしながら、コジローの便をスマホで撮影する日々が終了しました。

8月13日。お盆で帰ってきた息子たちは、「元気になっとるやん」と言い、いつもより可愛いがってくれました。
S__8282124.jpg

食欲がなくなった時、夫が「さつまいもをやったら🍠」と言い、以後毎日与えています。
夫は「元気になったのは、きっと芋パワーのおかげ!」と言っています。

@暑い毎日コジロー君も堪えますよね。どうぞ皆様ご自愛くださいますように@

難病の日523作品展より 旅する作品展in北海道

先日、難病の日523作品展の友の会だよりが届きました。
S__14090274.jpg

頁をめくると松岡佐和子さんの「難病の日」作品展のご報告の頁から7頁まで写真など関連の記事。
作品はあれから北海道へ旅しました。
寄せられた作品をファイルにまとめ北海道支部のもとへ、さらにはさわこさんよりこんなメッセージが届きました。
「あれから北海道難病連苫小牧支部の方々が気にいってくださり8日と9日に難病連苫小牧支部主催で作品展があって市長が来るとか来ないとか💦また昨日の新聞に掲載されたのですって。。(^○^)」

ということで新聞記事です。市長も来てくださいました。
S__14163976 (2).jpg
S__14163974.jpg

展示の様子です。S__14163975.jpg

まずはお知らせまで 活字が読みにくいところはお許しを!なお佐和子さんから送っていただいた友の会だよりは画廊に5部ありますので必要な方はお知らせください。



きのうは里さんのHDCギャラリーでの ”Rebornの人へ”の展覧会に伺いました。
きょうはさわこさんや茅ヶ崎からの主人公(?)も来られ盛会におわったことと思います。
お疲れさまでした。

今月29日 FUKUの日の詩がたりの会は2時から4時で予定しています。

ぬいやすこ★母の作品

6月頃だったかなあ。職場の女性の方に、我が家の飾りをお見せしました。
S__8208388.jpg

その写真を見た彼女が、
「後ろに飾ってあるチョッキ、いいでねすねえ」と言ったので、「母の形見ですが、よかったらどうぞ」と言うと、
お子さんにあげたいとのことで、とても喜ばれました。
で、後日、こんな写真を見せてくれました。

S__8208391.jpg
可愛い❤️ですねえ。
こんな風に活用しない手はない!と、私もマネをしました。

S__8208393.jpgS__8208394.jpg

毛糸のチョッキは後⒉枚あるので、くまちゃん募集中です。

2019 4B展 最終日

言葉を出せば暑い…の毎日が続いた会期中、ご来廊いただいた皆様ありがとうございました。

あ~見れなかったという方のために作品をご紹介します。
201908074B.jpg
中田 誠 青木 操 中野素子
小林くみこ 田中一好 三浦孝宣
善住芳枝 請田留美子 小宮容一

201908074B1.jpg
鳥越清敏 藤本つた子 長谷川美和
奥野喜子 橋本美保 西堀裕惠
北里桂一 森本由紀子 川崎貴子 

201908074B2.jpg
藤本典子 石河俊彦 新賀千鶴
平内康彦 天野潮彦 福井研一
永井逕一 金子政昭 藤村仁朗

201908074B3.jpg
殿村伸明 藤本典子 
河合富美

201908074B4.jpg
201908074B5.jpg
初日の記念写真に加えて最終日の記念写真
4B展の名の由来は 4つの校名が変わった学び舎を卒業された皆さんの総称
どうぞ、お体を大事に 夏を乗り越えられ
また、来年お会いできますのを楽しみにしています。

美術を通して教育する大切さ伝えてください。



M中の学年合唱で初めて知った曲ですが
あれ以来、この曲は沁みます

Radwimpsの「正解」

答えがある問いばかりを教わってきたよ
そのせいだろうか
ぼくたちが知りたかったのは
いつも正解などないまだ銀河にもない

見ること
感じること
表すこと

正解のない教科
大事だぞ!

2019 4B展

IMG_20190802_0001.jpg
今年も4B展が始まりました。

31日搬入、展示を終えられ記念写真。
S__13983767.jpg
S__13983766.jpg

本日、初日を迎えられました。

暑い毎日が続き、中々の陽射しの下 外出が億劫になりますが、そんな中、足をお運びいただいたお客様 感謝です。
今年も総勢29名の作品が展示されました。いつもながら様々なジャンルの作品が最終的にはリハーサルしたかのようにうまく展示されます。


ご来廊お待ちしております。



先の日曜日
久々に映画を観に行きました。
”天気の子”
”君の名は”に続く新海誠氏の作品

ちょうど朝ドラは子どもに受けなかった漫画映画
それが今ではちゃんとおとなのアニメが評価される時代になった

エンドスクロールで
あらま そういうこと…
もう一回 見なきゃあかんね
まだ、見ていない方もおられるので
おしゃべりは慎みます

雨とは縁遠い 晴れの日が続き
まさか どこかで
頑張ってくれてたりする陽菜ちゃんがいたりして。
頑張りすぎなくていいよ!

はじまりは”本”展 最終日から

7月19日(金)の企画展を終え1週間が経ちました。早い!暑い!

20日、22日とジンジョウカズエ発泡スチロールワークショップ、24日口丸弘子絵織物ワークショップ、そしてmokkinndoは子どもたちとのアートの時間です。いつのまにか夏休み突入なんだ!ぬい師匠からは旅のメッセージが続き、うらやましい!

企画展の最終日はレレ池田さんにオリジナルの歌を披露していただき、六甲道の南天荘書店を思わせる歌詞に感謝でした。母と母校が同じで仲良くツーショット!展覧会初日に来てくれた秀子さんに、お話をお願いし快く受けてくださったので続いて仁王さんのスト―リーテリング。お手製のケーキもありがたや~!あとは良子さんを筆頭に参加者の皆さんにひとことお言葉を頂戴しながら懇親会となりました。
S__13910065.jpg
ほかにもわらび餅にきびだんご、美味しい差し入れをいただきながら楽しいひと時、感謝です。

S__13910066.jpg
今回は特に人気のあった金魚をモチーフにした作品。なんか上から掬いたくなっちゃいますね。カズエさん、只今淡路のウェスティンホテルで展示に加え、ワークショップで大活躍。かわいい蛸さんの作品ができますよ。

さて、31日の夕方から恒例の夏の4B展の搬入。展覧会は木曜日をあけて8月2日(金)から7日(水)までです。
京都市立芸術大学美術教育研究会兵庫支部、29名の先生方の作品展です。
ぜひ、ご高覧を!

ぬいやすこ★「タコ🐙作り講習会」

必勝タコを作り始めてから、11年。

O中にお世話になってから、10年。
ついにその時がやってきました。

2日間に分けて、先生方対象にタコ作り講習をさせていただきました。

男の先生もお二人参加してくださいました。
S__8101893.jpg

S__8101894.jpg
みなさん、わたしより上手につくっておられました。

S__8101896.jpg
S__8101897.jpg
最後に谷口さん直伝のラッピングをしました。
皆さん喜んで帰られました。

@オクトパス拡散作戦?夏の大研修ですね!お疲れ様です@

はじまりは”本”展 明日まで

7月14日の開廊日から始まった企画展も 明日を残すところになりました。
色々あって出遅れ感もありましたが開催できてよかったです。

ご参加いただいた皆さんに感謝しています。
また、思いがけずお祝いにとお花もいただきありがとうございました。

66794772_1968660379902627_3131879397645090816_n.jpg
66843406_1968660406569291_8189353025345683456_n.jpg

作品の展示だけでなくご自身のコレクション〈山田さん・口丸さん〉も披露していただいて、来廊いただいた皆さんもちょっとした図書室のようにゆっくりすごしていただきました。以前私設?こども図書室の本案内のポスターをつくられていた〈山住さん〉の作品も図書コーナーを彩り、また、読んでみたいなという思いにつなげていただきました。

わたしの大事な本ですよという”蔵書票”やオリジナルの装丁本。
〈南熊さん〉の蔵書票はその本一冊のためのオリジナル、本の内容も興味深いです。〈ハセガワさん〉の蔵書票は銅版画、あとで名前を入れることもできるスペースがついていました。そして版画やドローイングの本をまとめた可愛い装丁本。そもそも本の最初は版画をまとめたものでしたよね。文庫本や傷んだ本の表紙をつけるのも素敵でした。〈三谷さん〉の皮の本もそうした思いがこめられているんですね。本場フランス仕込み。いつか三谷さんに譲っていただいた裁断機もご披露しないといけませんね。
はらっぱGardenこと〈松本さん〉シルクスクリーンのしおりと小さな手作り本を2種類出品してくださっています。なかにはメッセージポケットがあったり、おなじみのしりとりだったり遊び心満載です。
〈ジンジョウさん〉は原画を出品していただいてます。ストーリーは別の作家さんがおられて声がかかって本になるそうです。作家さんの思いもあってこの形も大変そうです。お姉さんの本は別ですけどね。〈青木さん〉の絵、逆にお話つけてもらうっていうのもありかな。なんか不思議な雰囲気がありますよ。いつもながら細いペンで見事に描かれています。


こうして祖父が最初にスタートした”南天荘書房(古本屋さん)”や その後の”南天荘書店(新本屋さん)”として 限られた期間、限られた本になるかもしれませんが、近づけることを嬉しく思っています。

明日は最終日。雨がひどくならなきゃいいなぁ。









ぬいやすこ☆由比宿へ

静岡の旅の締めくくりは、東海道五十三次の宿場町由比へ。最初に行ったのは広重美術館です。
IMG_9343.JPG

由比のさった峠に行けば、今もこのような景色が見えるそうです。では、ここで同行の友人に登場してもらいましょう
IMG_9344.JPG

お腹もすいてきました。次は「ゆい桜えび館」で待望の桜エビのかき揚げを賞味しました。
IMG_9345.JPGちょっと食べかけの写真でごめんなさい。近年にない不漁で、桜エビのかき揚げは、一人一枚限定です。
IMG_9346.JPG
駅前通りはこんなんがありました。

最後に一日目に行った久能山東照宮の写真で締めくくりたいと思います。ここには家康の墓所があります。日光東照宮より、個々の方が元祖だそうですよ。IMG_9348.jpg

おまけ!
江戸時代までもなく「ゆい」には由比以外にも由井とかいろんな漢字を使っていたそうです。そして、明治になってから由比に統一されたそうです。
後日、広重美術館に電話をかけて教えてもらいました。