豪雨災害義援金について

7月の開廊記念日企画展で置かせていただいた義援金募金についてのご報告です。

7CF6EC9D-BEEA-496B-B36E-B4D82ACDB82C.jpg261DB257-7081-481E-9547-327B76B2FE08.jpg
田中邦彦氏のハガキ絵を娘さんである山田良子様より豪雨災害の義援金に役立ててほしいとのことで、会場の机に赤い貯金箱の車を置かせていただきました。また、古書コーナーでまつおかさわこさんよりご協力頂いた本の収益と合わせて合計5,700円を以下に納めてきました。

遅くなりましたがご協力頂いた皆様に感謝いたします。

募金先
令和2年7月豪雨災害義援金 
日本赤十字社 
事業局パートナーシップ推進部

折り鶴は池本さんが作ってきてくださいました。


雨ニモマケズ
風ニモマケズ
コロナニモ
夏ノ暑サニモ
負ケヌ
丈夫ナカラダヲモチ

・・・・

サウイウモノニ
ワタシハ
ナリタイ



次回の企画展は賢治さんです。



4B展 出品作品紹介

画廊はお休みをいただいていますが、先日まで行われていた京都市立芸術大学美術教育研究会兵庫支部の先生方の作品紹介をさせていただきます。コロナ事情などでお越しになれなかった皆様にご鑑賞いただければ幸いです。

会場展示順にご紹介、また、展示後の撮影ですので映り込み等で斜めからの撮影など、少々ご理解ください。

116242369_2745992472169410_3981908427786221743_n.jpg
小宮容一 Come with me

116606115_2746011895500801_3503886913511309464_n.jpg
善住芳枝 Utpalaka

116155209_2745994068835917_6166700087521131354_n.jpg
福井研一 堀

116656792_2746006155501375_3728557960607228926_n.jpg
石河俊彦 船を出す

106553853_2746002412168416_1454171898224275996_n.jpg
奥野喜子 キリン

116671554_2747131075388883_1656618897708582776_o.jpg
三浦孝宜 ドバト

116336816_2745994442169213_7958362339615886913_n.jpg
藤村仁朗 裸婦

116166071_2746906845411306_1235035371435396489_o.jpg
平内安彦 南ドイツ ハールブルク

116230906_2746926315409359_1115159281742617087_o.jpg
天野潮彦 紫陽花

116285645_2746009788834345_25040487969655522_n.jpg
新賀千鶴 バラ

116876649_2746947415407249_5957500382077382619_o.jpg
辻田美和 インドの布

116210817_2746971595404831_6391914707672053331_o.jpg
鳥越清敏 日の出Ⅰ

116791222_2746994142069243_4873205472197421030_o.jpg
中田誠 色リレーション 3F-1

116881405_2747005318734792_2939133287001472990_o.jpg
田中一好 風について 回想

116710361_2747017338733590_6033355790596858500_o.jpg
小林くみこ 時の流れの中でーいつくしみー

116475733_2747026498732674_3429331838698705329_o.jpg
請田留美子 [miz c]

116876907_2747034685398522_2734154915767413785_o.jpg
永井逕一 満鉄特急あじあ号

116694357_2747042358731088_2331664836113602266_o.jpg
森本由紀子 それなあに?

116262766_2747049772063680_8482618147335685599_o.jpg
橋本美保 レモン

116942707_2747055105396480_3861734152420508743_o.jpg
名田文子 めざめ 

C29AAF62-56CE-4FBC-AF60-FF17667140DF.jpg
川崎貴子 Fire Work

116343565_2747079472060710_6058870087356610389_o.jpg
井上直  石の音《試作》

117038828_2747070935394897_1034941048795305949_o.jpg
河合富美  水滴

以上




4B展 初日

毎年この時期に開催される展覧会です。
S__20357132.jpg

コロナ禍の中、三蜜を避け、いつもはほぼ全員参加での展示や、その後の懇親会を控えての催しとなりましたが、本日初日を迎えました。

まずは遠景でご紹介します。
S__20357134.jpg
S__20357135.jpg
S__20357136.jpg

小さな作品も凛として存在感があります。

静かな会場にお客様が自然の流れで足を運んでくださって、開催できてよかったです。


昨日も搬入の夕方には突然の雨で驚きました。
梅雨は明けたと思いましたが、なにかと油断できませんね。

会場には入り口に手指アルコール消毒、マスク着用、ご記名のお願いをしております。
ニュースでは収束する気配がありませんが、皆様と共にこの時期を乗り越えていければと祈っております。

開廊記念日企画展を終えて

116198679_2727793210656003_7046655563168269779_o.jpg


先日、開廊記念展覧会を無事終えました。
ご参加、ご来廊、そしてここにいいねをいただいた皆様、ありがとうございました。
様々なジャンルのSTAYを楽しませていただきました。
言えるのはそこには人がいるということ。
ヴォーリズの建築は人の住みやすい居場所。

ころころと変わる雨模様、
Covid-19の不安‥
少しずつ色んなことを乗り越えて
作品を通じて
人が集まり、
心が通い合い、
またねと言って
明日につながればいいなぁ。
縁側のように。
どうぞ、元気で
お過ごしくださいますように🙏

開廊記念日企画展 ABOUT ヴォーリズ

前半はそれぞれの"STAY"を表現いただきました。
後半はこの度のきっかけとなったヴォーリズを巡ります。
109656927_2717207321714592_2741748228033853075_n.jpg
岩本和子
《六甲山荘》六甲山にあり、山上からの風景も描かれた日記風の一枚です。

113020294_2717210225047635_9734173820949319_o.jpg
山住良枝
《京都御幸町教会》

115929396_2717207558381235_5379617192710828931_n.jpg
田中邦彦
《活水学院》長崎にあるミッション系の学校です。

114806357_2717207338381257_9041173756075208223_n.jpg
口丸弘子
《六甲山荘》《関西学院大学時計台》《自由学園 明日館》
 絵織物の作品に仕上げられている3点です。蔵書も紹介していただきました。

110083749_2717220338379957_2764973249403412703_o.jpg
南熊山人
《オブジェ》ヴォーリズの印や相反するテーマをオリジナルで表現されています。
 蔵書もお持ちいただきました。

116153899_2717207388381252_4900488797703255651_n.jpg
中瀬邦一
《恒春園》《五葉館》《ヴォーリズ記念病院内、ツッカーハウス》《教会》
 近江にお住いで四季を通じてヴォーリズのゆかりのある建物を写真にされています。

111237705_2717228948379096_1552956381036838941_o.jpg
山田良子
《コレクション》
 おじいさまがヴォーリズに英語を、おばあさまはバイオリンの手ほどきを受けられたこともあるとのことです。お母様とは彼の建築を巡って旅をされたそうです。蔵書をはじめヴォーリズに関するコレクションを展示していただきました。

会期中、おじい様、お父様がヴォーリズ建築事務所でお仕事をされていたというお客様もきてくださいました。
時間があるようで、あっという間に過ぎてしまい、会期中に読んでいいですよと言っていただいた本の数々、まだ少しお借りしています。ヴォーリズさんの建物は人の暮らし方を最優先して、温かい(温度でなく)なという印象を受けます。保存していくのは大変かもしれませんが、残してほしいです。
先の六甲山荘もいろんな方々の手にうつりながら、今はNPOで守られているそうです。
近いのに行ったことがない私、伺える日を楽しみに!



開廊記念日企画展①

今年もコロナ禍の中ですが無事に開廊企画展OPENしました。
前半の作品です。今回の展覧会も色々な方面から楽しめます。
サブテーマはSTAY
月・火と平日とは思えないにぎわいとなりました。
3密の心配は大丈夫です。扉を開けた順番にご紹介しますね。

S__20062240.jpg
まつおかさわこ
「ひとりの時間」
「いっしょがいいね」
STAYTIMEで感じることですね。多くがギュウギュウする日もまた来るかな。
古書もご協力いただきました!感謝

S__20062273.jpg
中條 宏 
「蒼穹」(俳句集) 
「色紙短冊句画 26首」
ほんとに俳句を身近に感じました。短冊に添えられた絵もほんわかとやさしい。
ステキな句集です。

S__20062243.jpg
はらっぱGarden*ToshikoMatsumoto 
「ツボからでないよ」
「イスからおりないよ」
「月からおりないよ」
「もりからでないよ」
あいかわらずユニークな発想で可愛いキャラクターが登場します。
箱の中にはかわいい本が入ってます。

S__20062244.jpg
山住良枝
「サンマルコ大聖堂」
「サンタマリアデッラサルーテ教会」
音楽家との素敵な出会いがこの景色に秘められてるようですよ。おだやかなイタリアの風景です。

S__20062245.jpg
上野陽子
「窓辺のスケッチ」
銅版画の作品です。おうちの窓から・・・風を感じますね。

S__20062246.jpg
石井義啓
「(旧)JR摂津本山駅(南口)」
「高松屋島四国村の異人館」
「沖縄那覇市の首里城(焼失以前)」
それぞれへの想いを文に書いていただきました。


S__20062247.jpg
岩本和子
「斑鳩」
「百の風」
「藪本晴子句集」
百の風がここにも吹きました。STAY中にいろんな物語があったんですね。

明日は後半 ヴォーリズについてあれこれ。






”はじまりは本”展 -STAY-

IMG_20200714_0002.jpg
今年の開廊記念日企画展は14日を過ぎますが以下の日程で開催します。

年明け早々にcovid19によって私たちの生活は思いがけない毎日となりました。そこで耳にする言葉は「STAY HOME」我が家だけでなくSTAYとつながる作品や関連する蔵書など展示します。ヴォーリズにまつわるあれこれもお楽しみください。

会期 2020年7月20日(月)-26日(日)ただし23日(木)は休廊です。
時間 11:00-18:00 最終日17:00

出品協力 石井義啓・岩本和子・上野陽子・口丸弘子
     田中邦彦・中瀬邦一・中條 宏・南熊山人
     松本登志子・まつおかさわこ・山住良枝・山田良子

また、今年は3密を避けるということでコロナ感染対策で懇親会は予定していません。
会場での手のアルコール消毒、マスク着用、ご芳名の記帳、ソーシャルディスタンスなどご協力よろしくお願いいたします。


早く世界が落ち着いて暮らすことができますように!




画廊のお誕生日おめでとう①

きょうは43回目の開廊記念日。
日程の都合上、本日はここで静かに開廊記念ブログ

7月14日巴里祭にちなんでこの日、母が46歳で新しい生き方を見つけた画廊の仕事
おめでとう!元気に43歳を迎えました。
(年齢は足し算?)
IMG_20200714_0001.jpg
40周年から始めた企画展1年目のテーマは薔薇でした。
創房展で描いた星の王子さまのみんなの描いた薔薇でお祝い!
当時、画廊の入り口にはステンドグラスで薔薇をイメージしてもらいました。

最初は白いアトリエでスタートし、地震で南天荘画廊に一本化。
震災後、建て替わった会場にも西側にそのままステンドグラスは設置されました。

南天荘画廊への一本化は祖父の始めた南天荘書店への想いからです。
本屋さんを懐かしんで訪ねてくださる方もおられます。
それで昨年
”はじまりは本”展を開催しました。
続く・・・



2020 nantensobo little artists exhibition☆

初日に来廊いただいたM氏がもってきてくれた一冊の本
8A8EDB50-C328-48C3-810A-E3C6907F6B18.jpg

「星の王子とわたし」内藤濯著
グラシン紙に丁寧に包まれた古い本、いいなあ。

”はじめに”で書いてあった
最初に翻訳をした内藤濯氏の詠んだ一句

”いづこかにかすむ宵なりほのぼのと
星の王子のかげとかたちと”

訳書「星の王子さま」にサインを求めがある度ごと
最初のページに書いた句だそう。
なんとうらやましい。
加えて、この拙作の歌曲化がなされることを夢みている。
と添えてある。

歌曲ではないが…

創房の子どもたちが星の王子様と向き合う時間、星の王子さまのCDを流していた。古いCDプレーヤーのせいかはっきりと聞こえないところがBGMにあっていると勝手に納得させて聞こえるのは森本レオのパイロットと宮崎あおいの王子様のやりとり。時折、大事なメッセージが聞こえてくる。子どもたちも文句も言わず時間が流れる。渡り鳥につかまって旅に出る時と最後の薬師丸ひろこの歌になるとボリューム感が出て、ちょっとしたメリハリがつく。
ある日、子どもたちのひとりが寝る前にその薬師丸ひろ子の歌が耳?頭?の中に流れてきたと言っってきた、すると次々ほかの子どもたちも私も僕もと言い出した。口ずさんでしまいなんの歌だったかと…。なんか嬉しい。

そういえば、T中で文化祭のテーマを星の王子さまにしてビッグアートと劇に取り組ませてもらったことがある。役者がばっちりそろっていて、今となっては貴重な体験で感謝している。宝塚歌劇でも映画でも演じられているが、T中劇団は最高のキャストだった。そのエンディングの音楽も先の歌だった。ずいぶんおとなになったみんなはどうしてるかな。

「星の王子さま」と出会う旅に思い出す子どもたちがふえるのは幸せだと思う。
 ”大人は 昔 誰もが子どもだった”んだものね。






2020 nantensoubou little artists exhibition 3日目

きょうで創房展3日目
雨が続きますね。
明日の七夕も二人は逢えないかなぁ。

各地で被害も出てそのことを思うと心も痛みます。

61DAB422-7737-4130-A489-38866B5EFB77.jpg
王子様とパイロットのやりとりの前半を絵にあらわした作品です

大切に育てたバラの花
なのに素直になれないバラの花とのやりとりに
哀しくなって
王子さまは旅にでます
C0494342-5517-426E-901D-A7312AE2C8B5.jpg

巡る☆で色んな大人たちと出会います

そして地球に
そこでもへびやバラたち、きつねとの出会いがありました
そんないきさつを王子さまはパイロットに話します


さて
続く・・・にしとこ。


本日も雨の中ご来廊ありがとうございました。





7月の企画展出品のお誘い

画廊の40周年を機に開廊記念企画展を始めました。

1回目は巴里祭14日を意識して開廊日を決めた母のために薔薇、2回目は海 3回目は南天荘の原点に戻って”はじまりは”本”展
4回目の今年はコロナ禍で出遅れましたが、昨年の展覧会が終わった折に、毎年ご協力いただいている弘子さん、良子さんの提案もあってヴォーリズはどうかな?と落ち着きました。で”、少し範囲を広げて、”はじまりは本”展の大きなくくりの中でSTAYをテーマにした作品展を決定。

この展覧会はテーマに即した絵画、写真、工芸などご自身の作品や蔵書の紹介を展示させていただきます。
この何か月間、STAY HOME という言葉が定着しました。
STAYの意味は留まるということで、わかりやすくとらえると建物を描いたり、好きな場所であったり・・・
また、本は建築関係の本なども含めて選んでいただければいかがでしょう。
ヴォーリズ建築ももちろんです。

IMG_20200621_0001.jpg

日程は7月20日(月)-26日(日)23日は木曜で休廊
出品申込は6月中 搬入は7月18日(土)15:00~17:00
参加費1,000円


お申込み・お問い合わせは
nantensogaro0714usagi@gmail.com 

南天荘画廊予定 20200619発信 

川道政子作品展後の南天荘画廊です。

やはり、コロナの影響でお休みをさせていただいていた子どもたちの創房ですが、今は7月最初の展覧会にむけて3密をさけ、アトリエとなっています。思えば7歳の娘がきっかけで始まった創房。なぜ、創房とかいてアトリエかというと地震後、倒れずに持ちこたえた建物の1室を利用して始めたので創るはツクル・ハジメルという意味があり、房は小さい部屋ということで数人で始まりました。房の中の実はまた種をつけ大きくなるよう子どもたちの未来と重ねました。もう1期生が27歳を迎えます。ということは20周年!
展覧会テーマはサン・テ・グジュペリ作「星の王子様」
というわけで下記イベント以外はアトリエとなっています。ご了承ください。


❶中尾あむさんの製本ワークショップが延期を重ねてようやく実施の運びとなりました。
今回はブローチ作りです。(2つ)
6月28日14:00~16:00
参加費 5000円(材料費・税込)
持ち物経験不要
39C518EF-F317-489A-B146-4212FDDC5E84.jpg


❷里みちこFUKUの日の詩がたりの会、こちらも久々の開催です。
6月29日14:00~16:00
参加費 1500円 

共にご予約をお願いしております。
会場は入り口に消毒液を設置、換気にこころがけ、参加者の間もゆっくりととっていずれも開催予定です。また、入場者様には連絡先として住所、氏名、電話番号をご記入いただくようお願いいたします。検温など体調管理はご自身で、またマスクの着用もご協力よろしくお願いします。

ぬいやすこ★「通院終了しました」

6月16日に、新須磨病院の通院は、リハビリも含めて終了しました。手術後3か月ぐらいと言われていたので、順調でよかったです。

この日、リハビリの先生に「歩き方がきれい」と褒めてもらいました。
こんなの人生初です❣️

まだ、足首の腫れや、少しのつっぱり感は残っていますが、日常生活を送るのに差し支えはないとのことです。

さて、快適だった入院生活から、退院すると生活は一変しました。

不眠、便秘、食欲不振に悩まされ続けてきました。
気力も失せ、「私はいったいどうなるの」などと思い悩みました。

「このままではダメだ」と、
ごく最近は、名谷まで歩いたり、妙法寺までバスに乗ったりしました。

15日には、地下鉄にも少し乗り、妙法寺でお惣菜を買った時、「以前の私はこんなことをしていたんだ」と思い、感慨深かったです。

睡眠時間が長いのが特徴のような私にとって、不眠は辛いですが、日常を取り戻していく中で、少しでも改善できたらなあと思っています。

S__10428511.jpg

今、気持ちは前を向いています。


いつも励まし、見守っていただきありがとうございました。
こんな私ですが、これからもよろしくお願いします。

@「転んで起きて」みんな一緒です!がんばりましょう(^.^)

川道政子作品展より 

少し先のことですが、クリスマスにはこんな額を一枚用意してワクワクしませんか?

S__18980923.jpg
端から端までクリスマス

S__18980925.jpg
シンプルだけどホワイトクリスマス

S__18964492.jpg
小さなおうちが並びました。みんな楽しみなクリスマス

S__18964493.jpg
祈りの気持ちとともに
今も想う・・・

子どもたちが小さい頃はクリスマスツリーを出して
飾りつけをしてその日がくるのを待ちました。
大人になっても楽しみたいですね。

明日の金曜日は作家在廊
土曜日まで2日間ですがご来廊お待ちしています。



暑いですね。
熱中症にも気を配らないといけなくなりました。
どうぞ、皆さん水分補給をはじめご自愛ください!



T氏の教え子さんが暑さ対策もかねてマスクを企画されました。

政子さんにいただいたマスクホルダーと共に早速愛用しています。
カウンターの片隅にも宣伝して応援してます。
ご希望の方はお声かけてくださいね。

T氏にサッカーボールでも描きましょか?
と声をかけたら恥ずかしいと断られました(笑)

みんなで頑張ろう!
S__18980866.jpg

川道政子作品展より

6月に入りました。
引き続き川道政子さんの展覧会開催中です。

S__18866195.jpg
S__18866196.jpg
4月、5月の花々は気持ちを明るくさせてくれますね。
会場にも扉を開けて換気に心がけていると蜂が入ってきて入ったものの出口が見つからず右往左往
がんばれ、そこはガラス。風を感じて表に出るんだよ。

S__18866197.jpg
S__18964482.jpg
お部屋に1枚飾る場所があれば、ちょっとイギリス風Teatimeが楽しめそう。

さて、動物たちの登場です
S__18964504.jpg
S__18964500.jpg
S__18964502.jpg
S__18964503.jpg
近くでみていただければまた新たな発見がありますよ。
たとえば猫の周りに…気が付きましたか?
サイズの間隔は前回の会場全体の写真を参考にしてくださいね。

ではまた明日!




子どもたちが登校する姿
小学校・中学校・高校・・・と
我が家からは交差するようにそれぞれの学校へ向かう子どもたちが通ります。

今はまだ特別期間で時間や人数を加減しての登校ですが、コロナと付き合いながらも自然な暮らしができればいいなと思います。
とはいえ、授業数の確保にあてられる時間がただ数字だけでなく、子どもたちの本来の学びのためのものでありますようにと願います。夏休みのかわりに与えられたコロナ休みではないのだから・・・
9月はじまりの意見も今の子どもたちのためにもう少し前向きに考えてもいいんじゃないかなって。大人の都合で無理だじゃなくてね。

でも、6月はじまりの学校生活が始まりました。
心身元気に今はスタートだね。


内藤いづみ先生より ”今をいきよう”

2020年、今を生きる
未来がより良き人間社会になるために

DA6B5AF2-18EB-47DF-A09C-5815072A2E8B.jpg


内藤いづみ先生には松岡佐和子さんにつないでいただいたご縁でお会いすることができました。
甲府市に「ふじ内科クリニック」を開業され
ホスピス在宅ケア研究会やまなし代表、また、やまなし大使もされています。

送られてきた冊子は5月10日発行
できたてです。
なので新型コロナ真っ最中です。
早速、ご紹介します。とはいってもすべてここに掲載するのは無理ですのでピックアップしたことにご興味をお持ちでしたら冊子をお手元にお送りすることは可能です。冊子とともに添えられてきた先生のメッセージにも必要な方がありましたらご一報くださいと書いてくださっていました。
追って、佐和子さんからもDVDとともに送っていただきました。
ホスピス在宅ケア医として活動される日々が紹介されています。
以前、情熱大陸にも取り上げられた素敵なお医者様です。


内藤いづみ先生が2020年3月から4月にかけて、ラジオを通じて外へ発信できた言葉がご友人たちの協力でまとめられています。
・いわゆる、話題の『人生会議』などについて 3月17日放送
・今こそ、つながりを思い出し、保っていこう 4月17日放送
・ウィズコロナ『コロナと共に』という考え方 4月27日放送
公立医学部の小論に使われた永六輔さんとの対談 あなたならどう考えますか?
あなたの今の気持ちを書いてください

上記の5項目を通じていえることは

 ・人とつながる方法を考えよう
 ・1日1回は「ありがとう」と言おう
 ・1日の終わりに5つの楽しいこと思い出そう

かな。



コロナの終息は無理としても
コロナの収束は考え方次第
withといっても仲良くとまでは難しいお相手。

以前コロナという病気からくる不安、差別の負のスパイラルのことをブログにあげましたが、せめて前向きに、そして人とのプラスのコミュニケーションを持つだけでも、毎日が変わってきそうですよね。

そして知らない間に”ありがとう”の数がふえ、小さな幸せに気づくことができればと思います。
コロナに限らず…かもしれません



画廊で展覧会を開催して3日目ですが
自粛の毎日とはかけ離れた
出会い、再会の日々が始まっています。

おかげさまで 人とつながり 
ありがとうが自然に生まれる日々に恵まれました



冊子発行に寄せての
先生からのメッセージとともにまた明日!

”まずは現在進行形で、皆さん、今を生きてまいりましょう
再会の日を楽しみにしております 内藤いづみ”








川道政子作品展開催

S__18866193.jpg
S__18866198.jpgS__18866199.jpg

展示をしてから約1か月半
作品たちと一緒にこの日を待ちました。

金曜日のみの作家在廊ですが政子さんの想い、きっと一人歩きした作品たちが伝えてくれるとおもいます。

来週土曜日まで開催しています。
また、ブログより作品を紹介していきますね。

きのうは遠くからもお花が届きました。
ご来廊いただけない皆様にも会場風景が伝われば嬉しいです。


covid-19緊急事態宣言解除を受けて

先日兵庫県の緊急事態宣言がようやく解除されました。とはいえ、終息ではなく収束という形でここのところの毎日の対策を習慣化するという生活の切り替えと受けざるを得ないような気がします。

まず、5月の中尾AMU製本ワークショップと里みちこFUKUの日の詩がたり会については、他府県との行き来を自粛するようにとのことで末に予定されていましたが6月へと延期になりました。
中尾AMU製本ワークショップ6月28日(日)
里みちこFUKUの日の詩がたりの会6月29日(月)



でもこのままではなく、4月当初に予定していた川道政子さんの展覧会を開催できることとなったのはありがたいことです。

川道政子展

5月29日(金)~6月6日(土)11:00~18:00
木曜日は定休日です。
作家在廊 29日・6月5日の金曜日


まだ、油断はできない状態ですので、できる範囲の対策をと思っていますが、約2か月近く展示されていた作品たちもいよいよかなあって楽しみにしてくれているような気がします。

画廊としては
換気・アルコール消毒の設置・入場者カードの準備
お客様には
ご自身の体調管理・マスクの着用をお願いいたします

みんなで乗り切りましょう!これからも…



季節の絵手紙とともに叶さんから届きました
24F901D8-200D-40FC-A7C3-6F9AED4866F3.jpg
もったいなくて口にできませんね、ありがとうございます
皆さんへおすそわけです

どうぞ、お大事にお過ごしください💓

ぬいやすこ★万歩計

スマホの万歩計アプリはよう使わないし、いちいち歩数を数えるのも大変になってきたので、最近は、歩数じゃなく時間を計っていました。

ところがです。
先日夫がひょんなことから、万歩計をもっていることを知りました。
S__10338319.jpg
実は、私がソロバン玉で歩数をカウントしたりしているのも知っていたのに、「好きにさせといた方がいい」と万歩計のことを黙っていたらしいです。
結婚50年にもなると、こうなんですかね。

ま、なんというか当たり前ですが、万歩計はとても便利ですね❣️

さて、
この頃は、散歩の距離を少し伸ばしていて、太陽と自然に触れる散歩の時間は、生きてることが実感できる大切な時間です。
S__10338317.jpg
足首の熱と腫れも、ほんの少しずつ良くなってきているように思います。

ところで、退院後、
「高齢者では2週間の寝たきりで失われる筋肉量は、老化により7年間に失われる量に匹敵する」
という記事を2回も見て、ぎょっとしました。

整形外科の先生に尋ねると、「車椅子でも動いていたら大丈夫」
とのことでしたが、
やはり長丁場は覚悟かな?

と思っています。

@万歩計の数字5711歩!この時間までにその足でこれだけ歩けたらすごいですよ、無理のないように頑張ってくださいね。でも、いつかスマホ万歩計のアプリをご紹介したい私でした@