南天荘画廊 breaktime@

アクセスカウンタ

zoom RSS 難病の日523作品展のご案内@

<<   作成日時 : 2019/03/04 18:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

まずこの展覧会の主催された「日本AS(エイエス)友の会」からの開催にあったてのメッセージです。


「難病の日」作品展の開催について

2014年5月23日に改正難病法「難病の患者に対する医療費に関する法律」が成立、JPA(日本難病・疾病団体連絡協議会)により5月23日が「難病の日」に制定されました。
誰にとっても他人事でなく、明日は自分自身や家族が、周りの友人がなるかもしれない難病。
ひとりでも多くの人にそのことを知ってもらい、みんなが共に生きやすい社会を実現するために「難病の日」によせて小さな作品展を開催することにしました。

テーマ「共に生きる」
今、病気の方も、明日病気になるかもしれない方も、どなたでもこのテーマをお知りになった方はご参加いただきたいと思っています。
みんなが共に生きやすい世の中を目指して、患者、そのご家族、友人、同僚、もし自分が、家族が・・・と想像を広げ、
「共に生きる」思いを作品に託していただければと思います。


作品展はいつするの?  
5月23日(木)〜26日(日)です。

場所は?      
神戸市東灘区にある南天荘画廊です。

どんな作品をだせばいいの? 
@大きさは100×148oのハガキサイズ
A縦でも横でも大丈夫
B出品数はひとり2枚まで
C平面なら
  絵でも写真でも絵手紙でも書(字)
  詩でも俳句でも川柳でも
  それらを合わせたものでも大丈夫
  糊付けなどはしっかりしておいてくださいね。
D作品を展示するときに必要なので
以下の項目を作品の裏に書いてください。
  1、タイトル
  2、名前・表示用にペンネーム可
  3、(患者の方は)病名、病名表示可か不可の指示
  ※個人情報は厳守いたします。
Eいつまで?
  準備があるので5月10日(金)には出してくださいね。
  早くても大丈夫ですよ。
F送り先は?
  〒658-0054神戸市東灘区御影中町6−1−8  
     南天荘画廊 「AS友係まで

作品は官製はがきなどでなくてもサイズと厚みがあえばだいじょうぶ。
封筒に入れてお送りください。
展覧会は巡回を予定しているため作品は返却できません。
ご了承ください。

主催者について
私達は難病の患者会で「日本AS(エイエス)友の会」といい、この作品展を主催します。
「強直性脊椎炎 きょうちょくせいせきついえん」という体のあちこちが痛み、徐々に固まっていき柔軟性が失われるという難病で「リウマチ性疾患」のひとつと言われています。会員数もわずか400人弱の小さな患者会なので、会員同士の結びつきを、とても大切に交流し、情報を交換、お互いの支え合いで生きる力を得るように活動しています。

ASweb
http://www5b.biglobe.nejp/~asweb/ 
に詳しい情報があります。


このブログの発信は南天荘画廊 管理人@です。
この度はご縁あって展覧会を共に進めさせていただいています。
なにかと失礼があり、恐縮ですがよろしくお願いいたします。
いい展覧会になりますように!

先日、長野のほうから第一号の作品が到着しました!
嬉しかったです!皆さんのご参加お待ちしています。



  




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

難病の日523作品展のご案内@ 南天荘画廊 breaktime@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる