永井逕一展 ようちえんであそんだこと②より

昨日敬老の日16日、永井先生の展覧会の最終日となりました。

敬老の日だから、言うのではありませんが、80才を過ぎてもとてもそう見えない若々しさはこうして子どもたちとの時間を持たれているからだろうなと思いました。2回目の披露となった展覧会でしたが、させていただけてよかったなぁと思う場面がいくつもありました。看板に描かれた先生のお名前を見て何十年ぶりで訪ねてきてくださったお客様…感動でした。

先生の描かれている絵にはもちろんお誕生日の主役がいるのですが、その周りの子どもたちや人々とのつながりを見つける楽しさを教えていただきました。絵の世界だけでなく、日頃の子どもたちの園でのかかわりを大事にしてピックアップされているでしょうね。
絵はがきになってはいないのですが、季節感もふくめて作品をご紹介。
S__14721092.jpg
S__14721093.jpg
S__14721091.jpg
どの場面も一人では成り立たないですよね。
子どもたちには言葉だけでなく、こんなふうに体で感じてほしい。

S__14721090.jpg
ステキな展覧会をありがとうございました!
引き続き、ようちえんでのご活躍お祈りしてます(^^)/

なお、永井先生の絵はがき、絵本、版画集 常時販売しています!







この記事へのコメント