はらっぱgarden 動物園2019& トライやる④

展覧会は2日目。
画像

しりとりのスタートは熊のようです。


トライやるはあと一日となりました。
画像

昨日の開園(動物園なので(^.^))前に看板完成。
動物の漢字のところにはイラストを描いてもらいました。


会場に到着した2人は朝の作業、黙っていても動けるようになり、頼もしいことです。

さて、昨日の初日はお客様にお茶をお出ししたり、午後ははらっぱガーデンさんのワークショップに参加したり、地道にお仕事をこなしていきました。
そして、はらっぱさんのしりとりどうぶつ版画に2人もチャレンジ。版画ではなくドローイングですが、時間の合間に完成。次は大きく描くといいね、とアドバイスをいただいていたようです。

きょうのメッセージ
それぞれが気に入った作品を選んでひとこと添えてもらいましょうね。

ぼくが選んだ作品は 狐 が二匹一緒に森?のようなところにある巨大な木の上にある三日月のようなものの上に乗った絵です。この作品を気に入った理由は 昼ではなく夜のうっそうとした感じの雰囲気の中で楽しそうに遊んでいる様子が描かれているのがすごくいいと思ったからです。I
画像



私が選んだ作品は、ラマ2匹と民族衣装をきた女の子が仲良く星空を見ていて、女の子が一人
こちらに向いていてとても可愛らしいです。それにラマ2匹と女の子がかぞくに見えて微笑ましい作品です。K
画像


なるほど。

さて、2日目に額装体験としてマットをカットして額に入れる作業をしました。
その時の2人の作品です。
画像


画像


マットを裏表、違うと雰囲気も変わります。
紙も御影倶楽部さんの手漉きを使わせていただきました。
2人ともいい感じです。


はらっぱgarden 動物園2019 初日 トライやる③

昨日展示を終了し、会場は一転。
動物園になりました。

画像


トライやるの2人は10時に集合してからこつこつと作業は続きます。
3時半に2人が任務完了し、帰った後も仕上げに向けてはらっぱさんと展示。
本日は99パーセント出来上がった会場で2人を迎えました。
昨日の帰りからの今日の会場、どんな印象かな?

2日分の2人のメッセージです。

トライやるウイークも2日目になり少しずつ仕事も覚えてきました。
ですが、まだまだ出来ていない事も多くあるのでこれからも頑張って行きたいです。K

午前,,,マスキングテープを額に貼る作業はいろいろ考えてやらないといけなかったので昨日と同様に簡単そうでも難しい作業が多いなと思いました。
午後,,,午前の続き、ここからはカッターで紙を切り続ける作業で『仕事=我慢』ということを実感しました。今日は会場の展示準備が昨日よりすごく進んでいてすごく雰囲気が変わったなと思いました。この展示会が成功すればいいなと思いまし
た。明日からも頑張りたいです。I


画像


矢印に沿っておすすみください(^.^)

はらっぱgarden 動物園2019 案内

6月5日からの展覧会のお知らせです。
画像


画像

はらっぱさんがトライやるの生徒さんのことも考えて楽しいワークショップを計画してくださいました。
ぜひ、ご一緒に参加してください。


さて、そのトライやるウイーク、昨日からH中の生徒さん二人が来てくれています。
10時の出勤から難病の日5.23作品展の作品を次の会場で披露するための準備を手伝ってもらいました。
手際よく動いてくれて予定より早く作業が進みました。

午後、口丸さんのパステル画ワークショップ。

画像

たくさん、作品ができましたね。先生や参加してくださったお客様ともお話ができてそれもひとつの勉強かなと思います。

続いて佐和子さん、はらっぱさんといろんなアーチストさんとも会えましたね。

さて、ふたりからの昨日の感想です。

初めてのことも多くて大変でしたが、明日からも頑張りたいです。K

午前、、、いつも見ている店員さんとかの作業がいまさらながらとても大変で重要だということがわかりました。簡単そうなことも本当はすごく大変な作業だということもわかりました。明日からも事業所の方々の役に立てるよう頑張りたいです。
午後、、、口丸さんのパステル教室にて日用品等のものを活用して絵を描くことが出来るということを楽しく学ぶことが出来ました。Ⅰ

ぬいやすこ★応援に行きました

今日は孫の高校総体(バレーボール)の応援に行きました。

「遠方でも行くよ」と言っていましたが、会場は徒歩数分の友が丘高校でした。
何という幸運でしょう!

息子夫婦と4人で行ったんですが、なぜか夫だけ離れた場所で応援していました。

あとで聞くと、元バレー部の顧問の血が騒いだのか、大声で応援していたとか。
私が近くにいると、「うるさい」って言われるので離れていたらしいです。
近くの保護者の方にも、「7番の選手の祖父です」と言ったそうで、呆れました。

結果は惜敗ですが、幸せな時間を過ごすことができて、感謝です。

画像

画像

里みちこFUKUの日の詩語りの会529

AS友の会主催の難病の日5.23作品展の虹色会場での詩がたりの会です。
画像


里さんはもちろん、参加してくださった皆さんも作品に見入ってくださっていました。
十数年前、佐和子さんの展覧会の最終日にかけつけてくださったのが里さんとのご縁。以来2001年の展覧会から、ずっと勉強させていただいています。

里さんの詩と佐和子さんの絵がぴったりだったので隣同士に展示しました。この詩はさわちゃんのリクエストだよ。と里さん。なるほど。ステキな2人です。
お二人の共通のお知り合いでもある山本さんが28日.天国に召されました。身が軽くなって、展覧会にも見に来てくださったかもしれませんね。ご冥福をお祈りします。

さて、昨日の里さんの詩がたりは 父への手紙 をたどりながら たくさん詩を読んでいただきました。初めて参加された方とともに、復習。
贅沢な時間をありがとうございました。

ぬいやすこ★展覧会でお会いしました。

画像

1月の小畑延子展に引き続き難病の日展覧会にも、毎日新聞の斉藤さんが来て下さいました。

斉藤さんは、相当な地位の方なのに、とても親しみやすく、素敵なお人柄です。
そこを見込まれたのでしょうか。斉藤さんは、4月から隔週の木曜日に「ちちんぷいぷい」に出演されています。

次回は6月6日です。見てネ。

難病の日523作品展 アーカイブ①

画像


昨日、「難病の日5.23作品展」が無事終了しました。
200名近くの参加者、470点以上の作品。広くはない会場にびっしり愛がつまったようでした。

広報して届いた最初の作品・・・そして10日締め切り際に一日の届く量が小さいながらも山積みになっていきました。集まる中、今回限りではなく、巡回したいのでできるだけ送りやすいようにということを伺い、A4サイズの台紙が決定。
厚みや様々な作品をひとつにする色あいなど考え、ここは虹しかない。案内チラシとのリンクも考え決定。

そしてピッタリおさまったそれぞれの作品。
画像

画像

画像

画像


まずは会場ズームアップ版です。

初日には午前、午後と毎日新聞社、神戸新聞社の取材
24日に、AS友の会関西支部会
25日、26日は土日と新聞のおかげで多くの皆様がご来場くださいました。
このたびの展覧会はAS友の会ですが、中心となって対応された佐和子さん。

きょうはゆっくりしてくださいね。

5月29日、里みちこさんの詩がたりの会でも虹色会場ご覧いただけます。
2時~4時 参加費1500円 お申し込みは画廊まで!

難病の日5.23作品展DM

画像

いよいよ作品展が目前です。
450点作品、約200名の方が出品してくださいました。
皆さんありがとうございます。

案内状をご希望の方はどうぞお気軽にお申し出ください。
間際で恐縮ですがお送りいたします。
 nantensogaro0714usagi@gmail.comにご住所、お名前をお知らせください。

遠方の皆様にはできるだけ会場の様子がわかるように、こちらのブログでご紹介していきますね。

開催は木曜日から4日間、どんな虹がかかるでしょう。

小畑延子-ぬいやすこ-松岡佐和子 記念日

昨日の画廊でのワンショット!
画像


1月に展覧会をさせていただいた小畑延子さん。昨日、ちょっとお話したいことがあると寄ってくださいました。ぬいさんと共に小畑さんのあるプロジェクトに声をかけていただき、チャレンジの至りとなったわけです。内容はしばしお待ちを!

そこに5月23日からの展覧会の最終作品を持って来てくださった松岡佐和子さんとも合流。

おふたりとの縁結んでいただいたぬいさんの結婚記念日も重なり、貴重な1枚となったわけです。枡太一ならぬ枡大使と使命?を受けられたぬいさん。その枡は先の小畑さんの作品展でもお目見えしましたが、今回は佐和子さんバージョン。

枡への熱い思いがますます広がっていきますね。
523展でも販売の予定となります。お楽しみに。

あらためて49回目の結婚記念日
おめでとうございます㊗

ぬいやすこ★埼玉

前にも書きましたが、友人が埼玉へ引っ越しました。
で、私はにわか埼玉県人になったような気分です。

埼玉の二ュースになると、耳ダンポになります。
昨日は、「日本人のおなまえっ」で、埼玉特集があり飛びつきました。
~もう「だ埼玉」とは言わせない~がテーマでした。

また、今日は朝のニュースで、
☆沖縄の高校生が埼玉の子どもの命を救ったこと。

☆財布👛をなくして困っていた沖縄の高校生に、たまたま居合わせた埼玉のお医者さんが、匿名でお金を貸してあげたこと。

このふたつの話が埼玉→←沖縄のいい話として紹介されていました。

私にとって未知のエリアだった埼玉。
川越やいろんな所に行ってみたいなあ。行ける間にね。

☆おまけ
今日が私たち夫婦の59回目の結婚記念日です。
あっ、間違えました。49回目でした。

記念に、垂水の海鮮フレンチ周というお店で、ランチをしました。

税込で2300円。美味しかったです。
画像
画像
画像
画像

母の日に

きのうは母の日
思いがけないいただきもので、ひとり大阪ジョーホールへ。

画像

今週のお稽古はパンパステルで母の日のカードづくり
趣向は毎年違うけど 今年もこの季節。お母さんへのメッセージを書き込んだり、つくったらすぐに持って帰るので全員の作品を披露できませんが、丁寧に取り組んでいる作品をみると嬉しくなります。

仕上げは個々の♥です。

さて、”母に感謝のコンサート”
立ち見の方が400人くらいおられるという貴重なチケット。
突然のお声がけでしたが、毎日することがいっぱいなのであえてお休みをいただくことにしました。

オープニングは森山良子さんと平原綾香さんのtommorow
平原さんお一人のステージにバトンタッチでお日さま♪とジュピター♪素敵な声です。
続いて初登場の熊木杏里さん。長野で生まれてそのあんずの里からおじいさまから名付けられたそうです。読売の夕方のニュース番組で”誕生日のことを覚えてますか?”ってよく聴くメロディ。トンチンカンな母と言われていたけど ふりしてらっしゃるのかもね。

秋川雅史さん、"千の風になって"で登場。もう、51才ということでした。ろうろうと長淵さんの乾杯♩を歌われ、母の一押し?なので代わりにしっかり受け止めました。この曲を聴くとT中の舞台の上で歌ってお祝いしてくれた男子バレーボール部の姿を思い出すのです。

由紀さおり、安田祥子さんの懐かしい"おかあさん"にまつわる唱歌をきき、由紀さん秋川さんが1歳の時にデビューされたとか話されてましたね。いつまでもお元気ですね。
それから、黒柳徹子さん登場。ますます年齢が高くなってゴージャス。

そこにシークレットゲストに坂本冬美さん。夜桜お七♩、星に祈りを♩;歌も迫力ありますがトークも軽快。演歌もワンポイントで楽しめました。ふと、ぬいさんにプレゼントしていただいた都はるみのCDがよぎりました^_^

で、その後のステージは槇原敬之さん。すずえお母さんが会場に来られてるそうで、今、こうしてステージに立てているのはお母様のおかげだそうです。どうもありがとう♩につづいて歌ってくれた 遠く遠く♩はお母様とのことを歌われていたそうです。ちょっと年齢層の高い観客への手振もリードしてもらい運動できたかな。

一転、こうせつさんが神田川でしっとり。会場にお母さんを呼べたマッキーがうらやましいとさらにしっとり。いよいよ認知症の話まで飛び出して最後はジェネリックのお歌で締めくくり、森山良子さんにバトンタッチ。またまた、バイタリティあふれるステージでの大トリ。元気だなぁ。
涙そうそう♩;.TIME to say good bye♩聖者の行進♩と歌いあげてラストステージとなりました。
3時間20分!

母と娘に恵まれている今の私。
色々思いながら母の日を過ごしました。
思いがけないコンサート。
ぬいさん、ありがとうございました。ご報告兼ねて^_^

その夜は娘がご馳走してくれました。おおきに!
母にも?しましたよ~。でも毎日が母の日みたいです。
妹から贈られてきた賢人君の写真集でますます若々しく元気な母に感謝!
うん?秋川さんじゃなかったのかーい!

酒井慶二郎作品展終えて

令和元年1日から5日までの酒井慶二郎さんの絵画作品展が開催されました。
画像


画像


鮮やかな花々、そして農作業での収穫の成果でもある野菜たち、干支シリーズのイノシシの作品。
そして、最終日。ジッと飾られた作品を見つめる慶二郎さん。展覧会では"ありがとうございました"の言葉重ねられるが、うんちくは語らない。花々や作品のモチーフとはいっぱい対話をしながら描いているせいかな。

また、来年。この季節にお会い出来るのを楽しみにしています。


諏訪に帰られる途中、大阪、京都を経由と伺い、追って額を発送。
亜古さんから続いていたので、久しぶりに画廊の壁に色がなくなりました。

次は難病の作品523展の準備スタート。
続々と 届いております!

2019ようちえんであそんだこと② 永井逕一展

本日より播磨町の石ケ池パークセンターのギャラリーで永井逕一先生のようちえんであそんだこと②の展覧会が開催されます。昨日、搬入、展示で少しお手伝いをさせていただきました。
画像


幼稚園の先生方のご協力で気持ちの良い会場が仕上がりました。
ポスターも可愛く仕上がりました!(自己満足(^.^))


会場にならんだ作品はどれもほほえましくて、つくづく幸せなお子さんたちだなあと思います。
画像


画像

噴水のあるゆったりとした公園でギャラリーの前は芝生が続きます。子どもたちの走り回る様子が想像できますね。
2階には飲み物も飲めるお部屋があります。そこにも先生の作品が展示してありますのでずずーいと奥までみていらしてくださいね。

大きい額は42点、パネル額は29点
たっぷり楽しんでいらしてくださいね。
日祝日は永井先生がおられる可能性がたかいようです。

前回は絵本でしたが、今回はパネルに展示している作品の中から15点、絵はがきになりました。
石ヶ池ギャラリーでは販売ができないということで、ご希望の方は南天荘画廊にお申し出ください。
15枚でセット価格 ¥1000円です。 1枚 100円ですのでセットはお得です。
画像

①コンピューター教室
画像

②おもちつき
画像

③生活発表会 そんごくう
画像

④ボートレース
画像

⑤おわかれえんそく


まずは15枚のうちの5枚のご紹介。
色あいはこちらの画像より絵はがきの方が落ち着いていますのでご安心を!



ちょっと先生の代わりに宣伝させていただきました。(*^^)v
どうぞ、よろしくお願いいたします。

令和元年1日 酒井慶次郎展

今年で3回目を迎える酒井慶次郎さんの展覧会が令和元年1日とともに開催されました。
画像


案内状にも使われた 「五輪の菊」も大作で皇室の歴史的記念日にふさわしく、惹き込まれるようです。
昨日はお祖母様もきていただき、どちらもあたたかく強いご家族の絆を感じます。

街はだんじりも相まって活気ついています。
ぜひ、お出かけください。

5日4時まで。

ぬいやすこ★新年号にちなんで

いよいよ令和の時代が始まります。

先日思いがけず、懇意にしている大垣の枡本舗から、令和の焼き印入りマスのプレゼントが届きました。
画像


さらに嬉しかったことには、お手紙の宛名がこのようになっていたことです。
画像


枡大使だなんて、照れちゃいます。
でも本物のます大使は、別にいらっしゃいます。
画像


ぬいのライバルです(笑い)。
令和の時代もますますマスで楽しませてもらいたいと思っています。

里みちこFUKUの日の詩がたりの会 2019.4.29

きょうのFUKUの日の詩がたりの会は詩はがき”りんご”がきっかけとなりました。

《りんご》
どこから皮なの
どこから実なの

この短い里さんの詩から
あなたはどんな感想を持ちますか?

きょうはある高校生の感性に参加していただいたYさんとともに”すごいね”と目を合わせました。
彼女の高校の先生が里さんの詩を投げかけて返ってきたメッセージ。最後は力強くしめくくられていました。
(残念ながらここでは掲載できません、ご了承を!)


りんごに続いて桃にまつわる
里さんの新しい言葉遊び

桃太郎 実は鬼退治なんか行きたくなかった
逃げたかった そのようす眺めてるだけでよかった
・・・・
といいながらも挑んだ鬼退治
鬼ヶ島 銚子のむこうにあったかどうだか・・・

次々といろんなお話が飛び出て貴重な授業でした。

そしてAS友の会主催の作品もお持ちいただきました。
ありがとうございました!
画像


ぬいやすこ★難病の日523作品展

募集の締め切り(5月10日)が気にかかりつつも、全くアイデアがわかず~。
でも、松岡佐和子さんや南天荘の手前、何か生み出さないわけにはいかず(笑い)~。

そんな時、谷口さんから、「気楽に。なんでもいいですよ」と言われ、またちょっぴリアドバイスも頂いて、ついに重い腰を上げました。

作り始めたら、そこは私。あっと言う前に出来上がりました。けっこう楽しかったです。

画像


皆さま、気軽に応募してくださいね。お待ちしています。

@ありがとうございます@ya

難病の日523作品展②

以前お知らせした難病の日523作品展
5月を前に先日、主催のAS友の会の松岡さんへ送られてきた作品と南天荘画廊に送られてきた作品を合わせてみました。
画像


5月10日が締め切りとなっています。
あったかい作品がたくさん集まり始めました。

お待ちしていますね。

さて。ぬいさんからも届きました。
続く

ぬいやすこ★こどもの日の飾り

まもなく10連休。慌てて学校の玄関飾りを新バージョンにしました。

画像

兜は夫の子ども時代のもの、ちぎり絵は松岡佐和子さんのお母様作です。

画像

ぬいお手製のカブトをかぶったパンダは、ずっと以前焼き物作家さんから、「学校に飾るのなら」といただいたものです。
後ろの鯉のぼり🎏風の飾りは、福祉の店で買った布製の鯉をアレンジしました。

画像

いろいろ飾りました。最後に小畑さんの作品をご紹介します。
画像


@はや、心は連休ですね@