ぬいやすこ★イースター

4月21日は、復活祭(イースター)です。
今年もゆで卵のラッピングをしました。


それにしても、クリスマスやハローウィンのお祭りにあやかったのか、卵の形をしたケーキとかなんとか。
皆さん、キリスト教がお好きなのかな?⁇

画像


画像

ぬいやすこ★70歳のたしなみ

今日から亜古さんの展覧会ですネ。
終盤ごろにお伺いする予定です。

ブログまた、よろしくお願いします🤲

題「70歳のたしなみ」

「女性の品格」の坂東眞理子さんの本です。よく売れているみたいです。
画像


坂東さんに言われなくても、私もいろいろ新しいことに挑戦するつもりですヨ。

☆イカナゴの釘煮(済み)
☆友人から教わった簡単梅干し作り(予定)
☆次男に教えてもらう簡単ケーキ作り(これも予定)

こんなこと、あんなこと、みなさんがすでに実践済みのことばかり(笑い)。
経験していないことが多すぎて、なので、何もかも新鮮!!

そうそう、念願だったことも実現します。
画像


年内に引退する森昌子のコンサートです。ファイナルの大阪城コンサートの前日12月16日に、加古川へ観に行くんです。

年内に、ブログで報告しますネ。

ぬいやすこ★友、 埼玉へ

4月8日に、40年来の友人が埼玉へ引っ越しました。

画像


最近は、生け花も一緒に習っていて、お稽古の後はランチという楽しみもありました。

これからますます励まし合っていきたいと思っていた矢先のことで、とても寂しいです。

でも、教会には彼女が寄付してくれたお布団やコタツもあります。
いつでも遊びに来て欲しいです。

そんな時は、皆でワイワイと合宿のように楽しみたいです。
また、そちらへ遊びに行って、川越や柴又などを案内してもらいたいです。

友よ、元気でね。そしてこれからもよろしくね。
画像


ぬいやすこ★記憶のケアとして

ぬいブログも595回目。
これからもよろしくお願いします。

さて、ここジローですが、先日夕方の散歩で、前足をくねって、「キャンと泣きました。

心配になり、翌朝動物病院へ連れて行きました。
幸い大したこともなく、痛み止めの薬を飲んで治りました。

1万円札が飛んでいったけど、日々私たち夫婦を癒してくれますからねえ。
それに牧師犬としても活躍してくれてますしねえ。

ところで、コジローは、教会の結婚式用の式服も持っているんですよ。
出番はあるかしらん。

画像

里みちこFUKUの日の詩がたりの会

本日3月29日(金)、今年最初のFUKUの日の詩がたりの会でした。
桜が咲きはじめましたね。

画像


参加者は5名でしたが 里さんとの言葉のキャッチボールで充実したひと時となりました。
入れたり出したりすることが大事なんだよ、聞くばかりじゃなくてお話してくださいね。
人数が少ないときはそれなりにその時間が深くなっていきます。

3月にお誕生日を迎えられた里さんに届いた詩
サムエル・ウルマンの詩を紹介していただきました。
訳によってニュアンスも変わるそうですがご紹介しますね。

青春
サムエル・ウルマン 宇野収、作山宗久訳

青春とは人生のある期間ではなく
心の持ち方をいう。
バラの面差し、くれないの唇、しなやかな手足ではなく
たくましい意志、ゆたかな想像力、もえる情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気
やすきにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき はじめて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。
苦悩、恐怖、失望により気力は地にはい精神は芥(あくた)になる。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には
驚異にひかれる心、おさな児のような未知への探求心
人生への興味の歓喜がある。
君にも我にも見えざる駅逓が心にある。
人から神から美、希望、よろこび、勇気、力の
霊感を受ける限り君は若い。
霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき
20歳だろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり
80歳であろうと人は青春の中にいる。

※駅逓ということばを調べてみました。
1.明治初期、宿場から次の宿場へ人や馬を変えて送ること。
2.郵便

とありました。
当時とはまた違う言葉がみつかりそうですね。

里さん、まだまだご活躍をお祈りしています。
お誕生日おめでとうございます。



そしてきょうオリジナルの詩を紹介していただきました。
思ひで・・・
一字一句覚えていないので恐縮ですが
その中で”記憶のケア”という言葉が身に印象的でした。

ケアしなきゃいけないこといっぱいなんですが(^^;



記憶をケアするために?
やはり日記かな・・・
毎日とはいかなくても
もう少し ブログの更新ができるように
精進いたします

きょう娘が三年間お世話になった荷物をうんとこさ
持って帰ってきました。

晩は送別会だそうです。

彼女を見てると若かったあの頃の私を思い出します。
なんとかなるさ



すべて出会いに感謝!








ぬいやすこ★かばん大好き❤💕

かばん道楽というのでしょうか。
ブランド品より手作りのものが好きです。


(その1)マリメッコ3姉妹
1番手前の大きいのは友人の手作りです。
画像


(その2)帯地2姉妹
どちらも300円でした。左の方は先日ブログに載せました。
画像



(その3)豊岡鞄3姉妹
豊岡鞄はブランド品ですが、結構お手頃価格で気に入ったものを見つけることが出来ます。
なので、だ~い好きです。(特にアトリエヌーのかばん)
画像


ではでは豊岡鞄のリュックを ピックアップしてみましょう。
画像


このリュックを身につけて出かけると、なんか身体の中から元気がわいてきます。

そうそう、トリはこのショルダーバッグです。
画像


90歳ぐらいのおばあちゃんが作られたそうです。
このショルダーを身につけるとき、「まだまだ頑張っていかなきゃ」と思います。

かばんさんたち、ありがとうね。

ぬいやすこ★定規活用術

数学嫌いな方は世にあまたおられますが、私たちの日々の生活は、数学(数字)抜きには成り立ちません、
さて、今回は長さ(厚さ)のお話です。

レターパックプラスは、いかなごの釘煮を送るのに便利ですね。宅急便扱いで手渡ししてもらえますし。

もっとお手軽に、相手先のポストに入れてもらえるのもありますね、
レターパックライト(厚さ3cmまで)やスマートレター((厚さ2cmまで)です。

さて、出先から息子夫婦にお土産を買うために、三角定規を持参しました。彼らの住むマンションのポストには、レターパックライトが入らないからです。

SAで目立たないように、定規でお菓子の箱の厚さを測ったところ、ほぼ全滅!

結局2c m以下でゲット出来たのは、これだけです。

画像


でも、実際に送ったのはハンカチとストラップでした!
測る面白さにはまった1日でした。

ぬいやすこ★お雛様

龍野に雛めぐりに行ってきました。
画像


画像


画像


地元の方々のお接待も受け、楽しいひとときを過ごすことができました。

さて、私はこの10年余りの間に、数々の雛めぐりをしてきました。
そう、次は我が家の出番です。

来年は友が丘唯一の雛めぐり会場としましょう!
そして、玄関横の階段に赤い布を敷きつめ、骨董のお雛様や手作りのお雛様、母の残した小物などをいっぱい並べましょう。

お客様はお隣さんなどごく近所の人、それに宅急便の人とか、コープの宅配便の人とか、新聞の集金の人とか。
勧誘の人はやめときますね(笑い🤣)

ぬいやすこ★イカナゴの釘煮 初体験

え~そうです。ぬいの人生初なんです。

息子たちの家の分は、例年のように夫が作りました。
そして、「家の分をチャレンジしてみたら」と強く勧められました。
さらに、イカナゴ以外の材料も準備されたとあっては、もう作るしかありません。

かくして、明石漁協組合長の「絶対失敗しないレシピ」で作りました。
「な~んだ、以外と簡単!!

大変だったのは、イカナゴを手に入れることだけでした。

それでも、友が丘周辺は、ゲットしやすい穴場かも知れません。
来年あたり、ゲット代行業をしてもいいですよ!
そっちの方が作る以上に、張り切ること間違いなしです。

画像


おまけです。卒業式に、O中の玄関に、小畑延子さんの書を飾りました。
画像

難病の日523作品展のご案内①

画像

まずこの展覧会の主催された「日本AS(エイエス)友の会」からの開催にあったてのメッセージです。


「難病の日」作品展の開催について

2014年5月23日に改正難病法「難病の患者に対する医療費に関する法律」が成立、JPA(日本難病・疾病団体連絡協議会)により5月23日が「難病の日」に制定されました。
誰にとっても他人事でなく、明日は自分自身や家族が、周りの友人がなるかもしれない難病。
ひとりでも多くの人にそのことを知ってもらい、みんなが共に生きやすい社会を実現するために「難病の日」によせて小さな作品展を開催することにしました。

テーマ「共に生きる」
今、病気の方も、明日病気になるかもしれない方も、どなたでもこのテーマをお知りになった方はご参加いただきたいと思っています。
みんなが共に生きやすい世の中を目指して、患者、そのご家族、友人、同僚、もし自分が、家族が・・・と想像を広げ、
「共に生きる」思いを作品に託していただければと思います。


作品展はいつするの?  
5月23日(木)~26日(日)です。

場所は?      
神戸市東灘区にある南天荘画廊です。

どんな作品をだせばいいの? 
①大きさは100×148㎜のハガキサイズ
②縦でも横でも大丈夫
③出品数はひとり2枚まで
平面なら
  絵でも写真でも絵手紙でも書(字)
  詩でも俳句でも川柳でも
  それらを合わせたものでも大丈夫
  糊付けなどはしっかりしておいてくださいね。
⑤作品を展示するときに必要なので
以下の項目を作品の裏に書いてください。
  1、タイトル
  2、名前・表示用にペンネーム可
  3、(患者の方は)病名、病名表示可か不可の指示
  ※個人情報は厳守いたします。
⑥いつまで?
  準備があるので5月10日(金)には出してくださいね。
  早くても大丈夫ですよ。
⑦送り先は?
  〒658-0054神戸市東灘区御影中町6-1-8  
     南天荘画廊 「AS友係まで

作品は官製はがきなどでなくてもサイズと厚みがあえばだいじょうぶ。
封筒に入れてお送りください。
展覧会は巡回を予定しているため作品は返却できません。
ご了承ください。

主催者について
私達は難病の患者会で「日本AS(エイエス)友の会」といい、この作品展を主催します。
「強直性脊椎炎 きょうちょくせいせきついえん」という体のあちこちが痛み、徐々に固まっていき柔軟性が失われるという難病で「リウマチ性疾患」のひとつと言われています。会員数もわずか400人弱の小さな患者会なので、会員同士の結びつきを、とても大切に交流し、情報を交換、お互いの支え合いで生きる力を得るように活動しています。

ASweb
http://www5b.biglobe.nejp/~asweb/ 
に詳しい情報があります。


このブログの発信は南天荘画廊 管理人@です。
この度はご縁あって展覧会を共に進めさせていただいています。
なにかと失礼があり、恐縮ですがよろしくお願いいたします。
いい展覧会になりますように!

先日、長野のほうから第一号の作品が到着しました!
嬉しかったです!皆さんのご参加お待ちしています。



  




ぬいやすこ★リメイク土産

箕面観光ホテルのスパパーガーデンの方で、ジーンズのリメイクのリュックを買い、家に帰ってから赤いラメをボンドでつけました。

友人に、「洗ったらぐちゃぐちゃになるよ」と言われたけど、大丈夫🙆♀ 洗わないから。
使ってみて分かったんだけど、布製って、柔らかくていい感じですね。
画像


次は箕面駅近くのお店で買った帯地のバッグです。
本体より自分でつけたリボンの方が高かったです。笑。
画像


ラストは、やはり帯地のコースターです。1個100円とあって、何も考えずに10個買いました。
で、先ほどヒラメキました。
マスの下に敷きマ~ス!
画像


画像

ぬいやすこ★旅のひとコマ

新婚の次男夫婦と双方の両親の⑹人で、箕面観光ホテルに行ってきました。「大江戸温泉物語♨」になったからでしょうか。

そこは、熱気ムンムンのパラダイスでした。
お嫁さんのご両親とも打ち解け、楽しく過ごすことができました。

夕食後は女3人で、大衆演劇の舞踊ショーを見に行きました。
踊りだけでなく、最後の座長のあいさつも、笑い転げるほど楽しめました。さすがプロです。

お見送りの時には、座長さん目当てに長蛇の列が!!
私とお嫁さんも、その列の一員になりました。

順番がやってきたちょうどその時次男が現れ、
「I美さんのお母さんが、下で待ってるよ」と言いました
その途端、私たちは我に返りました。

次男に写真を撮ってもらい、大急ぎで下に降り、お母さんに謝りました。
画像

これが、旅の一番の思い出です。

ぬいやすこ★中学生と青汁

先日、3年生の教室で、生徒たちが書いた絵馬を見ていた時のこと。

「今年も青汁を毎日飲む」と書いていた生徒に、早速インタビュー。
彼女は、「青汁を飲むと風邪をひかないので、バナナとりんご🍎を加えて、ジュースにして飲んでいます」と言った。

ぬいは、即安くて小さなミキサーを買った。軽いので扱いも楽。
以来毎日ジュースを作って飲んでいる。
画像


青汁の代わりに小松菜と牛乳で作ることも多いかな。もちろんバナナとりんごも入れて。

テレビの青汁のコマーシャルを、何百回見るよりも、中学生の一言の方が効く。

☆おまけ
このことをきっかけに、彼女は、授業中よく、ぬいに質問するようになった。
これも青汁効果かな⁉

植村和子草木染手織作品展

今週水曜日、植村和子草木染手織展が終了しました。
画像

画像


画像

優しい色合いに包まれて春の到来を待ちながらも雪のちらつく季節にまだウールのあたたかさが手元にほしい。そんな日々にぴったりの展覧会でした。
出にくいお身体でたずねてきてくださった年配のお客様たちが喜んで作品を持ってくださる姿にもありがたいことと思いました。
安価で手に入るものが沢山の時代に、草木で糸を染め、手織をして布の形になった作品の良さを感じていただけたことと感謝しています。
植村様、お越しいただいた皆様、いいねをいただいた皆様、ありがとうございました。

あれもいいなぁ、これも素敵だなぁ、そう感じながらの会場。
画廊はしばらく不定期での常設展ですが、植村和子草木染手織展をそのまま2月中開催予定です。

ぬいやすこ★オクトパス

高校入試が近づいてきました。
今年もオクトパスの出番です。

画像


このオクトパス9個は、ぬい作ではなく、ぬいが伝授してF中学校の先生が作られました。

今年の夏には支援員をしているO中の先生に呼びかけて希望される方に伝授したいと思っています。

いろんな学校で先生手作りのオクトパスが、生徒たちの合格を願って飾られると嬉しいです(*^-^*)

O中の受験応援バージョンです。
画像


画像


@健闘を祈ります!@

ぬいやすこ★毎日新聞とわたし

昨年1月に、毎日新聞の「女の気持ちをたずねて」のコーナーに、「おもしろいおばあちゃん先生」(多分)として紹介していただきました。

これは、その時学校に来られた編集部のSさんに、ぬいのスマホで撮っていただいた写真です(構図は新聞とほぼ同じ)。

画像


取材時に、Sさんも「太田魂」を書いてくださった書家小畑延子さんととても親しい間柄だと知り、一気に距離が縮まりました。またSさんのお人柄もあり、楽しすぎる取材となりました。

あれから1年。
先週、南天荘画廊で小畑さんの出版記念展があり、Sさんと再会することができました。
これはSさんを囲んで小畑さんと私の3ショット写真です。
題して、「両手に花」いや「イケメンと2人の女」かな。

画像


最後に、今回Sさんが書いてくださった小畑さんの記事を紹介します。

画像


@毎日放送でもご紹介いただきました。ありがとうございます。ご縁に感謝!

小畑延子著 「なくした『手』を探して」

「なくした『手』を探して」-ある書家の旅路 出版記念展
小畑延子の書と宇野マサシの油絵
画像


2019年1月20日(日)~26日(土)
11:00~18:00(最終日17:00)の日程で開催中。
連日、多くのお客様で感謝しております。

なかなかブログに向かう時間がとれずアップが遅くなりました。
きょうは23日、ちょうど中日となりました。
画像

新聞で取材していただいた内容が20日に掲載されました。
展覧会の内容をまとめていただいているのでご紹介させていただきます。

書家、小畑延子さんの旅は パートナーである宇野マサシさんの存在が大きく今があります。
今回は書と絵を「彩」というテーマでつないでいただいたような気がしています。

おかげさまで多くの反響をいただき、お電話でのお問い合わせにより、遠方からもかけつけてくださっています。
今週の7日間、お休みなしで最終日までですので、先生方もお疲れがでないか心配ですが、ご来廊くださる皆様に元気をいただきながら・・・

どうぞ、お二人の作品とお人柄にふれていただければと思います。
お求めいただいた本に延子先生の直筆で言葉をいれていただいています。
「出会いをつむいで」
きょうも、また、出会い、再会を楽しみに。

ぬいやすこ★お正月の飾り

あけましておめでとう🌅御座います。
今年最初のブログです。よろしくお願いします🤲


1月4日に、学校の玄関を飾りに行きました。
画像

画像

画像


★鏡もちは、年末の地域の餅つき大会のおすそ分けです。台にマスを使っています。

☆☆押絵の羽子板は、ぬいの母の手作りです。昨年も飾りましたが、好評です。

☆☆☆毎年教え子さんからもらっている干支の木彫り。
今年は、今までのものも合わせて、飾りました。来年も期待したいです。

今年もぬいブログよろしくお願いします。

【おまけ】
送リ返されてきた年賀状。しまった!宛先が、ぬいの自宅になっていました。

@あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします^_^@

2019明けましておめでとうございます

穏やかな新年が明けました。

雨も曇りもあってのことと思いながらも、一年の始まりは日の出を拝むことのできる朝でなによりです。

色々な出会い、再会でつながって こうして新しい年を迎えることができ、皆様に感謝の日々。
至らないところだらけですが、今年もよろしくお願い申し上げます。

展覧会は恒例の白の会をFirst Exhibitionとして開催。
1月10日(木)~15日(火)最終日は16時まで。
ご来廊お待ちしています。
画像