テーマ:小畑延子

5月 オンラインギャラリー 小畑延子書作品集より

小畑延子さんの書(Iさん所蔵) 先日ご紹介した小畑延子さんの書作品集に掲載されている言葉 所蔵されているIさんの文章も一部お借りすると… 『1993年1月。 ギャラリーミウラの小畑延子展を訪れ、躍動感溢れる書に度肝をぬかれました。そして、何ものかに突き動かされるような気持ちで、最終日に再訪しました。 この時、小畑さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小畑延子作品集「轍」より

作品集「轍」に掲載されたこの作品 小畑延子さんが日展などの公募展に出品されなくなり二年後、神戸・さんちかギャラリーで生まれて初めて個展された時の作品。 ここには画廊でつながったちょっとした物語がある。 この詩は新聞の投稿でみつけた小学一年生の少年の詩。 水彩絵の具で添えられた「月」の絵は延子さん。 当画廊で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小畑延子作品集 轍

昨年、当画廊で展覧会をしていただいた小畑延子さんの作品集「轍」が出版されました。 先日、我が家にも一冊届き、早速拝見しました。書作品だけでなく合間に文章が入り、また深いものになりました。ぜひ、手にとって見ていただければと思います。ほんの少しだけお手伝いさせていただきました。 さて、その作品集の出版記念の作品展が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小畑延子さんと・・・

先日、”耿の会”の展覧会のため、東京から戻られた小畑延子さんが画廊にきてくださいました。 お話を伺い、しばらくぶりの大作に挑まれたとのこと。拝見するのを楽しみに金曜日母とお尋ねしました。その作品が「獨」「楽」です。 ご主人の独楽の絵は画廊の常設として飾らせていただいていますが、延子さんの書も圧巻でした。これくらい大きな字を書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小畑延子さん・・・アリガトウ

7月初旬小畑延子さんの参加されているグループ「耿の会」展に 初日、母とふたりで訪ねました。 のびやかな作品を拝見しました。 そして少しユーモアを感じるのれんの作品。 こちらはご主人のお母様の反物に書かれたそうです。 一番上の段の写真がミウラギャラリーでされているその作品です。 ご自身の展覧会の合間をぬって小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more